赤ちゃんにもニキビができる!?ニキビの原因や対処法を解説

赤ちゃんの肌は、ツルツルスベスベの印象があるかもしれません。しかし実は、生まれてからしばらくは、ニキビなどの肌トラブルが起きやすい時期でもあります。

そこで今回は、赤ちゃんのニキビはなぜできるのか、できてしまった場合の対処法や注意点についてお伝えします。

赤ちゃんのニキビは「乳児湿疹」

生まれたばかりの赤ちゃんは、ホルモンの影響によって皮脂分泌が活発な場合があります。これは新生児特有の「胎脂」です。この胎脂によって毛穴に皮脂が詰まり、炎症を起こしている状態が新生児のニキビで、「乳児湿疹」と呼ばれるものです。そこでまずは、2種類の乳児湿疹について見ていきましょう。

-新生児ニキビ
新生児ニキビは「新生児座瘡」とも呼ばれ、生後1週間~1ヶ月にできやすい傾向があります。大人のニキビに似ていて、顔に赤や白のポツポツができ、場合によっては膿をもつことも。

余分な皮脂を取り除きながら清潔に保っていれば自然と治りますが、悪化してしまった場合には、小児科や皮膚科を受診してみましょう。重症と診断されると、抗生物質を処方されます。

-脂漏性湿疹
新生児ニキビは顔にできるものですが、生後1ヶ月を過ぎると、頭皮にまで赤いポツポツが広がり、白色や黄色のフケやかさぶたのような炎症ができることがあります。これは「脂漏性湿疹」と呼ばれ、新生児ニキビ同様、皮脂の量が多いことによって起こるものです。また、頭皮だけでなく、眉毛にも症状が出やすいという特徴もあります。

ママパパとしては、赤ちゃんの頭にフケやかさぶたのようなものがついていれば、つい取り除いてあげたくなると思いますが、無理に剥がすのは絶対にNG!下の皮膚が傷ついて回復が遅れることもありますし、別の炎症を引き起こしてしまうことがあります。

そのため、入浴前にオイルやワセリンでふやかしてから、シャンプーの際に取れやすくしてあげましょう。また、1回できれいに取り除くのは難しいので、複数回にわける気持ちでケアしてあげてくださいね。

赤ちゃんにニキビができた場合の対処法

それでは、新生児ニキビができた場合の対処法について見ていきましょう。そもそも新生児ニキビの原因は、過剰な皮脂が毛穴に詰まったことによるものですので、その毛穴詰まりを適切にケアすることがポイントです。

-洗顔で余計な皮脂を取り除く
まずは、洗顔で余計な皮脂をきれいに取り除いてあげましょう。ベビー用の石鹸をしっかりと泡立てて、手で撫でるように洗ってあげてください。その際、ガーゼやタオルなどを使ってゴシゴシ擦るのは逆効果。必要な皮脂まで取り除いてしまうので、逆に過剰な皮脂が分泌されてしまいます。

赤ちゃんの顔に石鹸を使うのは不安があるというママパパもいるかもしれませんが、しっかりと泡立てた石鹸であれば、そう簡単に液だれしませんので、ぜひ落ち着いてチャレンジしてみてくださいね。

-しっかり保湿する
「皮脂が多いのに保湿?」と思うかもしれませんが、これは、肌を正常な状態に戻すことで、過剰な皮脂分泌を抑えることが目的です。清潔な手に必要な量の保湿剤を取り、やさしく塗り広げてあげましょう。

とくに入浴後は、体の表面の水気とともに皮膚の水分も奪われやすくなりますので、とても乾燥しやすいタイミングでもあります。お風呂から上がったら、できるだけ早く保湿ケアを行うようにしてくださいね。

Fam’s Babyのアイテムは、生後5日目の赤ちゃんの肌にも使える安心成分で作られています。また、バリア効果が長時間続くので、何回も塗りなおす必要がなく、毎日の保湿ケアが簡単です。多くの助産院や助産師でも使われているという実績もあり、安心して赤ちゃんのケアに使えるおすすめのアイテムです。

赤ちゃんのニキビに市販の薬を使ってもいいの?

小児科や皮膚科に行くほどではないけれど、早く治してあげたいから市販薬を使ってみようかと考えるママパパもいるかもしれません。ですが、市販の薬に含まれる成分が、必ずしもニキビを改善させるためだけのものとは限りません。赤ちゃんの肌に負担をかけないためにも、まずは事前に医師や薬剤師に相談してみてくださいね。

赤ちゃんにニキビができているときの注意点

最後に、ニキビができているときの注意点を確認しておきましょう。

-赤ちゃんの肌に触れるものは清潔に保つ
衣服や布団、タオルなど、赤ちゃんの肌に直接触れるものは清潔にしておきましょう。皮脂が付着すると、酸化してベタベタするのでホコリもつきやすくなります。せっかくきれいに洗顔しても、また顔を汚してしまうことになりますので注意してくださいね。

-赤ちゃんが快適な室温にする
部屋が暑すぎると皮脂分泌が活発になりますので、適度な室温を維持してあげましょう。寒い時期だからといって、厚着をさせたり布団をかけすぎたりするのも気をつけてください。

まとめ

今回は、赤ちゃんのニキビができる原因や、できてしまった場合の対処法についてお伝えしました。新生児ニキビは、赤ちゃんの過剰な皮脂分泌によるものですが、生後2ヶ月くらいには治まってくることがほとんどです。その間は、皮膚の余分な皮脂を取り除き、しっかり保湿することで正常な肌の状態を維持できるようにケアしてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE