赤ちゃんのマスクはいつから?使用する際の注意点やかぶれ対策もご紹介

赤ちゃんのマスクはいつから?使用する際の注意点やかぶれ対策もご紹介

赤ちゃんにマスクを付けたいけれど、タイミングがわからない。このような悩みを持っている親御さんも多いのではないでしょうか。

今回は、いつから赤ちゃんにマスクを付けてもいいのか、マスクを付ける際の注意点、かぶれなどの肌トラブルにはどう対処すべきかなどを解説します。

赤ちゃんのマスクはいつからOK?そもそも必要?

赤ちゃんにマスクをしたいけど、いつからやっていいの?と悩んでいる方は多いでしょう。あるいは、そもそも赤ちゃんにマスクは必要なのかと考えている方もいるかもしれません。

結論からいえば、おおむね1歳半くらいからが目安です。当然、病気の予防にも効果があります。ただ注意すべきこともあるため、観察しながら付けていく必要があります。

風邪やインフルエンザが流行る時期になると、赤ちゃんに感染するのではないかと不安になりますよね。手洗いうがいなど大人ができるような対策を行うことも難しいですし、だからといって外に出さないというわけにもいきません。

そこで役立つのがマスクですが、実は呼吸困難などのリスクもあるのです。実際に赤ちゃんにマスクを付けることに関して賛否両論あり、どちらかといえば反対が多い印象です。

赤ちゃんが嫌がったり、吐き戻しをしたり、呼吸が苦しそうであったり、こうしたタイミングでマスクを付けていると非常に危険です。効果があるのはたしかですが、商品の注意事項や病院の先生の判断などを参考に、注意深く導入していくことが求められます。

赤ちゃんに付けるマスクの種類と選び方

赤ちゃんのマスクには、立体型(ドーム型・顔の形に合わせたもの)と平面プリーツ型(大人と同じサイズの一般的なもの)、ガーゼ型があります。

はじめてマスクを使用する赤ちゃんには、立体型(ドーム型)マスクがおすすめです。呼吸がしやすいような作りになっており、肌にも張り付かないため、呼吸の邪魔になりません。肌触りもよく耳が痛くならないように設計されているものもあるため、赤ちゃんが嫌がらないと評判です。

ある程度、慣れてきたら平面プリーツ型のものを使用してもよいでしょう。大人と同様の形なので注意点もありますが、早めに慣れさせておくメリットもあります。

肌が敏感でかぶれやすい赤ちゃんには、ガーゼマスクがおすすめです。後述しますが、ガーゼマスクだと化学繊維を含んでおらず、肌に優しい作りです。

赤ちゃん用のマスクを手作りする方法

ここでは、赤ちゃん用の平面ガーゼマスクの作り方を紹介します。

-準備するもの
まずガーゼを準備しましょう。市販されているものはWガーゼといってガーゼ生地が2重になっているものがほとんどで、上記でも説明したとおり、赤ちゃんにも優しい素材です。赤ちゃんが好きそうなデザインを選んであげましょう。

次にゴムを準備。ゴムも100円ショップなどで購入することができます。

-作り方
まず生地を準備して、水を通しましょう。水を通すことで、洗濯で縮むことを最小限にできます。洗面器などで30分くらい漬けておき、軽く絞って干しましょう。

次に生地を切断します。赤ちゃん用だと「横40cm×縦18cm」程にカットしましょう。切った後はアイロンをかけ、マスクサイズに折りたたみます。縦横それぞれ3等分で行うとちょうどよいです。

サイズ感が決まったら、次は縫います。端から1.5cmほどの場所を縫いましょう。ミシンの場合は、両端は返し縫いをして丈夫に。手縫いの場合も両端は何度も縫い込んで耐久性を高めましょう。

最後にゴムを通します。100均などで売っているゴム通しを使って通しましょう。長さを調節しながら、結び目は見えないように隠すことがおすすめです。マスクの表面にワッペンなどを付けると、より個性的なデザインとなり赤ちゃんが喜ぶこと間違いなしです。

赤ちゃんにマスクを付ける際の注意点

赤ちゃんが安全にマスクを付けるためには、保護者の配慮が不可欠です。ここでは、赤ちゃんにマスクを付ける際の注意点として2つをご紹介します。

-赤ちゃんから目を離さない
赤ちゃんにマスクを付けるときは、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。寝ているときや、体調が悪いときなどは窒息のリスクも高く、注意が必要です。赤ちゃんの体調は、急に変わることもあります。そのため、大人が側にいるときにしましょう。

-毎日清潔なマスクに交換する
大人でも同様ですが、同じマスクを何日も付けていれば、マスクに殺菌が多く付着します。予防目的でマスクを付けているのに感染してしまうということになりかねません。毎日洗濯して、清潔なものを使いましょう。

赤ちゃんの肌がマスクでかぶれてしまうときの対処法

赤ちゃんの肌は非常に繊細です。大人でも敏感肌の方は苦労しておられるでしょうが、赤ちゃんはさらに敏感といっても過言ではありません。そのため、赤ちゃんがマスクをする際は、マスクの素材選びとともに保湿クリームなどで保湿することが重要です。

マスクは、化学繊維を使用していないものを選ぶことが重要です。化学繊維が使用されてない100%シルクのマスクや敏感肌用のコットンガーゼマスク、低刺激マスク、手作りマスクなどがおすすめです。一番おすすめなのは、手作りマスクを使用すること。市販でもさまざまな種類のガーゼが売っているので、購入しアップリケなどを縫い込めば、赤ちゃんも喜んで付けてくれるでしょう。

マスクを敏感肌用にしても肌がかぶれてしまう赤ちゃんもいますよね。そんなときは、保湿クリームやワセリンなどで保湿し、かぶれ対策を行うことが重要です。

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームは、そんな肌の悩みを根本的に解決してくれます。本商品は、肌にバリアを作って摩擦からも守ってくれます。主に肌トラブル予防がメインですが、肌トラブルが治ると評判です、しかも、いわゆる「かぶれなどの肌荒れを治す成分」は入っておらず、赤ちゃんが自力で治す力(自然治癒力)を高めることを重要視しています。無香料・無着色・低刺激・パラベンフリーを実現しており、肌が敏感な赤ちゃんにぴったりな特徴。もちろん、うっかり舐めてしまっても問題がない成分なので、親御さんも安心して使用できます。近年では医療の現場でも注目されており、病院での使用も目立ちます。

なお、マスクかぶれによる口周り以外にも、ほっぺや頭皮、おしり、関節など全身に塗ることが可能です。これ一本で赤ちゃんの全身にくまなく保湿ができます。かぶれ対策には最適な商品といえるでしょう。

まとめ

赤ちゃんは免疫力が弱いこともあり、感染症等の心配が尽きないですよね。ただ、各々の赤ちゃんによって注意すべき点があるのも事実です。とくに吐き出しの際や呼吸が苦しそうなときにマスクを付けていると、最悪の場合、窒息してしまうこともあります。

また、かぶれなどの肌トラブルも心配です。対策をしなければ、肌はどんどん悪化していきます。今回ご紹介した注意点やかぶれ対策を参考にし、上手にマスクと付き合っていけるようになるとよいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加