赤ちゃんの英語教育はいつから始める?楽みながら学習する方法も紹介

赤ちゃんの英語教育はいつから始める?楽みながら学習する方法も紹介

これからのグローバル社会の中、ますます需要を増してくるのが英語です。英語習得はなるべく早いうちが良いとされていますが、赤ちゃんの英語教育はいつから始めるのがベストなのでしょうか。まだ日本語も話せないのに、英語教育をスタートさせてしまって良いのか気になりますよね。

今回は、赤ちゃんの英語教育はいつから始めるべきかを、楽しみながら学習する方法と一緒に紹介します。

赤ちゃんの英語教育はいつから始めるのがベスト?


一般的には赤ちゃんの英語教育は、生後2ヶ月~3ヶ月ごろから始めると良いといわれています。生まれたばかりの赤ちゃんは耳と目の発達が不十分です。しかし生後2ヶ月~3ヶ月ごろにかけて、少しずつはっきりと発達していきます。そのため、生後2ヶ月~3ヶ月ごろが、英語教育をスタートする絶好のタイミングなのです。

とはいっても本格的な英語のやりとりや学習は、まだまだできません。まずはCDやDVDで英語の歌を聞かせたり、ママやパパが英語の絵本を読みきかせたりするところから始めてみましょう。赤ちゃんだけでなく、ママやパパも一緒に楽しみながら始めることが大切です。

赤ちゃんのうちから英語教育をするメリット 

「まだまだ小さい赤ちゃんのうちから、英語教育は本当に必要なの?」と疑問に感じる人もいることでしょう。赤ちゃんのうちから英語教育をすることには、主に2つのメリットがあります。

赤ちゃんは音を聞き分ける能力が高い


まずは、赤ちゃんは音を聞き分ける能力が高いことです。生まれたばかりの赤ちゃんの脳は、まるで真っ白なキャンバスのよう。目で見たものや耳で聞いたものを、どんどん吸収していきます。

英語学習も同じです。耳から聞き取った英語の音をそのまま理解して、聞き取った音のまま発音できるようになりますよ。英語にはLやRをはじめとした、日本語にはない音がたくさんありますよね。

ある程度成長してからは習得が難しいとされている英語の音も、真っ白なキャンバスを持っている赤ちゃんなら自然に習得できるでしょう。

苦手意識を持つことなく、自然に英語を吸収できる


2つ目は苦手意識を持つことなく、自然に英語を吸収できることです。日本語を習得して、普段の会話を日本語で行えるような年代になってから英語学習を始めると、子どもによっては苦手意識を持ってしまいます。まったく新しい言語として学ぶことになり、習得のために頭を使う必要があるためですね。

でも赤ちゃんなら大丈夫。必要な言葉として、日本語と同じように自然に英語も吸収できるようになるでしょう。

赤ちゃんのうちから英語教育をする際の注意点


英語教育は赤ちゃんのころから始めるのがベストであることを述べてきました。しかしいくつかの注意点があります。

日本語と英語のバランスに注意する

日本語と英語のバランスに注意してください。日本語の習得がまだできていない段階で英語学習を始めると、違和感がある日本語となってしまう可能性があります。日本語と英語の区分けがつかず、脳が混乱するためです。そのため、日本語と英語を使うバランスを保つ必要があるのです。

たとえば英語の単語を教えるときは、同時に日本語の単語も教えるようにしましょう。

使う機会がないと、忘れてしまう可能性が高い

2つ目は英語を使う機会がないと、忘れてしまう可能性が高いことです。いくら吸収力の高い赤ちゃんのころから英語学習をスタートさせても、学んだものを実際に使わなければ忘れていってしまうでしょう。

日本語にも同じことがいえますね。たとえば日本語をまったく使わない海外に、長期間住んでいた日本人の日本語力が落ちるのと同じ現象です。忘れないように普段から英語を使う機会をあえて作ってあげましょう。

無理強いするのはNG

「英語を習得してもらいたい!」とママやパパが強く思っても、赤ちゃんに無理強いさせるのは止めましょう。英語学習で最も大切なことの1つが、楽しみながら続けることです。

無理強いをすると赤ちゃんにとって苦手意識が生まれて大きなストレスとなり、ママとパパにとっても嫌なものとなってしまいます。赤ちゃんのペースに合わせて、楽しみながら続けていきましょう。

楽しむことが大切!赤ちゃんに向いている5つの英語教育

最後に楽しみながらできる、赤ちゃんに向いている英語教育を5つ紹介します。

英語の歌を流す


1つ目は英語の歌を流すことです。赤ちゃん向けのCDや動画がたくさんあるので、ぜひ活用してみてください。特にネイティブスピーカーが歌っているものを選ぶと、正確な音声も習得できますよ。

英語の絵本を読みきかせる


英語の絵本を読みきかせるのも良いですね。ママやパパが絵本を読みきかせることで、お互いのコミュニケーションにもつながります。もし英語力に自信がない人は、音声で読み上げてくれる絵本を選ぶと良いでしょう。

英語の動画を見る


3つ目は英語の動画です。かわいいキャラクターが登場する動画がたくさんありますよ。英単語を学べるものもあるので、赤ちゃんの英語教育にもピッタリです。

英語の手遊びをする


日本語にも子ども向けの手遊びがあるように、英語にも存在します。赤ちゃん手を取って、英語で歌いながら手遊びにチャレンジしてみましょう。楽しみながら英語を学べます。

英語のおもちゃで遊ぶ


最後は英語のおもちゃで遊ぶことです。ボタンを押すと英語の歌やフレーズが流れるものや、タッチペンで指したものの会話が流れるものなど、バリエーション豊富なおもちゃが販売されています。

まとめ

赤ちゃんの英語教育は目や耳の機能が発達する、生後2ヶ月~3ヶ月ごろからスタートさせると良いでしょう。吸収力の高い赤ちゃんは、英語の音や単語をどんどん習得していきますよ。

ポイントは楽しみながら続けることです。無理強いをすると苦手意識を持ってしまうので、赤ちゃんのペースや様子に合わせて続けていってくださいね。