赤ちゃんの声が枯れるのはなぜ?原因や改善方法をくわしく解説

赤ちゃんの声が枯れるのはなぜ?原因や改善方法をくわしく解説

赤ちゃんの身体は非常にデリケートであるため、些細な体調の変化であっても、大事に感じてしまう方も多いことでしょう。赤ちゃんは言葉を話すことができないため、泣くことによって意思を伝えようとしますが、そのときの声が普段と違って聞こえることがあるかもしれません。

そこで今回は、赤ちゃんの声が枯れることに着目し、原因や改善方法をくわしく解説します。

赤ちゃんも声が枯れることがある!原因は?

大人であれば、長時間にわたって大声を出し続けたりすると、声が枯れてしまう場合がありますが、赤ちゃんも同様に声が枯れてしまうことがあります。赤ちゃんの泣き声が、普段と異なる場合には、声が枯れていることが考えられ、赤ちゃんの声が枯れる原因には、泣き過ぎや体調不良が考えられます。

どちらも一過性のものであるため、それほど大きな心配をする必要はありませんが、声が枯れている状態が何日も続くようであれば、お医者さんを受診しましょう。

-泣き過ぎ
赤ちゃんは、泣くことによって何かを伝えようとしますが、泣き過ぎによって自らの声を枯らしてしまうことがあります。長時間にわたって大声で泣いた後などに声を枯らしてしまうことが多く、その状態で泣くことによってさらに声が枯れてしまいます。普段と異なる声で泣く赤ちゃんに驚くことがあるかもしれませんが、安静にしていれば治まるものであるため、大きな心配の必要はありません。

赤ちゃんの声が枯れてしまっている場合には、それ以上枯れさせないために、できる限り泣かないように面倒を見てあげて、喉を安静にしてあげることが大切です。

-風邪
大人であっても風邪を引くことによって声が枯れることがあるように、赤ちゃんも体調不良によって声が枯れてしまうことがあります。

発熱や鼻水などの風邪の症状はなくても、咳によって喉が炎症を起こし、声が枯れてしまう場合もあります。大声で泣いていた様子がないのに赤ちゃんの声が枯れている場合には、体調不良が原因の1つに考えられます。

赤ちゃんは非常にデリケートであることから、赤ちゃんの体調をしっかりと管理し、健康をサポートしてあげましょう。

赤ちゃんの声が枯れたときの改善方法

大声で泣く、もしくは体調不良によって赤ちゃんの声が枯れてしまったときには、枯れを治める改善方法をとってあげることがおすすめです。改善方法をとることによって、赤ちゃんの声の枯れを少しでも早く治してあげられます。

大きな問題に発展することが少ない声の枯れですが、赤ちゃんにとっても親にとっても気になることではあるため、早く治してあげる手助けをしてあげましょう。

-部屋の湿度を高く保ち乾燥対策を行う
部屋の湿度を高く保つことは、乾燥対策に有効であることから、喉に与える影響もよいものがあります。大人と同様に、赤ちゃんにとっても空気の乾燥は喉に悪影響を及ぼします。

とくに冬場での暖房の使用は、さらに空気の乾燥を引き起こしてしまうため、乾燥対策は必須です。赤ちゃんのためにも、加湿器などを利用し、空気に乾燥を防ぐことが重要です。

空気の乾燥を防ぐことによって、声が枯れる原因である、喉の乾燥から来る咳や細菌の侵入を予防できます。

-赤ちゃんの体調管理を徹底する
体調不良は、咳を原因とする声の枯れにつながることがあります。赤ちゃんの体調管理を徹底し、健康を維持させてあげることが大切です。

体調管理には、部屋の温度や湿度、食事や睡眠などがあり、どれも健康的な生活を送る上でおろそかにできません。赤ちゃんの肌は大人よりも薄いため、体感温度に違いがあります。睡眠時間も一般的な大人の睡眠時間よりも長い傾向にあります。

このように、赤ちゃんと大人では、健康維持のための基準も異なるため、赤ちゃんの立場に立った体調管理を行うことが重要です。

それでも声の枯れが治らない場合は病院を受診

赤ちゃんの声の枯れは、一過性のものがほとんどであり、安静にしていれば大きなトラブルになることはほとんどありません。しかし、何日にもわたって声の枯れが続く場合や、喉が腫れている場合など異常が見られる場合には病院で診察を受けることをおすすめします。

医師の判断を仰いだ上で、赤ちゃんにとって最善の方法をとってあげましょう。大切な赤ちゃんの身体であることから、一人で抱え込まず、不安なことは専門医に相談してみることも、1つの手段です。

まとめ

赤ちゃんも大人と同様に声が枯れることがあります。声が枯れる原因には、泣き過ぎや体調不良が考えられますが、安静にしていればいつの間にか治っていることがほとんどです。

声の枯れには、乾燥対策や体調管理の徹底が有効であることから、赤ちゃん健康のために気をつかってあげることも大切です。何日も声の枯れが治まらない場合や、喉に腫れが見られる場合には、専門医に相談してみてもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加