赤ちゃんに水道水を飲ませても大丈夫?飲ませるときの注意点とは

子育て中のママパパにとっては、赤ちゃんのミルクを作る際にどんな水を使えばいいのか、水分補給が必要になった赤ちゃんに何を飲ませればいいのかなど、赤ちゃんが口にする水への疑問は多いですよね。蛇口をひねれば出てくる水道水で問題ないのであれば、一番身近で便利なはず。

そこで今回は、赤ちゃんに水道水を飲ませてもいいのか、また飲ませるときの注意点についてお伝えします。

赤ちゃんの水分補給の必要性

離乳食が始まる頃までの赤ちゃんは、基本的には母乳やミルク以外の水分は不要とされています。しかし、離乳食が始まって母乳やミルクの回数・量が減ってきてからや汗をかいたとき、入浴後には適度な水分補給が必要になってきます。また、ママのおなかにいるときにもらった免疫が減少し始めるのは生後6ヶ月頃。この時期を過ぎると、体調を崩しやすくなるため、その際の水分補給も欠かせません。

赤ちゃんに水道水を飲ませても大丈夫?

では、身近にある水道水を赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのでしょうか。日本の水の安全性も含めて、詳しく見ていきましょう。

-日本の水道水は世界一安全
日本では、安全な水を提供するために「水道法」という法律が設けられています。これによって、水道水の品質と安全性がきちんと管理されているのです。これには浄水場が大きな役割を担っていて、水の汚れをきれいに取り除き、塩素を使って雑菌を消毒するなどして、200種類以上の検査項目をクリアしたうえで私たちの家庭に届けられています。 世界中を見て水道水を飲めるのは15か国程度のようです。

水道水から独特の匂いがするのは、このとき使用される塩素が原因。塩素を体内に取り込んでも大丈夫?という不安もあると思いますが、この濃度についても人間の体に害がない範囲で水道法に定められています。つまり、基本的にはそのまま水道水を口にしても問題はなく、安心であるということです。

-赤ちゃんに水道水を飲ませるなら白湯にする
ここで注意していただきたいのは、水道水を飲むのが誰かということ。大人にとっては害がない濃度の塩素ですが、赤ちゃんも同じ基準で考えてはいけません。赤ちゃんの胃腸は未発達なので、そのままの水道水を飲ませてしまうと下痢を起こすこともあります。

また、水道水には、塩素のほかに「トリハロメタン」という物質が含まれていますので、赤ちゃんが口にする前には一度沸騰させて取り除く必要があります。一度沸騰させてから冷ましたものを「白湯」と言いますが、これなら赤ちゃんが直接口にしても安心ですので、一手間かけてあげてくださいね。

-白湯の作り方と注意点
白湯は、水道水を10分以上沸騰させて作ります。ここで大切なのが沸騰させる時間。沸騰したのなら10分も沸かし続ける必要がないのでは?と思うかもしれませんが、水道水に含まれる有害物質を完全に取り除くためには欠かせないプロセスなのです。その理由は、これらの物質が、5分程度沸騰させたところで一時的に濃度が上昇する性質があるため。それを再度減少させるための時間が10分というわけです。そのため、電気ポットで沸かすような場合には、数回スイッチを入れて繰り返し沸騰させるようにしましょう。

なお、白湯は塩素を取り除いているので、放置しておくと菌が繁殖します。できればすぐに使い切ることが望ましいのですが、時間がないのであれば、作った白湯を清潔な容器に入れて常温または冷蔵庫で保存しましょう。ただし、必ずその日のうちに使い切るようにしてくださいね。そして、冷蔵庫で冷やす場合、人肌程度に温めてから飲ませてあげるようにしましょう。

ミネラルウォーターとピュアウォーターならどっち?

ミルクの調乳や水分補給に、ペットボトルの水を使うご家庭もあるでしょう。そこで知っておいていただきたいのが、ミネラルウォーターとピュアウォーターとの違いです。この違いは、ミネラルを含むか含まないかというもので、ミネラルを多く含むのがミネラルウォーターで、いわゆる硬水と呼ばれるもの、ミネラルが少ないのがピュアウォーターで軟水と呼ばれるものです。さらに、ピュアウォーターには2種類あり、加熱した水蒸気を冷却して作る蒸留水と、逆浸透膜を利用して作る浄化水にわかれます。安価で手に入るピュアウォーターは後者が多いようです。

では、どちらが赤ちゃんの体にいいと思いますか?大人であれば、健康のためにとミネラルウォーターを選ぶかもしれませんが、実は赤ちゃんの体にやさしいのはピュアウォーター。その中でも、蒸留水であればそのまま飲ませても大丈夫です。これは、ミネラルを多く含む水を飲むと、下痢やアレルギーの症状を引き起こすことがあるため。赤ちゃんが飲む水は、大人基準で選ばないように気にかけてあげましょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんに水道水を飲ませてもいいのか、飲ませるときの注意点についてお伝えしました。基本的に、日本の水道水は安心して飲めるものですが、赤ちゃんの体はさまざまな機能が未熟。白湯にしてから口に入れてあげる必要があります。少し手間がかかりますが、赤ちゃんの健康のためにも気をつけてあげてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE