乾燥が原因でニキビができる!?改善・予防する5つの方法とは

乾燥が原因でニキビができる!?改善・予防する5つの方法とは

「特に不健康な生活を送っているわけではないのに、突然ニキビができてしまう」といったお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。ニキビはストレスや栄養不足のほか、乾燥でも発生します。そこで今回は、ニキビのメカニズムや乾燥ニキビの原因、改善・予防方法について解説していきますので、お肌のことでお困りの方はぜひ参考にしてください。

そもそも、ニキビができるのはどうして?


思春期ニキビや大人ニキビなど、ニキビができる原因は多岐にわたりますが、基本的なメカニズムは以下の流れです。

①角質によって毛穴が塞がれる
②行き場を失った皮脂がたまる
③ニキビ菌が増殖する

まず角質という毛穴の汚れにより、毛穴が塞がれます。すると、本来は汗や洗顔などで洗い流される不要な皮脂が毛穴にたまることになり、汚れが行き場をなくします。汚れが長期間留まることで、ニキビ菌が増殖することになるのです。

上記の流れは、思春期ニキビの場合は皮脂の過剰分泌で起こることが多いのですが、大人ニキビの場合はターンオーバーの乱れで生じる場合が多いです。いずれにしても、こまめに角質を取り除き、適切なスキンケアを行うことが必要だといえます。

乾燥がニキビの原因になってしまう理由


主に角質の詰まりが原因でできるニキビですが、その角質の詰まりは乾燥が原因で起こることもあります。「乾燥しているのにニキビができるの?」と疑問をお持ちの方も多いのですが、これには確かなメカニズムがあります。乾燥がニキビの原因となる理由は以下の3つです。

①皮脂の過剰分泌につながる
②ターンオーバーの乱れにつながる
③バリア機能が低下する

それぞれ詳しく解説します。

➀皮脂の過剰分泌につながる

皮脂が毛穴に詰まる原因として、皮脂の過剰分泌が挙げられます。乾燥により、肌に十分な水分が行きわたらないことが主な原因です。

肌は水分が不足すると皮脂を出して、水分不足を補うという性質を持っています。しかし乾燥肌は日常的に水分が不足しているため、この機能が過剰に働いてしまいます。たくさん出てしまった皮脂が毛穴を詰まらせてしまい、ニキビを発生させてしまうのです。

②ターンオーバーの乱れにつながる

2つ目の理由として、ターンオーバーの乱れにつながることが挙げられます。ターンオーバーとは肌の細胞が生まれ変わる代謝の仕組みのことですが、肌が乾燥するとこの仕組みが乱れてしまうのです。

ターンオーバーが乱れると古い角質が外に排出されにくくなるため、角質層が重なります。結果的に毛穴が狭まり、皮脂の分泌が適量であっても排出されにくくなるため、ニキビが発生するのです。

③バリア機能が低下する

生活習慣の乱れやストレス、周期によるホルモンバランスの乱れによるバリア機能の低下も理由の1つに挙げられます。バリア機能が低下するということは、肌を正常に維持する機能が低くなるということで、これにより乾燥が起きやすくなります。バリア機能の低下はニキビ以外にも、アトピー性皮膚炎などのさまざまな肌トラブルの原因となるため注意が必要です。

乾燥によるニキビを改善・予防する5つの方法

乾燥によるニキビを改善する方法はないのでしょうか。主に以下のような改善策・予防策が考えられます。

・洗顔時は顔をこすらないように注意する
・保湿ケアを徹底する
・紫外線対策を行う
・食生活を見直す
・睡眠をしっかり取る

それぞれ詳しく解説します。

洗顔時は顔をこすらないように注意する


まず重要なのが洗顔時に顔をこすらないこと。洗顔の際に顔をこすると、お肌に必要な脂や水分を奪ってしまい、乾燥の原因となります。なるべく優しく、マッサージするように洗ってあげることが大切です。

保湿ケアを徹底する


洗顔をし終わったら保湿ケアもしましょう。洗顔後のお肌は水分量が不足し、非常に乾燥しやすい状態です。そのままにしておくと、どんどん水分が奪われて乾燥しやすくなるため、なるべく早めにケアするようにしましょう。

ファムズベビーシリーズのエンジェルモイスチャー・エンジェルフォームは、赤ちゃん用に作られたお肌に優しいスキンケア用品です。こちらには乾燥肌の人も安心して使える成分が含まれています。

紫外線対策を行う


紫外線はお肌のバリア機能を低下させたり、潤いを奪ったりと、乾燥の大きな原因となります。日差しの強い夏場だけではなく、日常的に日焼け止めクリームや日傘などで対策するようにしましょう。

ファムズベビーシリーズのエンジェルUVは、添加物が使用されていない安心素材の日焼け止めクリームです。そのため、お肌が弱い方でも安心してご利用いただけます。
エンジェルUVのURLがあってもいいと思います。

食生活を見直す


内面から体調を整える意味でも食事は重要です。身体を作るタンパク質やビタミン・ミネラル、良質な脂質などをバランスよく摂取し、内面から整えていきましょう。

睡眠をしっかり取る


ターンオーバーを十分に促す意味で睡眠も大切です。成長ホルモンなどの各種ホルモンは睡眠時に多く分泌されます。しっかりと睡眠を取り、お肌の再生を促しましょう。

まとめ

乾燥肌はニキビができる大きな原因となります。皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れ、バリア機能の低下などさまざまな肌トラブルが起きてしまうので、睡眠や食事の習慣を見直しながら少しずつ改善させていきましょう。

また、つらい乾燥ニキビを防ぐためにも、ファムズベビーシリーズのスキンケア用品がおすすめです。赤ちゃんにも使用できる成分が含まれているので、お悩みの方はぜひ検討してみてください。