ワセリンとは?赤ちゃんに使うタイミングや選び方をご紹介

ワセリンとは?赤ちゃんに使うタイミングや選び方をご紹介

赤ちゃんが使う保湿剤にはさまざまなタイプのものがあり、その1つがワセリンです。ただし、正確には直接的に肌を保湿するものではなく、肌を保護するものです。そこで今回は、ワセリンとは何か、赤ちゃんにワセリンを使うタイミングや選び方についてお伝えします。

ワセリンとは?

ワセリンは、保湿を手助けするアイテムの1つで、とくに肌からの水分蒸発を抑える保護機能が高いことが特徴です。刺激が少なく安全に使用できることから、塗り薬のベースとして使われ、ステロイドなどの有効成分と混ぜて処方されることもあります。ワセリンの成分そのものに保湿効果はありませんが、肌の表面をコーティングすることで、衣服などの摩擦による刺激やホコリなどから守ってくれるため、保湿を手助けするアイテムの1つとして使用されているのです。

また、ワセリンは石油から精製された保湿剤で、精製の純度によって色が異なるのも特徴です。純度が高いほど白色になることから「白色ワセリン」と呼ばれ、逆に純度が低いものは黄色に近付きます。さらに、より肌への刺激を極力抑え、保存料などを使わずに製造されているのがベビーワセリンで、赤ちゃんにも安心して使えます。

赤ちゃんの肌は保湿しても水分を維持しにくい

赤ちゃんの肌は、皮膚がとても薄いうえにバリア機能が未熟。そして、ちょっとしたことで皮膚トラブルを起こすほどデリケートです。そんな状態の肌を守るため大切なのが「保湿」。乾燥すると、ますます肌トラブルのリスクが高くなりますので、季節を問わず保湿してあげる必要があります。

しかし、いくら保湿しても、肌の水分を長時間保っているのは難しいこと。そこで、ローションなどで補った水分を蒸発させないために、ワセリンで保護するという使い方があります。赤ちゃんの肌質や用途などに合わせ、上手に併用したり使い分けたりしてくださいね。

赤ちゃんの肌を保護するべきタイミングとは?

では、毎日のスキンケア以外ではどんなときに肌を保護したほうがいいのか、具体的なタイミングをご紹介していきましょう。

-オムツかぶれ
オムツかぶれは、おしっこやウンチによる刺激でお尻がかぶれてしまうという症状ですので、お尻が汚れる前にワセリンで保護しておくというのも効果的な方法です。予防としてだけでなく、すでに少しお尻が赤いかな?と気付いたら、ぜひワセリンで保護してあげてくださいね。もちろん、お尻が汚れた状態ができるだけ短くなるように、こまめなオムツ替えも欠かせません。

-よだれかぶれ
よだれかぶれは、ミルクや離乳食など、よだれ以外の原因がありますが、いずれの場合もしっかり口の周りを保護してあげることが大切です。食事の前後など、こまめにワセリンを塗って悪化を防いであげてくださいね。

-脂漏性湿疹
脂漏性湿疹とは乳児湿疹の1つで、おでこや頬、耳の周り、頭などの顔周辺に赤いプツプツや黄色いかさぶたなどができるのが特徴です。原因は、ママのおなかにいたときのホルモンの影響。生後1週間~1ヶ月に発症することが多いのですが、このときのかさぶたを取る際にもワセリンがおすすめです。かさぶたを無理に剥がすと悪化することもありますので、まずは入浴前にワセリンを塗ってふやかし、洗い流すことで自然に取れるようにするというもの。これは皮膚を保護するという使い方とは少し異なりますが、ぜひ試してみてくださいね。

赤ちゃんに使用するワセリンの選び方

それでは、ワセリンの選び方について見ていきましょう。

-純度をチェック
純度が高いワセリンほど白色に近く、ベビーワセリンはさらに肌への刺激を抑えているため安心して使えるとお伝えしましたが、基本的には白色ワセリンであれば赤ちゃんに使用しても問題ありません。ただし、とくに肌が弱い赤ちゃんやアレルギーが気になる赤ちゃんは、ベビーワセリンを使ってくださいね。ほかにも、医療用として認められているプロペトなどもありますので、赤ちゃんの肌に合った純度のワセリンを使うようにしましょう。

-成分もチェック
製品によっては、合成香料や着色料、パラフィンなどの添加剤が含まれているものがあります。これらの添加剤が肌トラブルの原因になることもありますので、成分もチェックしておきましょう。

-容量や容器
はじめてワセリンを購入するような場合、まずは少なめの容量のもので試してみてください。少なめのものは価格が高いかもしれませんが、赤ちゃんの肌に合わずに使えなかったときのことを考えれば、まずはお試しするほうが得策です。大きめのものを購入するのは、続けたいと思えるワセリンが見つかってからにしましょう。ただし、量が多すぎても使い切る前にワセリンが酸化してしまうことも考えられますので、どのくらいのペースで使うのかを考えながら選ぶようにしてくださいね。

また、ワセリンの容器には、チューブやボトルなどがあります。ボトルタイプは容量も多く、価格的に考えてもお得なことが多いのですが、直接指を入れて取ると雑菌が紛れ込むリスクもあります。毎回スパチュラなどを使うのが面倒だと感じるのであれば、チューブタイプを選ぶなど、使いやすさも考慮して検討してみてください。

まとめ

今回は、ワセリンとは何か、赤ちゃんにワセリンを使うタイミングや選び方についてお伝えしました。ワセリンは肌を保護するもので、肌を保湿するものではありませんが、オムツかぶれやよだれかぶれなどの肌トラブルから守ってくれるアイテムです。予防として塗るだけでなく、初期のかぶれ状態に塗ることで悪化を防ぐ効果も期待できます。選び方のポイントを参考に、ぜひ赤ちゃんに合ったワセリンを探してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加