赤ちゃんが使うボディクリームの選び方とは?正しい塗り方や注意点について

赤ちゃんが使うボディクリームの選び方とは?正しい塗り方や注意点について

赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、バリア機能が未熟なのでとてもデリケート。そんな赤ちゃんの肌を守るには保湿が欠かせません。保湿剤にはさまざまなタイプのものがあり、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、赤ちゃんが使うボディクリームの選び方や塗り方についてお伝えします。

赤ちゃんの肌に保湿が欠かせない理由

生まれて間もない赤ちゃんの肌は、ママのおなかにいたときにもらったホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んな状態です。しかし、生後3ヶ月を過ぎるころには劇的に肌の乾燥が進んできます。さらに、ちょうどこの時期はアミノ酸やセラミドなども少ないので、肌の水分を維持しにくくバリア機能も低下…。このような状態では、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしやすいため、保湿することで肌を守ってあげなければなりません。

-アトピー性皮膚炎の予防にもつながる
赤ちゃん肌を保湿することで、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割ほど抑えられるという研究結果もあります。アトピー性皮膚炎は、悪化すると日常生活にも支障をきたすことがありますので、できるだけ予防してあげたいですよね。毎日のケアは大変かもしれませんが、赤ちゃんと直接触れ合う機会を増やすこともできますので、頑張って続けてあげましょう。

赤ちゃんが使うボディクリームの選び方

それでは、赤ちゃんが使うボディクリームの選び方について見ていきましょう。

-肌質に合ったものを選ぶ
何よりも優先していただきたいのは、ボディクリームが赤ちゃんの肌に合っているかという点です。購入する際には、赤ちゃんの肌にも使えるかどうかを確認し、最初は少なめの容量のものを選んで試してみてください。小さめのものは価格が高いかもしれませんが、赤ちゃんの肌に合わなければ使えませんので、いきなり大きめサイズを購入するのはおすすめできません。

また、アレルギーが気になるような場合には、小児科や皮膚科の医師に相談してみてください。避けるべき成分やおすすめのボディクリームを教えてくれるはずです。

-シチュエーションに合ったものを選ぶ
ボディクリームを塗るタイミングは、自宅にいるときだけとは限りませんよね。そこで、自宅用にはポンプタイプ、外出用はチューブタイプなど使い分けるとよいでしょう。別々に買うのはちょっと…という場合、容器だけ購入して詰め替えてもいいですね。

また、ボディクリームには、さっぱりしたタイプのものや濃厚なタイプのものなどがあります。赤ちゃんの肌の状態や季節に合わせて使い分けるのもよいでしょう。

ボディクリームの正しい塗り方

では、ボディクリームの正しい塗り方を見ていきましょう。

-まずは肌を清潔にする
汚れた肌にボディクリームを塗っても、本来の効果は期待できませんので、まずは肌を清潔にしてあげましょう。拭き取るだけでもいいですが、汗や汚れが気になるようであれば軽くシャワーで流してあげてください。その際、石鹸などを使う必要はありませんので、手でやさしく洗ってあげましょう。本来肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいますので、石鹸で洗うのは入浴時だけで十分です。

-やさしく丁寧に塗る
赤ちゃんにボディクリームを塗る際は、「やさしく」「丁寧に」「まんべんなく」がキーワードです。

まずは適量のボディクリームを手に取り、顔から塗っていきます。おでこやほっぺ、あごなどに点々と少しずつボディクリームをのせたら、手の平や指の腹を使ってのばしていきましょう。とくに口の周りは、ミルクやよだれ、離乳食などが付くので、拭き取ることが多い箇所。丁寧に塗るのはもちろん、拭き取った後にもボディクリームを塗ってあげてください。

顔に塗り終わったら、体に塗っていきます。脇や首回り、膝の後ろや手足のしわの部分など、塗り忘れがないようにしっかり塗り広げてくださいね。

赤ちゃんにボディクリームを使う際の注意点

最後に、赤ちゃんにボディクリームを使う際の注意点を確認していきましょう。

-事前にテストする
初めてのボディクリームを使う際には、いきなり全身に塗ってしまうのはNG。いくら「低刺激」「ベビー用」であっても、すべての赤ちゃんの肌に合うとは限りません。腕の内側などに少量塗って、赤みや湿疹が出ないことを確認してから使うようにしてください。

-異変に気づいたら使用を中止する
赤ちゃんにあせもができているような場合、肌を清潔にしてしっかり保湿することが改善への近道ですので、基本的にはボディクリームを続けて使用しても大丈夫です。ただし、皮膚トラブルを起こしているときの肌はいつも以上に敏感。普段使っているボディクリームでも、肌に刺激を与えてしまうことがあります。おかしいなと感じたらすぐに使用を中止し、症状が悪化するようであれば皮膚科や小児科を受診するようにしましょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんが使うボディクリームの選び方や塗り方についてお伝えしました。3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌が減るため、赤ちゃんの肌は乾燥しがちで、皮膚トラブルも起こりやすくなります。入浴後はもちろん、口元や体を拭いた後などにも保湿を心がけ、赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加