赤ちゃん用レッグウォーマーは1年中大活躍!メリットや選び方・注意点とは?

レッグウォーマーは冬限定のものと思っていませんか?または、「赤ちゃんにレッグウォーマーが必要なの?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。ですが、実は赤ちゃんのレッグウォーマーは、1年中使えるおすすめのアイテム。

そこで今回は、赤ちゃん用レッグウォーマーのメリットや選び方、注意点について解説します。簡単にできるレッグウォーマーの作り方もご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

赤ちゃんにレッグウォーマーを履かせるメリットとは?

まずは、赤ちゃん用レッグウォーマーのメリットから見ていきましょう。レッグウォーマーは、赤ちゃんにもママパパにもメリットがたくさんあります。

ー防寒対策・冷え防止になる
レッグウォーマーはご存じの通り、寒い季節には防寒グッズとして活躍します。そのままレッグウォーマーを履かせてもよし、ズボンの下に重ねてもよし、ルーズソックスのように下げて履かせれば、足元もポカポカです。ですが、冬だけでなく、夏はエアコンの冷えから守る効果も!お出かけの際に1枚持って行くだけで、外出先の体調管理にも役立つアイテムなのです。

ー日焼け対策になる
日差しの強い季節のお出かけは、紫外線が心配。ですが、「赤ちゃんに日焼け止めはちょっと…」と感じるママもいるでしょう。そんなときは、UVカット効果があるレッグウォーマーを履かせることで、日焼け対策になります。さらに肌を露出しすぎないことで、虫刺され予防にも効果が期待できそうです。

ーサポーター代わりになる
フローリングやカーペット、畳の上を直接ハイハイすると、ひざが痛そうですよね。いつの間にかひざが真っ赤になってしまうので、見ているママも心配なはず。そこでレッグウォーマーを履かせれば、赤ちゃんのひざを守るサポーターとして使うこともできます。

ー履かせやすく脱がせやすい
動き回る赤ちゃんの着替えは一苦労。まして、外出先で脱いだり着たりするとなれば、着替える場所を探すのも大変ですよね。ですがレッグウォーマーなら、履かせやすく脱がせやすいので、ベビーカーに乗せたまま、抱っこしたままでも大丈夫。ちょっとした温度調節が簡単にできるのも、レッグウォーマーのメリットです。

赤ちゃんに履かせるレッグウォーマーの選び方

次に、レッグウォーマーの選び方を見ていきましょう。ここでは、デザイン以外に押さえておきたいポイントをご紹介します。

ー素材選び
レッグウォーマーは1年中使えるアイテムなので、冬は毛糸やフリース、夏はガーゼなど、季節に合った素材のものが販売されています。実用面だけで考えれば「暖かそう」「涼しそう」と感じますが、素材によっては赤ちゃんの肌に合わないことも。そのため、とくに直接肌に触れるような使い方をする場合には、肌に優しい天然素材のものや吸水性のいいものを選ぶようにしましょう。

ーサイズ選び
レッグウォーマーのサイズは、大きすぎれば脱げやすくなりますし、小さすぎれば動きにくくなってしまいます。そのため、できるだけ赤ちゃんのサイズにフィットしていることが大切。赤ちゃんの成長には個人差がありますので、一概に月齢サイズだけで買ってしまわないように気を付けましょう。また、脱げにくいようにゴム部分の締め付けを強くしている商品もありますので、きつく感じないかどうかも気にかけてみてください。

赤ちゃんにレッグウォーマーを履かせるときの注意点

赤ちゃんは、自分の意思でレッグウォーマーを脱いだり履いたりすることができません。また、自分で脱げるようになったとしても、状況に合ったタイミングで脱ぐのはまだまだ無理。ママパパの観察が欠かせないのです。

たとえば、レッグウォーマーを長時間履いたままでいると熱がこもりやすくなるため、汗をかきすぎてしまうことで水分が不足することがあります。また、蒸れによってかゆみが起きるなど、赤ちゃんの肌はとても敏感。レッグウォーマーであせもができてしまうようなケースもあります。そこで、レッグウォーマーを快適に履けているのか、赤ちゃんの様子を気にかけ、必要に応じて調整してあげるようにしましょう。

Fam’s Baby(ファムズベビー)なら、汗をかいても直接肌に触れさせないバリア効果で、赤ちゃんのお肌をしっかり守ってくれます。皮膚本来の保護機能をサポートするので、バリア機能が低下した皮膚を修復する手助けにも最適。赤ちゃんのデリケートな肌ケアにおすすめです!

簡単!赤ちゃん用レッグウォーマーの作り方

お気に入りのレッグウォーマーが見つからない場合、手作りのレッグウォーマーはいかがでしょうか?節約もできて一石二鳥!締め付け具合がちょうどいいレッグウォーマーが見つからない場合にもおすすめです。レッグウォーマーの簡単な作り方をご紹介します。

【用意するもの】
・大人用ハイソックス
・はさみ
・ゴム
・針と糸

【作り方】
1.大人用ハイソックスをくるぶしの辺りでカットします(長さはお好みでOK!)
2.切った部分を三つ折りにし、ゴムの通し口を残して縫います
3.ゴムを通して完成!

たったこれだけで、お手製のレッグウォーマーが完成です。ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

今回は、赤ちゃん用レッグウォーマーのメリットや選び方、注意点についてお伝えしました。防寒や冷え防止、虫刺され予防や日焼け防止、サポーター替わりなど、赤ちゃんのレッグウォーマーにはメリットがたくさん。ぜひ季節に合わせて使いわけてみてくださいね。また、赤ちゃんにとってレッグウォーマーが不快にならないよう、ママパパもしっかりと様子を気にかけてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE