赤ちゃんの鮫肌とは?鮫肌になる原因と対処法について

赤ちゃんの鮫肌とは?鮫肌になる原因と対処法について

ツルツルなはずの赤ちゃんの肌がザラザラしていたら、ママパパも驚いてしまいますよね。実はその肌の状態、乾燥が原因による鮫肌かもしれません。そこで今回は、鮫肌とはどのような状態のものか、また、鮫肌になる原因や対処法についてお伝えします。しっかりケアして、早くツルツルの肌を取り戻してあげてくださいね。

鮫肌とはどんな状態の肌?

鮫肌とは、通常のカサカサ肌とは違って、もっとキメの粗いザラザラとした状態の肌です。手足や背中などに発症するケースが多く、赤みはありません。そして、アトピー性皮膚炎の素因を持っている場合に現れることが多いと言われています。

赤ちゃんが鮫肌になる原因

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのおなかにいたときのホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んです。しかし、生後3ヶ月くらいになるとそのホルモンは減少し、急激に肌が乾燥し始めます。さらにこの時期は、アミノ酸やセラミドが少ない状態。つまり、肌の水分を維持しにくいだけでなく、バリア機能も低下している状態です。この肌の乾燥こそが、鮫肌になる原因なのです。

赤ちゃんが鮫肌になってしまった場合の改善法

鮫肌の原因は乾燥ですので、対処法は保湿すること。そこで必要なのが、基本的なスキンケアです。まずは、正しいスキンケアの手順を確認していきましょう。

-肌をきれいに洗う
汚れている肌に保湿剤を塗っても、十分な効果は期待できませんので、まずは肌をきれいに洗ってください。肌を洗う際には、低刺激の石鹸類をしっかりと泡立て、やさしく丁寧に。ゴシゴシ擦ると肌に負担がかかりますので、手のひらや指で洗うのがポイントです。

なお、たくさん汗をかいたときやお尻が汚れてしまったときなど、入浴以外のタイミングで体を洗うことがあると思いますが、毎回石鹸を使う必要はありません。石鹸を使いすぎると、必要な皮脂まで流してしまうことになりますので、1日に1回程度に抑えてくださいね。

そして、シャワーできれいに流してあげましょう。体に残った石鹸類は肌に負担をかけますので、流し残しがないように、しわの部分もしっかりとのばしながらすすいでください。このとき、シャワーの湯温にも要注意です。熱いお湯だと皮脂を流しすぎてしまいますので、赤ちゃんに最適とされる湯温を意識しておきましょう。ちなみに、赤ちゃんに最適とされる湯温は、夏が37~38℃、冬が39~40℃。大人が快適に感じる湯温ではありませんので要注意です。

そして、きれいにすすいだら、やわらかいタオルでそっと押さえるように水分をふき取ります。その際も、ゴシゴシ拭かないように注意してくださいね。

-しっかり保湿する
肌をきれいに洗ったら、次は保湿です。保湿剤を手に取り、全身にまんべんなく塗り広げてあげましょう。保湿剤はしっとりする程度までたっぷりと使うのがポイントです。脇や手首、ひざの裏側や耳などは塗り忘れが多い箇所ですので、気を付けてくださいね。

また、保湿剤を使うのは入浴後だけではありません。お出掛けから戻った後や着替えのタイミングなど、濡らしたタオルで汚れを落としてから塗ってあげてください。鮫肌になってしまっているときには、普段よりもこまめに保湿するように意識しておいてくださいね。

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームなら、バリア機能が長時間持続。しっかり赤ちゃんの肌を保湿して、保護してくれます。赤ちゃんにも安心の成分だけで作られているので、うっかり舐めても大丈夫です。

肌バリアのエンジェルフォーム ▶製品についてはこちら

赤ちゃんが鮫肌になってしまったときの注意点

最後に、赤ちゃんが鮫肌になってしまったときの注意点を確認しておきましょう。

-繊維による刺激に注意する
赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまうのは、乾燥だけではありません。肌に直接触れる衣服や寝具、タオルなどの素材にも気を付けるようにしましょう。また、赤ちゃんによっては衣服に付いているタグや縫い目が刺激になることもあります。その場合は、あらかじめタグを取り外したり、縫い目がない肌着を着せたりするなど工夫してあげてくださいね。

-乾燥しすぎない環境を作る
冬の暖房や夏の冷房は、快適な生活に欠かせないものですが、それによって室内は乾燥しやすくなります。そのため、加湿器を使ったり濡れたタオルをかけて置いたりするなど、できるだけ50%程度の湿度を保つようにしてあげてくださいね。

赤ちゃんの鮫肌が長引くようなら皮膚科を受診

赤ちゃんが鮫肌になったとしても、正しいスキンケアを心がけていれば、通常は1~2週間ほどでザラザラ状態が治まってきます。ですが、それでも変化が見られないような場合、鮫肌ではなく「魚鱗癬(ぎょりんせん)」などの病気の可能性も否定できません。

魚鱗癬とは、肌が乾燥して魚のうろこ状になる疾患で、アトピー性皮膚炎との関係が強いことがわかっています。主に生後2ヶ月以内に症状が出るケースが多く、夏は症状が軽くなりますが、冬は悪化する傾向があるようです。そのため、もし一定期間スキンケアを続けても効果が見られないような場合、皮膚科を受診してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、鮫肌とはどのような状態のものか、また、鮫肌になる原因や対処法についてお伝えしました。肌が鮫の肌のようにザラザラになってしまうのは、乾燥が原因です。肌をきれいにしてしっかり保湿するという、基本的なスキンケアを心がけてくださいね。そして、改善が見られないような場合には皮膚科を受診してみましょう。くれぐれも、自己判断で市販薬を使用しないよう気を付けてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加