赤ちゃんの頭皮が乾燥する原因とは?乾燥を予防する方法について

目につきやすい顔や体と違って、つい見落としがちなのが、赤ちゃんの頭皮。肌のケアも後回しになりがちではありませんか?ですが、赤ちゃんの頭皮が乾燥すると、皮膚トラブルの原因になることも。

そこで今回は、赤ちゃんの皮膚が乾燥する原因や、乾燥を予防する方法についてお伝えします。

赤ちゃんの頭皮が乾燥する原因

頭皮が乾燥すると、湿疹やフケなどの症状が現れることがあり、痒みを伴うことが多いので、赤ちゃんにとってもとても不快です。ママパパも、早く治してあげたいですよね。では、なぜ赤ちゃんの頭皮が乾燥するのでしょうか?その原因について見ていきましょう。

-皮脂の分泌が激減するため
生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのおなかの中にいるときにもらった女性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が盛んです。しかし、生後3ヶ月をすぎると皮脂の分泌が激減し、乾燥しやすい肌質に変化してきます。この変化が、赤ちゃんの頭皮が乾燥する原因のひとつです。

-外部要因によるもの
冬場は、外気の乾燥に加えて、室内でも暖房器具を使用するので、どこへ行っても空気はカラカラ。ですが、冬だけでなく、夏場の大量の汗やエアコンの冷気によっても、赤ちゃんの頭皮の乾燥が促されます。季節を問わず、1年中乾燥のリスクにさらされている状態ということですね。

-日焼けで乾燥することも
赤ちゃんの皮膚は薄いため、紫外線によるダメージも大人以上。うっかり日焼けしてしまうと、皮膚が熱をもつので、水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい状態を作ることになります。これも、頭皮が乾燥する原因のひとつといえるでしょう。

赤ちゃんの頭皮を乾燥させないためには?

では、赤ちゃんの頭皮を乾燥させないためにはどうしたらいいか見ていきましょう。

-シャンプーを使う回数を減らす
赤ちゃんの頭を洗う際、毎回シャンプーを使う必要はありません。これは、本来必要な皮脂まで洗い流してしまっている可能性があるからです。

お湯で汚れを洗い流すだけでも十分きれいになるので、乾燥が気になるときには、2~3日に1回くらいに減らしてもよいでしょう。赤ちゃんの汗のかき具合や頭皮の状態を見ながら、調整してみてくださいね。

-湯温にも注意
高温のお湯は、必要な皮脂まで奪ってしまいます。赤ちゃんに最適な湯温は、夏が37~38℃、冬が39~40℃ですので、湯温にも気を使ってあげましょう。とくに冬場は高めに設定しがちですが、くれぐれも大人と同じ感覚で入浴させないように気をつけてくださいね。

-しっかり保湿する
頭をきれいに洗ったら、しっかり保湿してあげましょう。とくに入浴後は、体の表面の水気とともに皮膚の水分も奪われやすくなりますので、遅くても5分以内には保湿ケアを行うように意識してください。

-日焼けに注意
お出かけの際には、日焼けにも注意しましょう。帽子をかぶせたり、ベビーカーのホロを下げたりなどの日焼け対策を忘れずに!場合によっては、日焼け止めを塗るなどの対策も必要です。その際も、必ず赤ちゃん用の日焼け止めを使うようにしましょう。

赤ちゃんに使う保湿剤の選び方

赤ちゃんの肌には、赤ちゃん専用の保湿剤を使うようにしましょう。ローションや乳液、オイル、クリームなどのさまざまなタイプがありますが、赤ちゃんの肌に合ったものを選んであげましょう。ただし、オイルを使う場合、頭皮に残ったまま日に当たると日焼けのリスクが高まりますので、十分気をつけてくださいね。

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームなら、使いやすいムース状なので、頭皮にムラなくのばすことができます。また、バリア機能が長時間持続するので、塗りなおす回数も少なくてOK。赤ちゃんの全身ケアにおすすめです。

赤ちゃんの頭皮の乾燥が悪化するようなら皮膚科を受診

赤ちゃんの頭皮の乾燥は、しっかり保湿すれば、次第によくなることがほとんどです。ただし、いくらケアしても改善されないような場合や、一度改善してもまた繰り返すような場合は、乾燥以外の原因が影響していることも考えられます。「治りが遅いな」などと気になったら、皮膚科や小児科を受診するようにしましょう。

また、「皮膚科や小児科を受診するほどではないけれど、薬を使って早く治してあげたい」という場合。ドラッグストアなどで販売されている皮膚炎の外用薬を、自己判断で選ぶのはおすすめできません。これは、ステロイドが含まれる外用薬の場合、成分の強弱や種類が多いので、必ずしも赤ちゃんの症状に適しているとは限らないためです。赤ちゃんの肌に負担をかけないためにも、医師に処方してもらったほうが安心です。

まとめ

今回は、赤ちゃんの皮膚が乾燥する原因や、乾燥予防・対処法についてお伝えしました。赤ちゃんの頭皮が乾燥するのは、皮脂の分泌が激減することや、さまざまな外部要因が原因です。かといって、冬に暖房を使わず、夏に冷房を使わない生活を送るのも不可能ですよね。そのため、日々のホームケアで、しっかり保湿してあげることが大切です。正しい保湿で、赤ちゃんのデリケートな肌をしっかり守ってあげてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE