乳首の黒ずみが気になる方必見!黒ずむ原因と改善・予防する方法

乳首の黒ずみが気になる方必見!黒ずむ原因と改善・予防する方法

「なんとなく乳首の色がトーンダウンした気がする」「乳首が黒くなって恥ずかしい…」など、人知れず乳首の黒ずみに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

乳首の黒ずみは、生活習慣を見直したり美容施術を受けたりすることで、予防・改善できる可能性があります。

そこで今回は、乳首の黒ずみの原因と、改善・予防方法についてご紹介しましょう。

乳首の黒ずみには「メラニン色素」が関係している

乳首の色には、肌の色と同じで、メラニン色素が関係しています。メラニン色素とは紫外線から肌を守るための色素です。人間一人ひとりが生まれつき遺伝として持つメラニン色素の量は異なります。そして、生まれつきのメラニン色素の量によって、人間の肌の色には違いが生じています。

この色の違いは乳首も同じです。よって、肌が黒い人は肌のメラニン色素が多いため乳首の色も黒に近いことが多く、肌が白い人はメラニン色素が少ないため、乳首の色は薄いピンク色に近いことが多いのです。アジア人である日本人ならば、茶色っぽい人が多いでしょう。また、乳首の色は、メラニン色素の影響で、自然と歳をとるにつれて濃くなっていく傾向にあります。

このように、肌の色や年齢によって乳首の色は変わるため、肌が黒く歳を重ねた方ほど乳首が黒ずんでいるように感じやすいといえるでしょう。

乳首の黒ずみが進行する原因は?

前章では、遺伝によるメラニン色素が乳首の色に関係し、それによって乳首が黒ずんでいるように感じるという先天的な原因についてご紹介しました。

しかし、乳首の黒ずみは後天的な原因により、発生・進行する場合があります。主な原因を挙げてみましょう。

下着や衣服による摩擦、刺激

乳首の黒ずみが進行する原因のひとつとして、下着や衣服による摩擦や刺激があります。刺激を受けた肌は、肌を守るためにメラニン色素を増やしてしまう性質があるためです。下着をつけなかったりサイズの合わない下着をつけていたりすると、摩擦による刺激が起こりやすいので注意しましょう。

また、痒みを感じた時に掻いてしまうことも、肌には大きな刺激です。黒ずみの原因となってしまうので気をつけてください。

ターンオーバーの乱れ

人間の肌はターンオーバーを繰り返し、絶えず生まれ変わっています。メラニン色素が生まれた皮膚もターンオーバーし、やがてメラニン色素は排出され、新たな皮膚が生まれていきます。

しかし、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素がうまく排出されずに肌にとどまり、黒ずみとして沈着してしまうことに…。これが乳首にも起こり得ます。

また、肌のターンオーバーの乱れには、ストレスや寝不足、運動不足、食生活、飲酒・喫煙などといった生活習慣が大きく関わっています。

妊娠による女性ホルモン増加

妊娠によっても、乳首の黒ずみが進行することがあります。妊娠すると、女性の体には妊娠ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンが分泌されます。エストロゲンは妊娠に適した体を作る女性ホルモンですが、メラニン色素の生成を促進する働きも持ちます。そのため、妊娠すると乳首にもメラニン色素による色素沈着が起こりやすくなるのです。

授乳による刺激

乳首の黒ずみは、妊娠・出産を経て、赤ちゃんへ行う授乳によっても起こる可能性があります。赤ちゃんが母乳を飲むために乳首を吸うことが刺激となり、色素沈着を起こしてしまうためです。

乳首の黒ずみを改善・予防する方法

ここからは、乳首の黒ずみを改善・予防するための方法をご紹介しましょう。

刺激になりにくい下着をつける

乳首の黒ずみを防止するためには、刺激になりにくい下着をつけることが大切です。きちんとサイズの合った下着を選び、素材にもこだわってみましょう。素材は化学繊維ではなく、綿やシルクなどの天然素材が肌に優しくおすすめです。

また、ニップレスを使用するのもひとつの方法です。ニップレスをつけておけば、下着や衣服による直接の刺激を防止できます。ただし、ニップレスによる肌の蒸れや荒れには気をつけましょう。

入浴時の洗い方に注意する

黒ずみが気になるからといって、入浴時に乳首を強く洗いすぎてはいけません。黒ずみの原因は汚れではないからです。強く洗いすぎると、刺激や摩擦によって色素沈着がさらにひどくなってしまう可能性があります。乳首はデリケートな部分なので、優しく刺激を与えずに洗うようにしましょう。

また、ボディソープの種類にも注意が必要です。肌に合わないボディソープは乾燥や痒みを引き起こし、掻いてしまうことで黒ずみを進行させてしまうことがあるためです。デリケートな乳首を洗うなら、弱酸性の肌に優しいボディソープを使用するといいでしょう。

生活習慣を見直す

先述のとおり、肌のターンオーバーの乱れは乳首の黒ずみの原因になります。そして、ターンオーバーの乱れは、ストレスや食生活などといった生活習慣の乱れによって引き起こされます。よって、黒ずみの改善・予防のためには、生活習慣も見直しましょう。

具体的には、以下のようなことが挙げられます。

・適度な運動
・十分な睡眠
・無理なダイエットを控える
・飲酒・喫煙はほどほどに
・ストレスや疲労をためない
・冷え性・便秘の改善

生活習慣が改善されれば、肌のターンオーバーのリズムが整い、メラニン色素の排出も期待できます。

バスト(乳首)ケア用品を使ってみる

乳首の黒ずみ改善のためには、専用のケア用品を使用するのも効果的です。スキンケア用品を扱う店舗やネットショップでは、クリームやソープなど、専用のケア用品が市販されています。ケア用品の効果には個人差があるため、必ず効果があるとは断定できませんが、使ってみるのもひとつでしょう。購入する時には、実際に使用した人のレビューを参考にするといいですね。

皮膚科、美容外科を受診する

どうしても黒ずみが気になるのであれば、皮膚科や美容外科の受診も選択肢に入れましょう。皮膚科や美容外科では、ハイドロキノン軟膏の塗布やピーリング剤を使った治療、レーザー治療など、乳首の状態に合った治療を受けられます。治療はもちろん、医師にアドバイスをもらえることも、悩みの改善につながるかもしれません。

ただし、治療によってはかなりの費用がかかる場合もあるため、受診や治療の実行についてはよく検討しましょう。

まとめ

乳首の黒ずみについて、原因や改善・予防法をご紹介しました。

黒ずみを改善・予防するには、毎日の生活の中でのケアが大切です。そのためには、毎日使うボディソープにもこだわりたいものです。

肌に優しく黒ずみを起こしにくいボディソープなら、ファムズベビーシリーズのエンジェルソープがおすすめ。エンジェルソープは汚れをしっかりと落としながら潤いを逃さない弱酸性ボディソープです。赤ちゃんにも使えるマイルドさなので、黒ずみ対策にもおすすめです。乳首の黒ずみが気になる方は、一度使用してみてくださいね。