乾燥肌さんのクレンジングはどう選ぶ?正しいクレンジング方法とは?

乾燥肌さんのクレンジングはどう選ぶ?正しいクレンジング方法とは?

クレンジングを選ぶ際、メイクをしっかり落としたいという気持ちから、比較的洗浄力が高いクレンジングを選ぶ方も多いのではないでしょうか。しかし乾燥肌の方にとっては、ますます乾燥してしまわないか、肌への負担はどうかなど、気になることも増えてしまうでしょう。そこで今回は、乾燥肌用クレンジング選びのポイントや、正しいクレンジング方法についてお伝えします。

乾燥肌用クレンジングの選び方とは?


まずは乾燥肌用クレンジングの選び方について見ていきましょう。

低刺激性のものを選ぶ

クレンジングは化粧品などに含まれる油分を洗い流すためのもの。そのため、クレンジングを使う以上は、どうしても肌への刺激は避けられません。少しでも肌の負担を軽減するために、香料や保存料、防腐剤などが含まれていない低刺激性のものを選ぶようにしましょう。

タイプで選ぶ

クレンジングにはオイルやジェル、ミルクやシートなど、さまざまなタイプがありますが、乾燥肌におすすめなのはミルクタイプとクリームタイプ。特に、ミルクタイプはやさしい洗浄力で肌への負担が少なく、必要以上に水分や皮脂が奪われないのが特徴です。また、クリームタイプはある程度洗浄力があるものの、テクスチャーに厚みがあるため肌の摩擦を軽減できます。

逆に、オイルタイプやジェルタイプは洗浄力が強く、皮脂や水分を取り除きすぎてしまうため、乾燥肌にはあまり向いていません。また、シートタイプは摩擦が起きやすいので。こちらも避けた方が良いでしょう。

保湿成分で選ぶ

肌の乾燥を抑えるためには、保湿成分が含まれているクレンジングを選ぶのもポイントです。水分を補うセラミドやヒアルロン酸、油分を補う植物オイルやグリセリン、ワセリンなどが含まれているか確認してみてください。

機能性で選ぶ

一般的に、クレンジングの後は洗顔をしますが、乾燥肌にとってはなるべく1回で済ませられる方がベター。W洗顔が不要のクレンジングを使えば、必要以上に肌の皮脂や水分を奪われずに済みますし、肌の摩擦を減らすという点でも効果的です。

乾燥肌さんの正しいクレンジング方法


ここからは、乾燥肌の正しいクレンジング方法について見ていきましょう。

①手をきれいにする

汚れたままの手で顔に触れると、雑菌や刺激物によって肌に負担がかかりますので、まずは手をきれいに洗いましょう。バリア機能が低下していると状態では、ちょっとしたことでも肌トラブルが起きてしまうため注意が必要です。

②ポイントメイクを落とす

顔全体のクレンジングをする前に、目元や口元のポイントメイクは専用リムーバーを使って先に落としておきましょう。全体のメイクを一度に落とそうとすると、ポイントメイクだけが残ってしまいますし、無駄な摩擦で肌への負担が大きくなることがあります。

③適量のクレンジングで順番に落としていく

クレンジングの量が少ないとメイクを落とし切ることができません。また、摩擦で肌にかかる負担も増えてしまうので、適切な使用量を確認してから使うようにしましょう。

皮脂の多いTゾーンから洗いはじめ、頬・目元・口元の順に洗っていきます。このとき、ゴシゴシ擦らず、撫でるようになじませていくのがポイントです。まだメイクが落ちていないと感じても、きちんとなじんでいればすすぎで簡単に落ちる状態になっています。

④ぬるま湯ですすぐ

お湯が熱すぎると肌に必要な皮脂まで落ちてしまいますので、30~32℃くらいのぬるま湯できれいにすすぐようにしましょう。ただしぬるすぎると毛穴が閉じてしまうので、お湯の温度には注意してください。

⑤タオルでやさしく水分を吸い取る

最後に、タオルをポンポンと当てるようなイメージでやさしく水分を吸い取ります。水滴が残った状態で保湿ケアをしても、十分な効果が得られませんので、きちんと吸い取っておいてください。このとき、タオルはなるべく清潔なものを使うようにしましょう。

⑥洗顔と保湿

クレンジングが済んだら洗顔をします。洗顔後はできるだけ早く化粧水で水分を補給し、乳液やクリームでしっかり閉じ込めておきましょう。

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームは、赤ちゃんにも使える保湿ケアアイテムです。肌の保護と保湿を同時に行うことで、肌の潤いを長時間キープできますので、バリア機能が低下している乾燥肌の方にもおすすめです。

まとめ

今回は、乾燥肌用クレンジング選びのポイントや、正しいクレンジング方法についてお伝えしました。バリア機能が低下している乾燥肌の方は、なるべく肌にかかる負担が少ないクレンジングを使うことが重要です。

そしてメイク残しがないように、短時間でやさしく丁寧にクレンジングするのも大切なポイント。ニキビや吹き出物などの肌トラブルを防ぐために、正しいスキンケアを続けていきましょう。