赤ちゃんはなぜ大量に汗をかくの?汗っかきな赤ちゃんのあせも対策はとは

赤ちゃんはなぜ大量に汗をかくの?汗っかきな赤ちゃんのあせも対策はとは

赤ちゃんが汗をかくのは当たり前ですが、寒い時期でもじっとりと汗をかいているので驚くこともあります。なぜ、赤ちゃんは大量に汗をかくのでしょうか。

今回は、赤ちゃんが汗をかく原因や、汗をかくことでできてしまうあせも対策について解説します。

赤ちゃんが大量に汗をかく理由

赤ちゃんは、ミルクを飲むときや寝ているときに大量の汗をかきます。お昼寝をしているだけでも、布団が湿るほど汗をかくと「こんなに汗をかくなんて、病気?」と考えてしまうこともあります。では、なぜ赤ちゃんは大量に汗をかくのでしょうか。

-汗腺が未熟
大人と同じ数の汗腺がある赤ちゃんですが、どうしても大人と同じような汗腺の大きさという訳にはいきません。一つの汗腺の大きさが小さく、気温などの外的要因に対して汗をかく機能が未発達なため、うまく汗をかくことができず、大量の汗が出てしまうのです。

また、汗腺の数が大人と同じなのに、体の表面積が小さいため、汗腺が体中に密集しています。そのため、汗が同じところに溜まりやすくたくさん汗をかいているように見えてしまうのも赤ちゃんが大量に汗をかいていると思われる原因です。

-体温調節機能が未熟
赤ちゃんは、体温が上がったと体が感じると血流を強くして体内の熱を外に出すようにできています。本来、体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、体温を下げるために血流量を増やして、体温調整をするようになっています。

しかし、血流量が増えて皮膚の温度が高くなると、汗を大量にかくようになります。この場合は、手足よりも頭や体幹に汗をかくようになるので、赤ちゃんが頭や背中に大量に汗をかくのはこれが原因です。

赤ちゃんと大人がかく汗の量は、同じくらいといわれています。しかし、体の小さい赤ちゃんが大人と同じくらいの汗をかくのであれば、大人の2倍以上の発汗量があると考えられるでしょう。

赤ちゃんのこんな汗には気を付けて

赤ちゃんが大量の汗をかくのは、未発達な体で体温調整などをしているからです。しかし、「顔が赤い」「いつもより元気がない」「普段よりもたくさん汗をかく」「汗がベトベトしている」「熱があり呼吸も荒い」などの症状が現れた場合は、病気の可能性もあります。体調をこまめにチェックして、気になるようであれば医師の判断を仰ぐようにしましょう。

汗をかくとあせもができてしまう理由とは?

一般的に赤ちゃんは大量の汗をかきますが、その汗腺はまだまだ未発達です。そのため、汗腺が詰まる、汗の成分による雑菌の繁殖などの原因によって、あせもや新生児ニキビなどの肌トラブルが起こることもあります。とくに、あせもは、頭や首、背中、おむつの当たる部分、ひじなど汗が溜まりやすく蒸れやすい場所にできます。

また、赤ちゃんの肌に汗や皮脂が残ったままベビーパウダーなどをはたくと、汗腺を詰まらせてあせもができやすい状態になってしまいます。

赤ちゃんの皮膚はデリケートで、大人よりも症状が出やすく進行も早いため、一晩で悪化することもあります。新生児の場合は、かゆみの伴わない白いブツブツとしたあせもが出ますが、乳幼児になると赤くかゆみを伴ったブツブツとしたあせもができはじめます。かゆいので無意識にかきむしってしまうことも多く、「あせものより」や「とびひ」に悪化してしまうこともあります。


赤ちゃんのあせも対策をご紹介

では、赤ちゃんのあせもにはどのような対策をすればよいのでしょうか。ここでは、赤ちゃんのあせも対策の方法を紹介します。

-汗をこまめに拭く、シャワーで洗い流す
汗が常に肌に残っているとあせもの原因になります。そのため、汗をかいたら濡れたガーゼやタオルでやさしくたたくようにふき取ってあげましょう。

とくに夏場などの暑い時期で症状が気になる場合は、シャワーで汗を洗い流して、皮膚に汗が残らないようにするとあせも対策になります。ここで注意したいことは、熱いお湯やせっけんを使うと肌がもつ保湿成分が一緒に流れてしまうので、乾燥し症状が悪化することです。ぬるめのお湯で軽く流す程度を心がけましょう。

-こまめに着替えをおこなう
赤ちゃんが汗をかいたら、こまめに着替えをするように心がけましょう。とくにおむつはウエストのゴム部分に汗が溜まりやすいので要注意です。

また、寒い時期は、汗をかいているのかわかりにくいこともありますが、背中に手を入れてみると汗をかいているか判断できます。赤ちゃんの肌に触れる部分は、コットンなどの吸湿性や通気性のよい衣類を選ぶとよいでしょう。

-保湿をしっかりする
あせも対策で大切なのは、肌を清潔に保つことと「保湿」です。とくに赤ちゃんの肌は大人の半分程度の厚さでバリア機能が未発達です。そのため、乾燥しやすく、汗によるダメージも大きいです。肌を清潔にしたあとは、しっかり保湿をしてあげることで、あせも対策だけでなく、肌トラブルを予防できます。

保湿はファムズベビーシリーズのエンジェルフォームで!

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームは、さまざまな原因で傷ついた角質層をやさしくブロックすることで、ウイルスや雑菌の侵入を防ぎ、潤いを逃がしません。

また、汗をかいても、ふき取ってもバリア機能は8時間程度持続されるので、お出かけ前に塗っておくことをおすすめします。

赤ちゃんが口に入れてしまっても安全な成分のみで作られているので、ママも安心です。新陳代謝が活発な赤ちゃんは、4日~5日程度で効果が現れはじめます。

まとめ

デリケートな肌の赤ちゃんにとって「あせも」はどうしてもできてしまうものです。しかし、肌を清潔に保ち保湿を忘れなければ、改善されていきます。また、肌トラブルになる前から予防するのも大切です。こまめに赤ちゃんの肌をチェックして、あせも対策をしていけるとよいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加