赤ちゃんに白湯(さゆ)は必要?飲ませる時期や量について詳しく解説

赤ちゃんが産まれたばかりの家庭にとって、大人であれば日常の中で当たり前に行うことも、赤ちゃんにとっては大丈夫なのかどうか判断に迷うことも多くあるでしょう。たとえば水分補給を例に、大人であれば何気なく口にする水でも、赤ちゃんに飲ませてもいいのか、飲ませるために必要なことはあるのかなどが挙げられます。

そこで今回は、赤ちゃんの白湯について着目し、飲ませる時期や量について解説を行います。

赤ちゃんに白湯は必要?

白湯(さゆ)とは・・・白湯は、水を沸かしただけで何も入れていない湯のこと。 湯冷ましは、湯をぬるく冷ました物。いったん沸騰させた湯をぬるく冷ますことで、カルキなどの不純物がとび、口当たりも柔らかくなります。

白湯を飲ませることは、さまざまなメリットをもたらしてくれるため、オススメできます。白湯を飲ませることにより、水分補給ができることはもちろん、母乳やミルク以外の味を覚えることもできます。

母乳やミルクだけを飲んできた赤ちゃんにとって、白湯の味ははじめての味のため、最初はビックリしてしまうかもしれませんが、そうやって1つひとつの味を覚えていくものです。赤ちゃんの成長のためにも、多くのことを経験させてあげましょう。

赤ちゃんに白湯はいつから飲ませるの?

本来、発育に必要な栄養や水分を母乳から摂取するため、最初から白湯を飲ませる必要はありません。目安は、離乳食を食べはじめる生後5~6ヶ月あたりになります。離乳食を食べはじめるのと近いタイミングで白湯を飲ませてみて、赤ちゃんの反応をうかがいましょう。

しかし、赤ちゃんの発育スピードには大きな個人差があるため、他の赤ちゃんが飲んでいるからといって、焦って飲ませる必要はありません。飲ませたときの反応にあわせて、飲ませる時期を遅れさせてあげるなど、赤ちゃんの発育にあわせて飲ませることが大切です。

赤ちゃんに白湯を飲ませるメリット

赤ちゃんに白湯を飲ませることは、水分補給として大きな役割を担っていますが、水分補給としての役割以外にも白湯を飲ませるメリットがあります。母乳やミルクを主に飲んでいる赤ちゃんにとって、白湯を飲ませてあげることはさまざまなメリットをもたらせてくれるのです。

-便秘改善
赤ちゃんに白湯を飲ませてあげることは、便秘の改善になるといわれています。とくに離乳食を食べはじめたばかりの赤ちゃんにとっては、腸内環境に変化が起きている場合があり、便秘を引き起こしてしまうケースもあります。そのようなときに、白湯を飲ませてあげることで改善することもあります。

赤ちゃんに便秘の症状が見られるときには、白湯を飲ませてあげることで様子をうかがいましょう。

-虫歯予防
母乳やミルクを飲んだ後に、白湯を飲ませてあげると、乳歯や歯茎を洗うことができ、虫歯の予防にもつながります。赤ちゃんにとっても口の中は非常にデリケートなため、適度に白湯で洗うことにより、口内を清潔に保つことができるのです。

白湯の作り方

白湯の作り方は非常にシンプルで、水道水を15分程度沸騰させた後に、人肌程度まで温度を下げることで作れます。

やかんを用いて沸騰させることが一般的ですが、レンジを用いて作ることも可能です。レンジを用いて白湯を作る場合には、必要な分の水道水をマグカップに入れ、2分程度温めた後に、人肌程度まで温度を下げることで作れます。

蛇口から出てきたばかりの水道水にはカルキなどの不純物が含まれています。身体が小さく、些細なものにも敏感に反応してしまう赤ちゃんにとって、不純物の含まれた水は腸内環境を乱してしまう恐れがあります。そのため、煮沸により不純物を取り除くことが重要になるのです。

赤ちゃんの健康を守るためにも、水道水に一手間加えて白湯にすることで、安全に水を飲ませられます。

しかし、煮沸することによって、消毒副生成物であるトリハロメタンが発生してしまう場合があるため、煮沸後はむしろ危険になってしまったり、煮沸後の水は雑菌が繁殖したりしやすいため注意が必要です。トリハロメタンを除去する目安として沸騰してから10分~30分程度沸騰させたままにすると気化して除去できるそうです。

赤ちゃんに飲ませる白湯の量

はじめて白湯を飲ませる際には、スプーンを用いてひとさじずつ飲ませてあげましょう。日数を重ね、白湯の味になれてきたら哺乳瓶を用いて飲ませてあげます。

飲ませる量の目安としては、生後5ヶ月以内の場合には25ml程度、生後5ヶ月以降の場合には50ml程度となっています。しかし、1回に飲む量は、そのときの体調や気温などによっても変化するため、赤ちゃんの様子を見ながら適量を飲ませてあげることが大切です。

また、白湯を飲みすぎて母乳やミルクが飲めなくなってしまったり、離乳食を食べなくなったりしてしまうといけないので、白湯でお腹が満たされないようにもしてあげましょう。

赤ちゃんに白湯を飲ませるタイミング

赤ちゃんに白湯を飲ませることによって、小まめな水分補給を行えます。そのため、タイミングを見て、その都度飲ませてあげることが大切です。

ここでは、いくつかの例を挙げ、赤ちゃんに白湯を飲ませるべきタイミングを紹介していきます。

-おしっこの後に飲ませる
赤ちゃんがおしっこをした後には水分を補給してあげましょう。

おしっこは、体内の不純物を排泄する行為ですが、その際には水分も出ていってしまいます。体内の水分が不足してしまうと、その後の排泄にも影響が出てしまうため、おしっこをした後には適度に白湯を飲ませてあげることで、失われた水分を取り戻すことができます。

-お出かけをして帰ってきたら飲ませる
外出をすると体内の水分が多く失われてしまいます。

夏場であれば、高い気温により汗として水分が失われてしまいますし、冬場であれば、乾燥した空気により水分が失われてしまいます。そのため、外出先での小まめな水分補給はもちろん、お出かけから帰ってきたときにも適量の白湯を飲ませてあげましょう。

白湯以外にも、ドラッグストアなどでは赤ちゃん用のノンカフェインのお茶や麦茶、ベビー飲料も販売されています。万が一外出先で白湯を切らしてしまったり、赤ちゃんが喉が渇いたサインを出したりしている場合には、購入して飲ませてあげることもオススメです。

-お風呂上がりに飲ませる
お風呂の中は、水温が高いことや湿度が高いことにより、多くの水分が汗として失われてしまいます。そのため、お風呂上がりには適度な水分補給が必要です。赤ちゃんの新陳代謝を高めるためにも、小まめな水分補給を心がけてあげましょう。

白湯を作る際・飲ませる際の注意点
赤ちゃんにとって、白湯を飲ませてあげることは、水分補給だけでなく、便秘改善や虫歯予防にもなりますが、注意しなくてはならない点もあります。赤ちゃんに安全に白湯を飲ませてあげるためにも、以下の点をしっかりと押さえたうえで飲ませてあげましょう。

-白湯を作る際には、ケトルやマグカップも清潔に
白湯を作る際には、お湯を沸かすケトルや白湯を入れるマグカップも清潔にしておく必要があります。

水道水を沸騰させることにより、水道水に含まれる余計な不純物を取り除くことができますが、それを作るためのケトルや白湯を入れるマグカップが汚れていたのでは意味がありません。赤ちゃんに水を飲ませる際には、白湯だけではなく、ケトルやマグカップにも気を使う必要があります。

-白湯を飲まないからといって無理に飲ませない
赤ちゃんの発育のスピードには個人差があるため、赤ちゃんによっては白湯を嫌がる可能性もあります。白湯を飲まないからといって、無理に飲ませたりしないようにしましょう。赤ちゃんの様子を見て、発育段階にあわせて飲ませてあげることが重要です。

まとめ

赤ちゃんに白湯を飲ませてあげることは、水分補給だけでなく、便秘改善や虫歯予防にも効果的です。小まめな水分補給を行い、赤ちゃんの健康維持に努めてあげましょう。赤ちゃんの反応にも気を使い、赤ちゃんにあわせて飲ませてあげることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE