赤ちゃんの爪切りはいつから?スムーズに切るコツや注意点について解説 

赤ちゃんの爪はとても小さいので、初めて爪を切るときには緊張してしまいますよね。指まで切ってしまわないか、深爪にならないか、急に動いたらどうしよう…など、ママパパもドキドキでしょう。

今回は、赤ちゃんの爪切りはいつから必要か、また、爪切りのコツや注意点についてお伝えします。

赤ちゃんの爪を切るのは生まれてすぐから

赤ちゃんの爪は、ママのおなかにいるときから生えています。そのため、赤ちゃんによっては生まれてすぐに切らなければいけないことも。赤ちゃんは新陳代謝が活発なので爪の伸びも早く、3~4日に1回程度の爪切りが必要です。

伸びた爪をそのままにしておくと、皮膚や目を引っかいてしまったり、口の中を傷つけたりすることがありますし、爪の間に雑菌が入り込んでしまうこともあります。また、いつの間にか二枚爪になっていたり、裂けてしまったりなどのトラブルも起こりやすいので、こまめにケアするようにしましょう。

赤ちゃん用の爪切りには3つの種類がある

大人の爪切りと言えばパッチンと挟んで切る「クリップ型」が主流ですが、赤ちゃん用の爪切りはちょっと違います。では、赤ちゃん用爪切りの種類を見ていきましょう。

-ハサミ型の爪切り
ハサミ型の爪切りは、赤ちゃんの爪の大きさや形に合わせて切りやすく、一番多く使われているタイプです。刃先が小さくて丸くなっているうえ、手元が見えやすいので安全性が高く、初めても比較的簡単に使いこなせるでしょう。

-クリップ型の爪切り
クリップ型の爪切りは、大人が使うものと同じ形をしています。普段から使い慣れているので、あえてこのタイプを選ぶママパパもいるようです。ただし、爪を挟んでからパッチンと切るので、爪に負担がかかって二枚爪になってしまうこともあります。そのため、ある程度赤ちゃんの爪が厚くなってくる1歳以降に使ったほうが安心です。

-爪やすり
爪やすりは、爪を削って整えるものです。チョキチョキ切るのは不安だというママパパには、この爪やすりがおすすめ。ただし、少しずつしか削れないので時間がかかるのがデメリットです。短時間で削りたい場合、手動ではなく電動のものを用意するとよいでしょう。爪切り後の仕上げにも使えますよ。

赤ちゃんの爪をスムーズに切るコツ

では、爪切りのコツを見ていきましょう。

-赤ちゃんの指をしっかり固定して切る
爪切りの最中に赤ちゃんが動いてしまうのはとても危険。そこで、手の爪を切る際には、ねんね期の赤ちゃんなら頭のほうから、お座りができる赤ちゃんなら抱っこした状態で後ろ側から、それぞれ覗き込むようにして、しっかり固定してから切るようにしてください。また、足の爪を切る際にも、赤ちゃんと同じ方向を向いて覗き込むような姿勢で切るとよいでしょう。

-白い部分を1mm残すイメージで切る
爪切りの手順としては、まず爪の両端を切り、後から中央の部分を切って丸く整えていきます。そして、深爪や巻き爪にならないように、白い部分を1mmほど残すのがポイント。きれいに仕上げたいのであれば、爪やすりを使うのもおすすめです。

-赤ちゃんが寝ている間に切る
爪切りを嫌がる赤ちゃんの場合、寝ている間に切るのがおすすめです。赤ちゃんを起こさないように、そっと切ってあげてくださいね。ただし、寝ている間も急に動くことがありますので、固定するのも忘れずに。

赤ちゃんの爪を切る際の注意点

では、赤ちゃんの爪を着る際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。ここでは2つの注意点を紹介します。

-お風呂上りは避ける
お風呂上がりは爪がやわらかくなっているので、普段よりも切れやすい状態です。うっかり深爪してしまうことが多いので、このタイミングは避けておきましょう。また、赤ちゃんが指しゃぶりをした場合も同様です。よだれでふやけていますので、爪がもとに戻ってから切るようにしてください。

-爪切りの取り扱いにも注意
爪切りでほかのものを切ると、切れ味が悪くなってしまいますし、衛生的にもよくありません。本来の目的以外で使わないようにしてくださいね。また、使い終わったらきれいに拭き取って清潔にしておきましょう。そして、赤ちゃんの手が届かないところにしっかり保管しておいてください。

誤って赤ちゃんの指を切ってしまった場合は?

誤って赤ちゃんの指を切ってしまった場合、出血があるようならティッシュで拭いて、少し様子を見ましょう。傷が浅ければすぐに血が止まってくるはずです。このとき、絆創膏は誤飲につながることがありますので使わないようにしてくださいね。また、消毒液は赤ちゃんが舐めてしまうことがありますので、できるだけ使わないほうがよいでしょう。

そして、もし出血が止まらない場合、止血をしながらすぐに受診するようにしましょう。傷の大きさによっては縫合が必要になるかもしれません。

まとめ

今回は、赤ちゃんの爪切りをする時期や爪切りのコツ・注意点についてお伝えしました。赤ちゃんの爪は、ママのおなかにいるときから伸びています。そして、生まれてからもどんどん伸びるので、こまめにケアしてあげてくださいね。最初は緊張するかもしれませんが、すぐに慣れて上手に切れるようになりますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE