赤ちゃんの授乳を月齢別にチェック!授乳量と回数なども解説

赤ちゃんは、生まれるとすぐに母乳やミルクを飲み始めますが、どれくらいの量を何回あげたらよいのかなど、わからないことばかりです。赤ちゃんの成長に直結する授乳は多すぎても少なすぎても不安になりますが、どれくらいの量を与えればよいのでしょうか。

今回は、月齢別で赤ちゃんの授乳量や回数などを解説します。赤ちゃんの授乳に不安を覚えているママ必見です。

新生児の授乳量や回数・間隔

生まれてから28日までの赤ちゃんを新生児と呼びます。この頃の赤ちゃんは、あまり目が見えていないので、ママの顔などは認識できていませんが、音や光など少しのことでビックリして両手を上げるような新生児特有の可愛い仕草をします。では、この頃の授乳量や回数、間隔などはどれくらいなのでしょうか。

-母乳の場合
赤ちゃんが退院してから2週間ほどは、1日7回~8回、1回あたり80mlが目安です。2週間から1ヶ月までの授乳回数は1日6回程度に減りますが、量が100ml程度と少し増えます。生まれたばかりの赤ちゃんの胃は、とても小さいので一度にたくさんの量を飲むことができません。そのため、少量を何度もあげなくてはならないため、ママは少し大変です。

-ミルクの場合
粉ミルクをあげる場合は、粉ミルクのパッケージに書かれている回数や量を守るようにしましょう。しかし、赤ちゃんの成長には個人差があるため、たくさん飲む子もいれば少ししか飲めない子もいます。新生児の1ヶ月検診では、体重が1日約20g~40g増加していれば問題ないので、嫌がるときは無理に飲ませなくても大丈夫です。

また、混合で与えている場合は、母乳を先に飲ませて足りないようであれば、ミルクで補完するようにしましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの授乳量・回数・間隔

生後1ヶ月ほど経つと、赤ちゃんの表情も豊かになり、少しずつペースがつかめるようになってきています。そのため、「ちょっと楽になった」と感じるママも多いかもしれません。この頃の赤ちゃんは、1日30g程度体重が増えてくるのが標準的で、体型も脂肪がついてふっくらしてきます。

-母乳の場合
母乳の場合は、何回でも授乳して構いませんが、1時間~3時間程度の間隔で左右のおっぱいをそれぞれ5分~10分程度飲ませてあげるとよいでしょう。赤ちゃんによっては、1日10回~20回もおっぱいを飲む場合があります。

「母乳の量が少ないのでは」と思った場合でも、赤ちゃんが1日5回~6回以上のおしっこ、3回以上の排便、1日あたり18g~30g程度の体増加が見られれば母乳の量に問題はないとされています。

しかし、1回の授乳時間が30分以上かかる場合や飲み終わってからの昼寝時間が短い、ご機嫌が悪いなどのときは、母乳の量が少ないかもしれないので、保健師や医師に相談してみましょう。

-ミルクの場合
母乳ではなく、完全にミルクを与えている場合は、粉ミルクの缶に記載されている容量などを守るようにしましょう。1日6回120ml~160mlが目安になりますが、赤ちゃんによって個人差があるので、様子を見ながら与えることが大切です。

母乳とミルクを混合で与える場合は、先に母乳をあげて不足分をミルクで補うと考えるとよいでしょう。ミルクを与えるときは、3時間程度間隔をあけるようにしますが、母乳よりもカロリーが高いので与える量に注意が必要です。

生後2ヶ月の赤ちゃんの授乳量・回数・間隔

生後2ヶ月の赤ちゃんは、声を出して笑うようになり手足をバタバタさせたりします。また、口周辺の筋肉が発達して上手にミルクや母乳が飲めるようになることから授乳時間が短くなるのもこの時期からです。この頃の赤ちゃんは、1日30g、1ヶ月1kg前後のペースで成長していると問題ないとされています。

-母乳の場合
授乳回数は、1日7回~8回程度となりますが、母乳は消化がよいため1時間半~2時間程度で赤ちゃんは、胃の中が空になりお腹が空いてしまいます。

そのため、ミルクに比べて授乳回数が多く間隔が短くなることもありますが、だいたい昼間の授乳間隔は2時間~3時間おき、夜間は4時間~5時間おきで左右のおっぱいを10分ずつが目安とされています。

しかし、母乳は出る量が決まっていないので、授乳間隔が安定しない場合もありますが、あまり気にすることはないでしょう。1回の飲む量が増えるので、夜寝ているときは無理に起こして飲ませる必要はありません。

-ミルクの場合
赤ちゃんは、大きくなるに従いミルクを飲む量が増えてきますが、欲しがるからといってたくさんあげてしまうと栄養過多になります。赤ちゃんでも脂肪がつきすぎると腎臓や肝臓に負担をかけてしまうので、1日1000ml以下、もしくは、粉ミルクの缶に書かれている用量を守るようにしましょう。おおよそ1回120ml~160ml、1日6回~8回が目安です。

混合の場合は、母乳を飲ませた後にミルクとなりますが、量は赤ちゃんの様子を見ながら決めましょう。交互に母乳とミルクを与える、夜だけミルクにするなどの方法もありますが、3時間~4時間程度の間隔をあけるようにします。

また、この頃から完全母乳にしたい場合は、母乳の後に与えるミルクの量を少しずつ減らしていくようにしますが、赤ちゃんの体重、おしっこや排便の回数、量に注意することが大切です。

生後3ヶ月の赤ちゃんの授乳量・回数・間隔

この頃の赤ちゃんは、睡眠時間が延びて首すわりも始まるので、ママも少しまとめて睡眠時間が取れるようになり、心も体も楽になってきます。

また、以前よりも顎の筋肉が発達して一度に飲む量が増えると同時に、赤ちゃんの「お腹がいっぱい」と感じる満腹中枢もできあがります。そのため、授乳ペースが確立されていきます。「遊び飲み」が始まって飲みムラが出てくるのもこの時期です。

-母乳の場合
この頃の授乳回数は1日6回~8回程度で左右のおっぱいを10分ずつが目安となりますが、1度の授乳でいっぱい飲む子もいれば、少しずつ何度も欲しがる子もいます。また、気分によって飲まないなどの飲みムラから授乳間隔も開いていきますが、体重が増えてご機嫌がよければ、それほど心配する必要はありません。赤ちゃんのペースに任せるとよいでしょう。

-ミルクの場合
ミルクを飲んでいる赤ちゃんも、授乳間隔や量が落ち着いてきます。基本的に、赤ちゃんにとって必要な量は、ミルク缶のパッケージに書かれているとおりにすれば問題ありませんが、赤ちゃんによって個人差があることも理解しておきましょう。

しかし、栄養価の高いミルクを欲しがるだけ与えてしまうと体や内臓に負担がかかるようになるので、注意が必要です。また、3時間~4時間程度の授乳間隔になり、夜間は飲まずに寝ている赤ちゃんも増えてきます。

この時期に完全母乳をする場合は、2ヶ月の頃と同様に母乳の後にミルクを足して様子を見ますが、朝や午前中を母乳だけにして3時間もつようであれば、ミルクを与えなくても大丈夫です。

また、母乳が出にくい時間帯で足りないと感じるときは、ミルクを追加するなど臨機応変に対応してみましょう。完全母乳を試みて体重が増えなくなったときは、保健師や医師に相談することが大切です。

赤ちゃんの授乳量の目安

ママにとって気になる授乳量の目安はどれくらいでしょうか。もちろん赤ちゃんの成長には個人差があることやミルクが大好きな子、食が細い子などそれぞれの特徴があるので、一概には言えませんが、生後日数×10を1回の授乳量目安として覚えておくとよいでしょう。たとえば、生後20日の赤ちゃんであれば20×10で200ml程度です。

母乳の場合は、どれくらい飲んだのかわからなくなりますが、赤ちゃんの授乳前と後の体重を量ると飲んだ量がわかるので、目安にするとよいでしょう。

赤ちゃんへの授乳時はどんな姿勢がよい?

授乳中は、どのような姿勢がよいのでしょうか。授乳時には、赤ちゃんの体を安定させやすい横抱きが一般的ですが、首がすわれば縦抱きで授乳もできます。

また、赤ちゃんがおっぱいを飲むときの姿勢をコントロールしやすいフットボール抱きや寝ながら与える添い乳というスタイルもあります。

いつも同じ姿勢で授乳していると、飲み残しが発生し乳腺炎の原因になることも。クッションなども利用して姿勢を変えるようにすると楽に授乳ができます。

まとめ

ママにとって赤ちゃんへの授乳は、寝る時間もないくらい大変です。「今日はたくさん飲んでくれた」「今日はあまり飲まなかった」と一喜一憂してしまいますが、赤ちゃんの体格や個性で飲む量などが違うのも当然です。あまり考えこまずに数カ月しかない授乳期間を赤ちゃんと楽しむくらいの気持ちで過ごしてみてはいかがでしょうか。どうしても不安な場合は、保健師などに相談するとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE