赤ちゃんの大きな泣き声!イライラの対処法や泣き声に関する注意点を解説

赤ちゃんがいる家庭にとって、赤ちゃんの成長に寄り添えることは非常に喜ばしいことでしょう。些細な成長であっても、大きなことに感じることと思います。しかし、赤ちゃんの意思表示である泣き声は、親にとってはストレスに感じてしまうこともあり、赤ちゃんが泣くことと、どのように向き合うかが、子育てを大きく左右するものでもあります。

そこで今回は、赤ちゃんの泣き声に対する対処法や注意点を解説します。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんの泣き声はとにかく大きい!

赤ちゃんは言葉を話すことができないため、泣くことによって意思を伝えますが、そのときの赤ちゃんの泣き声は、小さな身体からは驚くほど大きなものです。毎日幾度となく繰り返される赤ちゃんの泣き声は、親自身を苦しめてしまう場合もあり、ひどい場合ではノイローゼを起こしてしまうこともあります。

赤ちゃんの体調や健康を守るためだけではなく、親自身も守るためには、赤ちゃんの泣き声に対して対処法を考えておく必要があります。

赤ちゃんの泣き声は伝えたい内容によって違う

赤ちゃんは脳が未発達なため、大人と同じように言葉を使えません。そのため、何かを伝えたいときには、泣くことによって意思を伝えようとします。

しかし、赤ちゃんは、ただ泣くだけではなく、伝えたい内容によって泣き声に微妙な変化があるのです。たとえば、おなかがすいたときの泣き声とびっくりしたときやおむつが汚れているときでは多少の違いがあります。

赤ちゃんの泣き声と毎日向き合っている親にとっては、赤ちゃんが何を伝えたいのかを感覚的に感じとれることでしょう。

赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまったら?

子育てを行う中で、泣き声にどうしてもイライラしてしまうこともあるでしょう。そのようなときは、一度外の風を浴びてみたり、定期的に気分転換をしたりすることが大切です。気分転換をすることで、イライラした気持ちをリセットし、赤ちゃんに優しく向き合えるはずです。

親がストレスを感じた顔をしていると、赤ちゃんはそれを見て、さらに不安になって泣いてしまいます。親にとっては、無理に笑顔を作ることは容易ではありませんが、ストレスを定期的に発散することで、穏やかな気持ちを維持できることでしょう。

赤ちゃんの泣き声はご近所トラブルに発展することも…

赤ちゃんの泣き声は、非常に大きなものであるため、とくにマンションやアパートではご近所トラブルに発展してしまう恐れもあります。家族にとってもストレスを感じてしまう赤ちゃんの泣き声は、他人のご近所さんにとっては、さらにストレスになることから、ご近所への配慮も必要です。

赤ちゃんが大声で泣くようになったときや、夜泣きが始まりそうになったときは、事前にあいさつ回りなどをしておくことによってトラブルのリスクを抑えられます。誰だか分からない家族の赤ちゃんが泣いているよりも、顔を知っている家族の赤ちゃんのほうが、相手に与えるストレスは小さなものになります。

赤ちゃんの泣き声が家の外に漏れるのを対策する方法

赤ちゃんの泣き声が、ご近所に与えるストレスを最小限にするためには、泣き声が家の外に漏れるのを対処することが必要です。そのために必要なことは防音対策であり、壁や窓、床に工夫をすることで防音効果を得られます。

-壁の防音性能を高める
アパートなどでは、壁が薄いことにより、赤ちゃんの泣き声だけでなく、生活音までも聞こえてしまう場合があります。大きな音は、お隣さんに迷惑をかけてしまうことから、防音対策を行う必要があります。

壁の防音には、吸音シートの使用がおすすめです。壁に貼るだけで防音効果を得られます。お隣さんとのトラブルを未然に防ぐためにも、吸音シートを活用して防音を行いましょう。

-床の防音性能を高める
床への音は、下の階に住んでいる方に迷惑になってしまいます。音は赤ちゃんを中心に全方向に発信されるため、壁だけでなく床への対策も必要です。

床の防音対策には、吸音マットの使用がおすすめです。吸音マットを使用することで、床に直接赤ちゃんの泣き声が響くのを防いでくれます。

お隣さんへの配慮だけでなく、下の階への配慮も行いましょう。

-窓の防音性能を高める
赤ちゃんの泣き声を気にするのは同じ建物の住人だけではないため、近隣の建物に住んでいる住人に対しての配慮も必要になってきます。そのためには、窓の防音性を高めることが有効です。

窓は本来ガラス一枚の構造になっているため、音を防ぎにくいものとなっています。そのため、防音フィルムを貼ることで、窓からの音漏れを最小限に抑えられます。

近隣住民とも円満な関係を築くためにも、最大限の配慮を行いましょう。

-防音テントを使用する
壁や床、窓の対策以外にも、赤ちゃん用の小さな防音テントを使用して防音対策を行えます。防音テントは泣き声を外に漏らさないという面では非常に優秀ですが、狭い圧迫感から、赤ちゃんが余計に不安を感じてしまう場合があるため、使用には注意が必要です。

まとめ

赤ちゃんが何かを伝えようと泣くときは、非常に大きな声を発します。大きな泣き声にストレスを感じてしまうこともあるかもしれませんが、優しく向き合ってあげることが大切です。さらに、近隣住民とのトラブルを回避するためにも、事前の対策はとっておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE