赤ちゃんにとって最適な湿度とは?湿度管理が必要な理由と加湿・除湿の方法

湿度の高い室内や乾燥した空気は、大人はもちろん、赤ちゃんにとっても不快なものです。では、赤ちゃんはどれくらいの湿度を好むのでしょうか?

今回は、赤ちゃんにとって最適な湿度や湿度管理が必要な理由、加湿・除湿の方法についてお伝えします。また、加湿・除湿を行う際の注意点もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんにとっての快適な湿度

赤ちゃんにとっての快適な湿度は、50~60%。実は、大人が快適に感じる湿度と同じです。おなかも空いていない、おむつも汚れていない、眠いわけでもないというタイミングで赤ちゃんがぐずるときには、環境の不快さを感じていることもあります。赤ちゃんが過ごすスペースには必ず温湿度計を置いて、確認できるようにしておくとよいでしょう。

湿度管理が必要な理由とは?

赤ちゃんにとって快適な湿度は、赤ちゃんにとって最適な湿度でもあります。

湿度が40%を下回ると、目や鼻、のど、皮膚が乾燥してきます。乾燥によって粘膜が弱くなっていることに加え、インフルエンザなどのウイルスの活動が活発になってしまうため、ますます感染リスクが高まってしますのです。粘膜を保護して感染しにくい状態を維持し、ウイルスの活動を抑制するためには、湿度を40%以上に維持する必要があります。

逆に、湿度が60%を上回ってくると、カビやダニが発生しやすくなります。室内にカビやダニが増えると、アレルギー疾患や感染症の原因にもなりますので要注意。また、同じ気温・室温でも、湿度が高いと熱中症のリスクが高まりますので、湿度を60%以下にする必要があります。

加湿する2つの方法

まずは、加湿の方法からご紹介しましょう。

-洗濯物の室内干しをする
もっとも手軽にできる乾燥対策として、洗濯物を部屋干しにするという方法があります。また、濡れたバスタオルなどを掛けておくだけでも、多少改善されるでしょう。しかしこの方法は、干した洗濯が乾いてしまえば終わり。十分な加湿効果が得られないこともあるので、「干したから安心」ではないことを理解しておきましょう。

-加湿器を使う
確実に加湿をするには、加湿器を使うのがおすすめです。単体で販売されているものもありますが、空気清浄機と一体型になっているものもあります。一体型なら設置スペースを取らずに済むので、赤ちゃんがいるご家庭にも人気です。

除湿する3つの方法

次に、除湿の方法をご紹介しましょう。

-除湿器を使う
除湿器は、エアコンほどの光熱費はかからずに除湿できます。さまざまな機能付きの除湿器が販売されていますが、除湿に特化したものであれば比較的費用も抑えられるでしょう。

-エアコンの除湿機能を使う
エアコンの除湿機能を使うという方法もあります。光熱費がかかりますが、すぐに湿気が減ったことを実感できる確実な方法です。

-換気する
換気をするというのも、一つの除湿方法です。閉めきった部屋は湿気がこもりがち。定期的に扉や窓を開けて換気するとよいでしょう。換気扇を使うのもおすすめですよ。

加湿・除湿をする際の注意点

最後に、加湿・除湿をする際の注意点を見ていきましょう。

-加湿・除湿しすぎない
加湿や除湿をしすぎると、最適な湿度の範囲から外れてしまうことがあります。エアコンや加湿器を使っている場合には光熱費もかさみますので、適度な範囲で使うようにしましょう。また、加湿しすぎると結露の原因になりますので、加湿器を設置する場所を変えたり、タイマーをセットしたりなどの工夫をしてみてください。

-エアコンはきれいに掃除してから使用する
エアコンは、きれいに掃除してから使うようにしましょう。定期的なフィルター掃除はもちろんですが、長年使っているエアコンであれば、一度専門業者にクリーニングしてもらうことをおすすめします。

-加湿器は定期的に手入れをする
加湿器は、水を入れて使うもの。その分、カビなどが繁殖しやすいリスクがあります。加湿の方法によってタイプが4つあり、それぞれ必要なお手入れの頻度が異なりますので、必ず説明書などで確認しておきましょう。そして、最低でも記載された頻度を守ってお手入れをするようにしてくださいね。

-乾燥対策を徹底する
肌の乾燥を抑えるには、スキンケアもおすすめです。特に、赤ちゃんは皮膚のバリア機能が未熟なので、乾燥が刺激となって肌トラブルを引き起こすことがあります。毎日のスキンケアで、赤ちゃんの肌をしっかり守ってあげましょう。

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームは、赤ちゃんの全身に使えるので、毎日のスキンケアにおすすめです。肌をバリアする機能が長時間続くのも魅力。ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は、赤ちゃんにとって最適な湿度や湿度管理が必要な理由、加湿・除湿の方法についてお伝えしました。赤ちゃんにとっての快適な湿度は50~60%。これは、健康を維持するために最適な湿度でもあります。エアコンや加湿器、除湿器などを上手に使って、赤ちゃんが気持ちよく過ごせる空間を作ってあげてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE