谷間にかぶれができる3つの原因とオススメケア方法

谷間にかぶれができる3つの原因とオススメケア方法

谷間は、女性らしいボディラインを演出できる大切な部位です。

大きさや形はもちろんのことですが、潤いのある艶やかな肌であることも女性にとっては大切なポイントになります。
そんな谷間がかぶれや肌荒れを起こしてしまう原因とは何なのでしょうか?

谷間かぶれの原因やケア方法を知り、自信を持って露出できる谷間を手に入れましょう!

谷間・バスト周りがかぶれる3つの原因

・汗によるかぶれ
谷間は肌同士が触れ合う部位なので、汗をかくとそのまま蒸発せずに肌に残ってしまうことがあります。
肌に残った汗は蒸れ、雑菌を繁殖させて肌を刺激し、かぶれを招いてしまうのです。
これは夏に限ったことではなく、緊張している時などのじわっとかいてしまう汗も肌に残るので、年間を通して汗でかぶれができる可能性があります。

・摩擦によるかぶれ
バスト周りは、ブラジャーや肌同士の摩擦が発生しやすい部位です。
ブラジャーの形やサイズが合っておらずバストをしっかりサポートできていないと、歩く、走る、物を取るなどの動作で服とバストが擦れてしまいます。
谷間の中央ではなく皮膚が触れ合っている面がかぶれている場合、摩擦が原因になっていることが多いです。

・下着によるかぶれ
ブラジャーに洗剤が残っていることで、肌を刺激することがあります。

また、通気性の悪い素材のブラジャーを常に付けていると、汗や熱がこもり谷間やアンダーバストが荒れやすくなるのです。
肌が弱い方は、素材が原因でかぶれてしまうこともあります。

「毎日」が重要! 谷間ケア方法

「毎日」が重要! 谷間ケア方法

肌荒れの無い谷間をキープするには、毎日のボディケアが欠かせません。
ツルツルの谷間を手に入れるために、バストに負担の少ない環境を整えてあげましょう。

・入浴中に汚れを落とす
胸元は、全身の中でも皮脂が多く分泌される部分です。
湯船に浸かる際は一度胸元まで浸かり、肌を温めて毛穴を開かせ余分な皮脂と汚れを洗い流しましょう。
体を洗う時は手のひらで優しく洗い、摩擦で肌を傷つけないように注意してください。

・ベタ付かないムースで肌を強化
摩擦や汗は、生活をしているとどうしても避けられないこともあります。
下着を着ける前に、角質に浸透して肌バリアを強化するムースを使用して肌ケアを行いましょう。
肌付きがサラサラとしていて、汗をかいても落ちにくいものを使用すると1日中かぶれの原因に負けない肌をキープできます。

・フィットするブラジャーを選ぶ
ブラジャーは毎日つけるものなので、形が合っていないとそのブラジャーを付ける度に肌に負担がかかります。
自分のバストの大きさや形に合っているものを選び、肌に負担を与えないようにしましょう。
自分の正確なバストの大きさを知らないという人は、一度下着専門店で測ってみるのもオススメです。

女性の象徴であるからこそ、周囲の視線を集めやすい谷間。
毎日のボディケアを徹底し、誰もが羨むような谷間を手に入れましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加