赤ちゃんに水を飲ませていいのはいつから?飲ませるタイミングや注意点などを詳しく解説

赤ちゃんが産まれたばかりの家庭では、大人にとっては日常的なことであっても、赤ちゃんにとっては問題がないかどうか悩む場面も多いことでしょう。大人と違って新生児は、母乳やミルクによって栄養補給や水分補給を行うため、母乳やミルク以外の方法で赤ちゃんに水分補給を行うことに戸惑いを感じる方もいることと思います。

今回は、赤ちゃんの水分補給に着目し、水を飲ませてもいいのか、飲ませるタイミングや注意点などについて解説を行います。

赤ちゃんに水を飲ませていいのは生後3ヶ月以降

赤ちゃんに水を飲ませてもいいのは生後3ヶ月以降です。生後2ヶ月過ぎまでは、必要な栄養素や水分は、母乳やミルクから摂取するため、水を飲ませる必要はありません。そのため、生後3ヶ月以降から水分補給として水を与えることをオススメします。

しかし、赤ちゃんの生育スピードは個人差も大きいため、一概に生後3ヶ月とはいえません。赤ちゃんの様子を見ながら慎重に判断を行いましょう。

赤ちゃんに水を飲ませるタイミング

赤ちゃんに水を飲ませることで、脱水症状を引き起こすことを防ぎます。そのため、赤ちゃんの水分が失われる前や、失われた際には適度に水を飲ませてあげましょう。タイミングを見て小まめに飲ませてあげることが大切です。

-就寝前、起床後
寝ている間には寝汗をかくことで多くの水分を失います。そのため、就寝前には水分補給を行うことで水分を蓄え、起床後には寝汗によって失われた水分を取り戻してあげましょう。

-お風呂上がり
お風呂の温度は室温よりも高く、湿度も高いことから入浴は多くの水分を失います。そのため、お風呂上がりには失われた水分を補給してあげましょう。

-お出かけから帰ってきたとき
外出することでも多くの水分を失います。夏場であれば汗として失いますし、冬場であれば乾燥した空気によって水分は失われてしまいます。お出かけから帰ってきた際には、赤ちゃんに水分を飲ませてあげましょう。

赤ちゃんに飲ませることができる飲料の種類と選び方

基本的に赤ちゃんは母乳やミルクによって水分を補給しますが、生後2ヶ月を過ぎた赤ちゃんは、水だけでなく、ベビー飲料やお茶なども飲むことができます。

赤ちゃんが飲める代表的な水分を例として挙げるとともに、選び方についても解説を行います。

-煮沸させた水道水
一度煮沸させてから冷ました状態であれば、水道水を飲むことが可能です。しかし、水道水をそのまま飲ませてしまうと、不純物によって体調を壊してしまう恐れがあるため、一度煮沸する必要があります。

しかし、煮沸することによって、消毒副生成物であるトリハロメタンが発生してしまう場合があるため、煮沸後はむしろ危険になってしまったり、煮沸後の水は雑菌が繁殖したりしやすいため注意が必要です。可能であれば、水道水ではなく、赤ちゃんに影響のない、ピュアウォーターなどを飲ませてあげることをオススメします。

-軟水のミネラルウォーター
市販の水を赤ちゃんにも飲ませることも可能ですが、その際は軟水の水を選んであげましょう。水は硬度によって軟水か硬水に分けられ、パッケージに表記してあります。硬水は含まれる成分によりお腹を壊してしまう恐れがあるため、オススメできません。

-ベビー飲料
赤ちゃん用のベビー飲料を飲ませることは、とくに脱水症状が見られるときや発熱時に効果的です。何も入っていない水よりも赤ちゃんの身体に吸収されやすく作られているため、安心して飲ませられます。

-ノンカフェインのお茶
お茶も飲ませることは可能ですが、ベビー用のノンカフェインのものを選んであげましょう。ノンカフェインであっても、大人用の場合は、水で薄めてあげるなどの工夫が必要です。

赤ちゃんに水を飲ませる際の注意点

赤ちゃんにも水分補給をさせてあげることは非常に大切ですが、水を飲ませる際には注意しなくてはならないこともあります。

以下のことを押さえ、安全性に配慮した与え方を心がけましょう。

-水を飲ませた後のうんちやおしっこに気を配る
水を飲ませたら、その後のうんちやおしっこにも気を配ってあげましょう。

母乳やミルクから水分を摂取してきた赤ちゃんにとって、水から水分を摂取することは新しい体験になります。そのため、腸内環境にも変化が現れる場合もあります。

水を飲ませても問題がないかどうか、飲ませた後のうんちやおしっこの状態からも観察してあげましょう。うんちが水っぽくなったり、おしっこの量が多かったりする場合は、まだ慣れていないか、合っていない可能性があります。このような状態になった場合は、無理に与えようとせず、一度止めるか量を減らすなどをして対策しましょう。

-赤ちゃんだけでなく、ママの水分補給も必要
水分補給は赤ちゃんにとっては非常に大切ですが、母乳をあげるママにとっても同様に大切です。

水を飲めるようになっても、赤ちゃんは基本的には母乳やミルクから水分を摂取します。そのときに、ママ自身が脱水状態だと、母乳にも満足に水分が含まれなくなってしまいます。しっかりと水分を含んだ母乳を出すためにも、ママ自身も水分補給は小まめに行いましょう。

まとめ

赤ちゃんは基本的には母乳やミルクから水分を補給しますが、水を飲むことで水分補給を行うことも可能です。脱水症状は深刻な問題にもつながる恐れがあることから、赤ちゃんの小まめな水分補給を心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE