赤ちゃんのプールはいつからOK?とくに注意すべき点を解説

赤ちゃんのプールはいつからOK?とくに注意すべき点を解説

赤ちゃんをプールに入れたいけど、いつから大丈夫なの?とお悩みの親御さんは多いのではないでしょうか。確かにプールは楽しい一方で危険が潜むため、心配ですよね。

そこで今回は、赤ちゃんのプールはいつから大丈夫なのか、また、プールに入る際の注意点を紹介します。

赤ちゃんのプールはいつから大丈夫?

赤ちゃんをプールに入れて良いのはいつ頃からなのでしょうか。先輩ママのアンケートによると、1歳になる前に入れている人が多いようです。

具体的には、肉体的な成長から鑑みるに、生後7〜9ヶ月くらいがおすすめです。中には生後5〜6ヶ月ほどで入れている先輩ママもいましたが、プールで十分に遊べるほどの体力が備わっていないケースが多いのでおすすめできません。

生後7〜9ヶ月であれば、ある程度水遊びができる体力ができているので大丈夫と言えるでしょう。なお、最初は家庭用ビニールプールにしてあげてくださいね。お風呂に入るような感覚で入れるため、赤ちゃんもびっくりすることなく入れますよ。

赤ちゃんをプールに入れる際の服装

赤ちゃんであっても、プールに入るときは水着が好ましいです。水着は水の中に最適化されたアイテムのため、機能性や安全性も高い傾向にあります。

水着を選ぶ際は、動きやすく着脱しやすいものを選びましょう。赤ちゃんは水の中でも構わずおしっこやうんちをするため、着替えやすい水着は必須です。

また、サイズにも注意が必要です。すぐに成長するからと少し大きめを買いたい気持ちはわかりますが、安全面でよいとは言えません。紐が落ちてしまったりすると危険ですので、ジャストサイズのものを選びましょう。

最後に、なるべく肌の露出が少ないものを選びましょう。後述しますが、赤ちゃんでも紫外線対策は重要です。なるべく紫外線にあたる面積を少なくし、紫外線対策を徹底しましょう。

赤ちゃんのプールデビューは過程が大切!

赤ちゃんをプールに入れる際、突然入れてはダメです。赤ちゃんによっては、水を怖がることがあるためです。少しずつ水に慣らしていってからプールに入れましょう。例えば、お風呂とは別の時間にプールくらいの温度と水量の水を張り入れてみましょう。お風呂であれば小さく、いつも入っているため、恐怖心を最小限に抑えられます。

その次は家庭用ビニールプールです。ここをクリアできれば、水への恐怖心はほとんどなくなっていると言えます。家庭用ビニールプールをクリアしたら、市民プールなどに連れて行っても大丈夫ですよ。

赤ちゃんをプールに入れる際の注意点

赤ちゃんにとっても親御さんにとっても、初めてのプールは楽しいもの。ただし、大人でも同様にプールは楽しい一方、危険も潜んでいます。しっかりとした準備とケアをしなければ、命に関わることもあるのです。

下記では、赤ちゃんをプールに入れる際の注意点を紹介します。

-赤ちゃんから目を離さない
親御さんは、赤ちゃんから絶対に目を離さないようにしてください。大人でも浅いプールで溺れることがあるように、赤ちゃんも溺れてしまいます。家庭用ビニールプールで浅いからと油断することなく、片時も目を離さないように気をつけてください。

-水深と水温をチェックする
溺れないようにするには、水深が重要。赤ちゃんの腰より下に水面を持ってくるようにし、太ももが浸かるくらいにしましょう。水深10cmでもうつ伏せになると呼吸困難となります。

また、水温も気をつけましょう。冷たい水は赤ちゃんに刺激を与えてしまいます。午前中に水を張って、水温が上がってきた午後から入るという方法もおすすめ。目安としては25度くらいにしましょう。

-食べてすぐに入れない
赤ちゃんは大人に比べ、骨の筋肉が弱いことが特徴。そのためすぐに嘔吐してしまいます。ご飯を食べてすぐに入ると、嘔吐しやすくなり、赤ちゃんの体力を奪ってしまいます。もし市民プールなどの公共プールであれば、他の人に迷惑となってしまうことも。ご飯やミルクを取ってから30分から1時間ほどは控えるようにしましょう。

-長時間の入水は避ける
プールはお風呂よりも水温が低いですよね。となると当然、赤ちゃんの体温は下がりやすくなり、体力を奪っていきます。最初は5分程度からで十分。その後は体温を戻してから再度入れるというようにしていきましょう。肌の色や唇の色などを観察し、赤ちゃんの体調の変化をなるべく早めにキャッチするようにしてくださいね。小さい頃は計30分くらいのプールで十分です。

-嫌がるようなら無理に入れない
最初にプールに入れようとするとき、赤ちゃんが泣いたり不機嫌になったりすれば、いっそのこと入れない判断をしましょう。小さい頃に植え付けられた恐怖心は、トラウマとなって今後長い間背負う可能性もあります。生後数ヶ月で無理をさせたために、今後プールに入れなくなったら悲しいですよね。

嫌がるときは無理することなく、やめる判断をしましょう。お風呂などを通して少しずつ水に慣れさせていけば、自然に入れるようになります。

-水分補給をこまめに行う
プールは冷たいから汗はかかない、だから水分補給は必要ないと思っている方はおられませんか。大人でもそのように考えて熱中症になられる方が毎年おられます。実はプールでも汗をかかないのではなく、水によって流れてしまうのです。

つまり、汗をかいているのには変わりないため、外で遊ぶときと同様に水分補給が必要です。こまめに水分補給を行い、熱中症にならないように気をつけましょう。プールでの水分補給をする場合は、ミルクはやめましょう。

-体調の変化に気をつける
プールは体温の変化が激しく、体調を崩しやすい傾向にあります。朝は元気だった赤ちゃんがプールに入ることでぐったりしてしまうことも。体調の変化には十分に注意し、少しでも異変を感じたら休ませるようにしましょう。明らかに様子がおかしい場合は、病院を受診してくださいね。

-保湿対策を行う
家庭用ビニールプールは、基本的に屋外で入りますよね。屋外で気をつけなければならないのは紫外線です。赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートで、ダメージを負いやすいです。そのため、お肌の保湿対策は徹底するようにしてください。保湿対策を行わないと、肌が乾燥してボロボロになったり、赤くなってしまったりします。

ファムズベビーのエンジェルフォームは、無着色・無香料・低刺激の総合スキンケア用品です。スキンケアとありますが、顔以外にも全身に使うことができ、低刺激なので赤ちゃんが安心して使える設計となっています。ファムズベビーでしっかりと保湿対策を行って、紫外線から赤ちゃんを守ってくださいね。

まとめ

今回は、赤ちゃんのプールはいつから大丈夫なのか、また、プールに入る際の注意点を紹介しました。赤ちゃんも親御さんもワクワクする初めてのプール。安全に楽しく遊びたいですよね。

とくに体調管理や紫外線対策などは非常に重要。親御さんは目を離すことなく、見守ってあげてください。注意点をしっかり守れれば、楽しいプール遊びができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加