お風呂上がりの肌ケアは時間が命!?正しい肌ケアの順番をご紹介!

お風呂上がりの肌ケアは時間が命!?正しい肌ケアの順番をご紹介!

いきなりですが、あなたはお風呂上がりの肌ケアの重要性をしっかりと理解していますか?
乾燥を防ぐことや、肌を若々しく保つために、実はめちゃくちゃ大事なんです!
お風呂上がりの肌ケアはなるべくお風呂上がりすぐに、正しい順番で行うことがとても重要になってきます。
なぜ、スピードが大事なのか、正しい順番とは何かについて解説していきます!

お風呂上がりの肌ケアは10分以内が原則!

お風呂上がりの肌ケアは10分以内が原則!

健康的な肌を保つためにも、保湿などの肌ケアはとても大切です。
では、いつのタイミングでケアしてあげるのがBESTなのでしょうか?

大抵の人は『肌が清潔な状態』つまりお風呂上がりに肌ケアをしますよね。
清潔な状態で保湿クリームやトラブルケアをするのは効果を高めるためにも有効的です。
でもそんなお風呂上がりの肌ケアにもポイントがあるんです。

それは『10分以内に済ませる』ということ!
実はお風呂上がりの肌ケアのタイムリミットはわずか10分なんです。
その理由を詳しく説明していきましょう。

お風呂から上がった瞬間どんどん乾燥していってしまう

お風呂から上がった瞬間どんどん乾燥していってしまう

お風呂で温まり柔らかくなった肌は、清潔で浸透力も増していますが反対に、体全体の水分量は減り、肌の表面は乾燥しやすい状態にあります。

石鹸やシャンプーで必要な皮脂まで洗い流され、汗で水分は抜けていきますから、入浴前より入浴後の方が体の水分量が少なくなっているのは当然です。

せっかくお風呂で気持ちよくなったのに、あとの乾燥に悩まされるのは嫌ですよね。

特に女性はお風呂上がりにストレッチ、マッサージ、ヘアケアなど美容に気を使っている人が多くいます。

『肌ケアは大切だし…先にやるか後でやるかどうしたいらいいんだろう。』と思いますよね。

そんな悩める人たちの為に、少しでも効率のいい方法や正しい順番をまとめてみました。

肌ケアの正しい順番のご紹介!

肌ケアの正しい順番のご紹介!

ここでは肌ケアの正しい順番を紹介していきます。
普段のお風呂上がりと比べながら読んでいってみてくださいね。

①まだ濡れた状態でボディオイルを塗る

まず、普通と違うのがココ。
ボディケアに欠かせない保湿オイルは”まだ体が濡れている状態”で塗ります。
(とはいえビショビショの状態ではなく、手足を軽く払ったくらいが目安です。)
こうすることで、まだ肌の水分が抜けないうちにオイルで蓋をし、肌の水分を保つことができます。

表面の水分とオイルが混ざることでオイルの伸びやテクスチャが軽くなり、べたつかなくなるのでオイルが苦手な人にもオススメの方法です。

浴室内で保湿をすれば、顔や髪などの他部分の乾燥も防げます。

②濡れている顔に化粧水をつける

全身の保湿が終われば次はお顔の肌ケアです。

お顔もボディと同じく濡れた状態で肌ケアをしてもOKです。
お肌がしっとりとするまで丁寧に保湿していきましょう。
お風呂で柔らかくなった肌に化粧水成分をグングン染み込ませるイメージです。

ただ化粧水は”水分”を補うものなので、肌の水分を防ぐという意味ではその後の乳液を早めに塗ることが大切です。

週1~2、ふき取り化粧水をコットンに染み込ませ、優しく肌を撫でて古い角質を落としてあげても良いですね。

③全身を拭く

化粧水をたっぷり含んだお顔でも、まだフタをされていません。

その為、オイルや化粧水が肌になじんだら、余計な水分をササッとふき取って素早く着替えを済ませ、次の工程へ移りましょう。

髪の毛には洗い流さないトリートメントを塗ってタオルを巻いておけばOK!

④美容液・乳液をつける

せっかく化粧水で補った水分を逃がさないように、乳液や美容液などの油分ですばやく肌に蓋をします。オイルや目元美容液などのスペシャルケアもココでしていきましょう。

丁寧になじませたらヘアケアやマッサージ、ストレッチなどをしてようやくひと段落です。
気になるひじやひざ、かかと等をもう1度保湿しなおしてあげるのも良いですね。

赤ちゃんの肌ケアには注意が必要

赤ちゃんの肌ケアには注意が必要

『大人の肌ケアは分かったけど、赤ちゃんの場合はどうしたらいいの?』という疑問にお答えして、最後に赤ちゃんの肌ケアのポイントや注意点をお伝えします。

パッチテストを行う

◇洗ってあげる時の注意点

赤ちゃんの肌は大人と違い、デリケートで弱いのが特徴です。
洗ってあげるときは必ず赤ちゃん用のボディソープやせっけんをつかいましょう。
生後1か月位まではベビーバスを使った沐浴が安心です。
また赤ちゃんならではの肌トラブルとして

柔らかく傷つきやすい
汗で荒れやすい
おむつでかぶれやすい

という点があります。

1度かぶれてしまうと痛みやかゆみが伴い、赤ちゃんがお風呂を嫌がってしまいます。
そうなる前に赤ちゃんに合わせた肌ケアをしてあげることが大切です。

また洗ってあげる際は手のひらやガーゼを使って優しく、腕や首などのシワも丁寧に洗ってあげましょう。

保湿時の注意点

赤ちゃんの肌は大人以上に乾燥しやすいと言われていますから、赤ちゃんの肌にもしっかりと保湿をすることが大切です。

とくに5月~9月時期はあせもに悩む赤ちゃんが多いので、さっぱりタイプの保湿剤を使うなどの配慮が必要になってきます。

赤ちゃん用の保湿剤は低刺激や無香料・パラベンフリーなどが主流ですが、手や足などの赤ちゃんがなめてしまう可能性があるところにはなるべく市販の保湿剤は塗らないようにしましょう。

どうしても手指などの乾燥が気になるときは、赤ちゃんがなめても大丈夫なココナッツオイルなどがおすすめです。

あまりにも乾燥がひどい場合は小児科に相談しましょう。

まとめ

まとめ


お風呂上がりのスキンケアは時間との勝負なので入浴後は大変ですが、正しい工程を知ってルーティン化してしまえば案外楽ちんです。

少し工夫すれば乾燥は防げますし、時短の為にフェイスパックやオールインワンなどに任せてもOK。大切なのは「肌の水分を逃がさないこと」です。
入浴中の水分補給も、体の水分量を保ったりデトックスに繋がるのでオススメですよ。

また赤ちゃんには赤ちゃんに合わせた肌ケアが必要なように、大人の肌にもそれぞれの肌質に合わせた肌ケアがありますからいろいろと研究してみてくださいね。
正しいスキンケアを知って、赤ちゃんのような肌を目指しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE