赤ちゃんの衣類に柔軟剤は必要?メリット・デメリットや選び方について

赤ちゃんの衣類に柔軟剤は必要?メリット・デメリットや選び方について

柔軟剤を使うと、衣類の肌触りがよくなりますし、好みの香りを楽しめます。ですが、赤ちゃんの衣類に柔軟剤を使ってもいいものか気になりませんか?

そこで今回は、赤ちゃんの衣類にも柔軟剤が必要なのか、メリットやデメリットについてお伝えします。また、柔軟剤の選び方についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの衣類に柔軟剤は必要?

赤ちゃんの肌は、バリア機能が未熟であるという特徴があります。バリア機能とは、皮膚からの水分の蒸発を防ぐ機能と、皮膚からの細菌や化学物質などの侵入を防ぐ機能のこと。この機能が未熟なので、ちょっとした刺激が原因で肌トラブルに発展することが多いのです。ゴワゴワした衣類に触れることもその一つですし、肌の乾燥、汗やおしっこによる蒸れなども刺激となります。

つまり、柔軟剤を使用することで衣類の肌触りがよくなり、肌への負担を軽減させられるため、赤ちゃんの衣類にも使ったほうがいいというのが結論です。また、吸水性を高める効果が高い柔軟剤もあり、汗っかきな赤ちゃんの肌トラブル予防につながる効果もあります。

柔軟剤を使うメリット・デメリット

では、赤ちゃんの衣類に柔軟剤を使うメリットとデメリットを見ていきましょう。

-柔軟剤を使うメリット
柔軟剤を使うと、肌触りがよくなり肌への負担が軽減されること以外にも、静電気を防いでくれるメリットがあります。柔軟剤によって、衣類の表面が滑らかになるので摩擦が起こりにくくなるだけでなく、繊維の表面に電気を逃がす層を作る効果もあるため、静電気を防止できるわけです。

実は、ホコリは静電気のある場所に集まる特徴があります。いくら掃除をしても室内にホコリが溜まってしまうのは、静電気が原因です。これは衣類にも言えることで、静電気を帯びた衣類にはホコリがつきやすくなります。ホコリがついた衣類を身に着けていれば、自然とホコリを吸い込んでしまうことになりますので、赤ちゃんの健康維持のためにも大きなメリットだと言えるでしょう。

-柔軟剤を使うデメリット
柔軟剤を使うデメリットは、赤ちゃんの肌に負担を与える成分が含まれている可能性があることです。個人差はありますが、アレルギー反応を起こすこともあります。また、より柔らかい肌触りを求めるばかりに使用量を増やしてしまうと、吸水力が落ちてしまうこともデメリットだと言えるでしょう。


柔軟剤の選び方は?

大人用の柔軟剤の場合、好みの香りで選ぶ方も多いかと思いますが、赤ちゃんの衣類に使う柔軟剤を選ぶ際にはいくつかポイントがあります。基本的には「赤ちゃん用」と表示されたものを選べばよいのですが、成分表示を確認したほうがより安心ですよね。

では、注意していただきたい成分について見ていきましょう。

-合成界面活性剤に注意
一般的に販売されている柔軟剤には、合成界面活性剤が多く使用されています。界面活性剤とは、繊維の表面を滑らかにして摩擦を抑えたり、静電気を防いだりする成分ですが、人工的に作られた「合成界面活性剤」と、天然由来の「天然界面活性剤」の2つがあります。

そのうちの合成界面活性剤が衣類に残っている状態では、着用している間に体内に取り込まれてしまうこともあり、皮膚のバリア機能の低下を引き起こすことも…。そのため、できるだけ天然由来の界面活性剤が使用されているものを選ぶようにしましょう。手に入らない場合でも、合成界面活性剤の配合がより少ないものを選ぶようにしてくださいね。

-合成香料に注意
柔軟剤の魅力でもあるのが、豊富な香り。しかし、香りの強い柔軟剤ほど、合成香料が使用されています。合成香料には化学物質が入っているものが多いので、赤ちゃんの肌への刺激になることもあります。

また、自分では気に入っている香りでも、周囲に不快な思いを与えていることもあります。これがスメルハラスメント、いわゆるスメハラです。柔軟剤によるスメハラは「香害」とも呼ばれ、大人でも頭痛や吐き気の原因になってしまうほどです。強すぎる香りは、赤ちゃんの嗅覚を鈍らせることもあると言われていますので、柔軟剤を選ぶ際には、できるだけ香りが少ないものや天然の香料を使っているものにしましょう。

-「アレルギーテスト済み」だけで安心しない
たとえアレルギーテスト済みであっても、すべての赤ちゃんに安心して使えるとは限りません。また、肌の状態は個々に違いますし、体調などによる影響も受けますので、最初のうちは様子を見ながら使っていきましょう。そのため、いきなりのまとめ買いはおすすめできません。これ!という柔軟剤が見つかるまでは、いくつか試してみてもいいですね。なお、もし異変を感じたらすぐに使用を止めるようにしてください。

まとめ

今回は、赤ちゃんの衣類にも柔軟剤が必要なのか、メリットやデメリットに加え、柔軟剤の選び方についてお伝えしました。赤ちゃんのデリケートな肌を守るためには柔軟剤の使用がおすすめですが、大人と同じ基準で選ぶと、逆に肌への刺激になってしまうことがあります。赤ちゃん用と明記されているもの、合成界面活性剤や合成香料を使用していないものなどを基準に選ぶようにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加