エチルヘキサン酸セチルとは?効果・効能や安全性について解説

エチルヘキサン酸セチルとは?効果・効能や安全性について解説

「ベビー用」と明記されているローションやクリーム、オイルなどの赤ちゃん用アイテム。本当に安心して使えるものなのか、具体的に何が配合されているのかなど、気になるママパパも多いでしょう。そこで今回は、エチルヘキサン酸セチルについて、効果・効能・安全性がどのようなものかお伝えします。

エチルヘキサン酸セチルとは

エチルヘキサン酸セチルとは、2-エチルヘキサン酸と自然由来のセタノールを脱水してできるエステルで、以前はオクタン酸セチルと呼ばれていた化学合成油脂の一種です。化粧品の成分としてはエチルヘキサン酸セチル、医薬部外品に配合される際には「2-エチルヘキサン酸グリセリル」と表示されます。

エチルヘキサン酸セチルはどんな化粧品に含まれている?

エチルヘキサン酸セチルは、ベタつきの少なさや軽い感触、肌へのなじみやすさ、保湿効果などの特徴を持つことから、乳化系スキンケア化粧品やメイクアップ化粧品、ボディケア製品、ハンドケア製品など、私たちが日常的に使う多くの製品に使用されています。もちろん、赤ちゃん用のアイテムにも多く使用されており、ローションやクリーム、オイル、UVケア製品、沐浴剤などにも含まれています。

エチルヘキサン酸セチルの効果・効能

では、エチルヘキサン酸セチルの効果や効能を見ていきましょう。

エリモント効果が高い

エチルヘキサン酸セチルは、エリモント効果が高いのが特徴です。エモリエント効果とは、肌の表面に皮脂膜を張ることで角質層の水分が蒸発しないようにするというものです。これによって乾燥肌の対策になりますので、その結果、肌のターンオーバーやバリア機能を整えるという効果も期待できます。この効果から、エイジングケア製品にも多く使用されているのです。

しかし、エチルヘキサン酸セチルはあくまで水分の蒸発を防ぐものです。保水性があるわけではないという点に注意しておきましょう。

ベタつきがなく軽い使用感

エチルヘキサン酸セチルは、ベタつきが少なく軽い使用感であることに加え、肌なじみがよいのが特徴です。そのため、感触をよくすることを目的に、ほかの油分と配合されて使用されています。

エチルヘキサン酸セチルの安全性

米国化粧品工業会(CTFA)理事会によって、科学者の判断で化粧品成分の安全性を判定することを目的に設立されたCIR機構の化粧品成分総点検(Cosmetic Ingredient Review)によると、エチルヘキサン酸セチルについて次のような安全性データが得られています。

・皮膚への刺激性……ほとんどなし(軽度)
・眼への刺激性……ほとんどなし(データなし)
・アレルギー性……ほとんどなし(データなし)

皮膚への刺激性については、ヒト試験と動物実験で軽度の刺激性が確認されましたが、実験は未希釈のみで実施されたものです。一般的な化粧品では未希釈での使用はしませんので、適切な配合の範囲内であれば大きな問題はないと考えられています。

また、眼への刺激性とアレルギー性については、詳細データが不足しているため判定が難しいものの、安全性の基準を満たした成分として「医薬部外品原料規格2006」に収載されています。総合的に考えると、適切な配合量や使用方法の範囲であれば、安全性には問題ないと考えてよいでしょう。

エチルヘキサン酸セチルを使用する際の注意点

エチルヘキサン酸セチルは、基本的には赤ちゃんにも使用できます。しかし、本来油性成分でできているため、エチルヘキサン酸セチルを配合したクレンジング剤を乾燥肌の方が使用すると、必要な皮脂まですべて取り去ってしまい、肌トラブルを引き起こすこともあります。

赤ちゃんがクレンジング剤を使用するケースはないので、この点についての不安はないと思いますが、そもそも赤ちゃんの皮膚はとても薄く、バリア機能が未熟な状態です。どんなに安心できる成分で作られていても、場合によっては肌トラブルの原因となる可能性も考えておきましょう。

また、一つの製品にも複数の成分が含まれていますので、エチルヘキサン酸セチル以外の成分が原因で肌トラブルを引き起こすことも考えられます。そのため、赤ちゃんが初めて使う製品は、必ずパッチテストをするようにしましょう。パッチテストとは、製品に含まれる成分に対して、赤みやかゆみ、かぶれなどが起こらないかを事前に調べるためのテストです。

次にご紹介する方法を参考にしてみてくださいね。

① 清潔にした二の腕の内側に、少量塗る
お風呂上がりなどの肌が清潔なタイミングで、皮膚が薄くて敏感な二の腕の内側に製品を塗ります。その際、10円玉ほどのサイズで、しっかり肌に刷り込むイメージで塗っていきましょう。

② 3~4時間後、塗った箇所の様子を確認する
3~4時間経過したら、塗った箇所の様子を確認します。この段階で赤みやかぶれが出ている場合には、すぐに洗い流してパッチテストを終了してください。

③ 3日間繰り返す
翌日も入浴後の清潔な肌に製品を塗るということを繰り返して、3日間続けて異常がなければパッチテストは終了です。

パッチテストには複数のやり方がありますが、赤ちゃんの場合はより念入りに、3日間ほどかけて様子を確認しましょう。

なお、スキンケアアイテムのパッチテストでは、皮膚が薄い二の腕などに直接原液を塗りますが、せっけんやシャンプーのパッチテストの場合は原液をそのまま塗らないようにしましょう。この場合、原液を精製水で薄めたものを使用します。ガーゼに染み込ませて塗布するか、絆創膏のガーゼ部分に塗ってから貼ってあげてくださいね。

まとめ

今回は、エチルヘキサン酸セチルの効果や効能、安全性についてお伝えしました。エチルヘキサン酸セチルは、適切な配合量や使用方法の範囲であれば、安心して使用できる成分です。しかし、赤ちゃんの肌との相性は使ってみなければ断言できないのも事実です。使用前には、必ずパッチテストをして確認するようにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加