妊娠中に便秘になりやすいのはなぜ?便秘の原因や解消法をご紹介

妊娠中に便秘になりやすいのはなぜ?便秘の原因や解消法をご紹介

妊娠中は、体にも心にもさまざまな変化が起こります。その1つが便秘。きっと、妊娠前に快便だった妊婦さんほど気になりますよね。ですが、便秘には妊娠中に起こる体の変化が大きく影響しています。

そこで今回は、妊娠中に便秘になりやすい原因や便秘を解消する方法についてお伝えします。便秘がストレスにならないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠中に便秘になりやすいのはなぜ?

まずは、妊娠中に便秘になりやすい理由から見ていきましょう。

-ホルモンバランス
妊娠中には女性ホルモンが急激に増えますが、その1つが黄体ホルモンであるプロゲステロンです。これは妊娠に欠かせないホルモンですが、腸のぜんどう運動を低下させるという性質を持っています。

ぜんどう運動とは排便を促すために必要なものなので、これが低下すれば便が腸内にとどまる時間は長くなってしまうというわけです。また、プロゲステロンは腸からの水分吸収を増やすことで、体内に水分を蓄えようとします。これがますます便を固くする原因になり、排便しにくい状況を作り出してしまうのです。

-腸が圧迫される
おなかの中で赤ちゃんが大きく成長するにつれ、子宮も大きくなっていきますが、これによって腸が圧迫されることも便秘になりやすい原因の1つです。おなかが大きくなるにつれて便秘気味になってきた…と感じる場合には、これが原因の可能性も大きいでしょう。

-つわりによる食生活の変化
妊娠初期に多くの妊婦さんが経験するのがつわりです。多くの場合、吐き気や嘔吐を伴うので、それまでのような食事が摂れない時期が続きますね。そのため、食べる量が激減することによる便秘の可能性も考えられます。また、つわりのときには食べられるものを食べるという食生活になりますので、偏食になりがち。その結果、食物繊維や水分不足から便秘を引き起こすこともあるでしょう。

-運動不足
妊娠中は、次第に体を動かしにくくなることもあり、運動不足になりがちです。これによって腹筋の力が低くなり、便を排出する力が弱まることで便秘になることもあります。

-精神的なストレス
妊娠中は、ストレスを抱えがち。自分の体や心の変化に不安を感じたり、出産への恐怖やプレッシャーを感じたりすることでマタニティブルーになることもありますよね。ストレスが多いと自律神経が乱れがちになります。とくに、腸などの消化管は副交感神経の影響を受ける部分ですので、ストレスで副交感神経の働きが悪くなると腸の動きも弱くなってしまうというわけです。

妊娠中の便秘の解消法

では、妊娠中の便秘の解消法を見ていきましょう。普段の生活で気を付けることばかりですので、ぜひ試してみてください。

-十分な水分補給
水分が不足すると便秘しやすくなりますので、十分な水分補給を心がけましょう。最初の目標は1日1リットル以上。とくに、朝は腸の働きが活発になりやすい時間帯なので、起きたらすぐにコップ1杯の水を飲むことを意識してみてください。

妊婦さんは体を冷やしてはいけないので、冷たい飲み物を控えている方も多いと思いますが、少量なら問題ありません。便秘の解消のために、腸に適度な刺激を与えてあげましょう。

なお、いくら水分補給が大切とは言え、何を飲んでもいいというわけではありません。妊娠中のカフェインの摂りすぎにはさまざまなリスクがありますので、飲みすぎには注意してくださいね。

-食生活の見直しを
便秘を解消するためには、食物繊維を多めに摂ることが大切。野菜やイモ、海藻やキノコなど、食物繊維が豊富な食材を使うように意識しましょう。

また、柑橘類には便をやわらかくする効果があるので、食後のデザートにはミカンやオレンジがおすすめです。さらに、納豆やキムチな、ヨーグルトなどの発酵食品も取り入れて、バランスのよい食事を心がけてください。

-適度な運動を
運動不足解消には、マタニティスイミングやマタニティヨガもおすすめですが、ウォーキングなどの軽い運動でも十分。自宅でのストレッチもよいでしょう。体に負荷をかけすぎないよう、適度な運動を続けてくださいね。

-サプリを活用
食事だけでは摂取が難しい成分を効率よく体に取り込めるのがサプリメント。おなかの調子を整えてくれるサプリメントを活用するのもおすすめです。「これって飲んでいいの?」という不安があれば、医師や薬剤師に相談してみてくださいね。

-便秘薬を処方してもらう
なかなか出ない頑固な便秘の場合、産院で便秘薬を処方してもらうのもよいでしょう。妊娠中は服用できる成分が限られていますので、自己判断で市販薬を選ばないように注意してくださいね。

こんなときには受診する

一般的な便秘であれば大きな心配はいりませんが、激しい腹痛や嘔吐・発熱、血便などの症状を伴う場合には早めに受診するようにしましょう。合併症なども考えられますので、適切な処置が必要です。

まとめ

今回は、妊娠中に便秘になりやすい原因や便秘を解消する方法についてお伝えしました。

便秘は、妊娠中によくある悩み。とは言え、あまりにも長く続くのは不安ですし不快ですよね。食生活や水分補給、適度な運動を心がけて、わずらわしい便秘を解消していってくださいね。

自力で改善できなければ、便秘薬の力を借りるとい選択肢もおすすめです。医師が処方してくれる便秘薬なら安全ですので、ぜひ相談してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加