赤ちゃんが生まれたら空気清浄機が必需品!空気清浄機を選ぶポイントとは

赤ちゃんが生まれたら空気清浄機が必需品!空気清浄機を選ぶポイントとは

私たちが暮らす生活空間には、目に見えない有害物質がたくさん隠れています。そのため、赤ちゃんの健康を守るために、空気清浄機の購入を検討しているママパパも多いのではないでしょうか?ですが、いざ空気清浄機を探そうとしても、何を基準に選べばいいのか難しいですよね。

そこで今回は、空気清浄機を選ぶポイントを詳しくご紹介します。

赤ちゃんに空気清浄機はなぜ必要?

赤ちゃんの体は小さいので、どうしても床との距離が近くなります。床は、ハウスダストやダニが多い場所。つまり、赤ちゃんはそれらを吸い込んでしまうリスクが高い環境で生活していることになります。しかし、ハウスダストやダニが原因で、喘息やアトピーなどのアレルギー疾患になることがありますので、できるだけ避けてあげたいですよね。そこで必要なのが空気清浄機です。

空気清浄機の多くは、ハウスダストやダニのほかにも、PM2.5や花粉、カビ、ウイルスなどを抑制してくれますし、さまざまな生活臭を抑制・除去する効果があります。赤ちゃんだけでなく、ママパパの健康を維持し、快適な空間を作ってくれるはずです。

空気清浄機を選ぶ7つのポイント

それでは、空気清浄機を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。空気清浄能力が高いほど、機能が多いほど価格も高くなりますので、どこにこだわりたいかを見つける参考にしてみてくださいね。

-適用床面積
空気清浄機の仕様には、必ず適用床面積が表示されています。これは文字どおり、その空気清浄機が適用できる床面積を表したもの。しかし実際には、適応床面積通りの空気清浄機を使っても、室内の空気がきれいになるまでに時間がかかってしまいます。言い替えれば、適応床面積が広い空気清浄機のほうが、短時間で空気をきれいにできるということです。そのため、常にきれいな空間を維持するためには、実際の部屋の広さよりも3倍程度の適応床面積のものを選ぶとよいでしょう。

ただし、適応床面積が大きくなれば、本体サイズも大きくなります。部屋に入った途端、空気清浄機ばかりが存在感を発揮してしまうこともありますので、部屋とのバランスも考慮してみてくださいね。

-吸引口の場所
空気清浄機は、本体に空気を吸引した後に、きれいな空気を出すものです。その吸引する部分が上部か下部か、あるいは背面かによってそれぞれ得意とするエリアがわかれます。まず上部に吸引口がある場合、低い位置の空気清浄が苦手です。また、吸引口が背面にある場合、正面側の空気清浄が苦手という傾向があります。

そこで赤ちゃんがいるご家庭におすすめなのが、前面の下部に吸引口があるタイプです。特に、ハウスダストは床付近にたまりやすいもの。正面からしっかり吸引することで、きれいな空間を維持してくれるでしょう。

-イオン機能の有無
イオンは、空気中のホコリや菌と結びつくことで、室内を清潔に保つ効果があります。このイオン機能が付いた空気清浄機は、脱臭・除菌・静電気除去の効果に優れているのが特徴。確実にホコリを減少させてくれますのでおすすめです。

-加湿機能の有無
空気清浄機と加湿器が一体になったものもあります。室内が乾燥すると、ウイルスの増殖や肌へのダメージなどがありますので、特に冬には必需品。別々に用意してもいいですが、設置スペースなどの点からも、一体型がおすすめですよ。

-チャイルドロック機能の有無
赤ちゃんは好奇心旺盛。何にでも興味を持ち、実際に手で触れようとしますよね。特に空気清浄機にはきれいなボタンがたくさんついているので、見つけたらターゲットになってしまうでしょう。そんなとき、ボタンの誤操作を防ぐのがチャイルドロック。赤ちゃんがいるご家庭で使うのであれば欠かせない機能です。

-運転音
基本的に、空気清浄機はずっとつけっぱなしにするものですので、赤ちゃんの睡眠を妨げないかも確認しておきましょう。また、赤ちゃんは気にしていなくても、ママパパが「音が気になって眠れない」なんてこともあるかもしれませんので、仕様書の運転音をチェックするようにしてくださいね。

-お手入れは簡単さ
空気清浄機選びでは、お手入れの手軽さやフィルター交換の頻度なども大切なポイントです。特に、きれいな空気を送り出すためにはフィルターがきれいでなければなりませんので、どれくらいの期間使えるものかチェックしておきましょう。その際、交換フィルターの価格も調べておいたほうが安心です。多くの場合、フィルターだけで数千円するので、交換時期に慌てないようにしてくださいね。

また、加湿機能が付いた空気清浄機の場合、水タンクを清潔にしておかないと部屋中にカビをまき散らすことになるので注意が必要です。お手入れしやすいタンクかどうかもチェックしておきましょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんに空気清浄機が必要な理由や、空気清浄機を選ぶポイントをご紹介しました。ハウスダストやダニに近い位置で生活する赤ちゃんの健康を守るためには、空気清浄機が欠かせません。また、ママパパの健康維持にも有効です。さまざまな機能や特徴を踏まえ、お部屋に合った空気清浄機を探してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加