赤ちゃんに入浴剤を使っても大丈夫?使い始めの時期や選び方について解説

赤ちゃんを入浴させる際、入浴剤を使っていいかどうか、いつから使い始めてもいいのか、選び方のコツはあるのかなどを迷う方も多くいることでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんの入浴剤に着目し、使い始めの時期や選び方などについて解説します。

赤ちゃんにも入浴剤は使える?

大人にとっては普段の入浴で使用することが多い入浴剤ですが、赤ちゃんの入浴の際にも使用できます。一般的には、赤ちゃんの皮膚が安定してくる生後3〜4ヶ月ほどで使用を開始するのがいいといわれています。

赤ちゃん用の入浴剤は、汚れを落としてあげたいけれど石鹸やベビーソープでは刺激が不安に感じる場合や、お風呂上りの保湿力を高めたい場合に有効です。

-生後すぐに使える入浴剤もある
ベビー用品を扱うメーカーでは、赤ちゃん用の入浴剤も販売している場合もあるため、そのような入浴剤でしたら、0歳からなどでも利用できます。また、生後すぐの沐浴からでも使える沐浴剤も販売されているため、このようなものでしたら安心して使えるでしょう。

沐浴剤や赤ちゃん用の入浴剤を使い、赤ちゃんの肌を健康に保ってあげてください。

赤ちゃんに使う入浴剤の選び方

赤ちゃんの肌は、大人に比べて非常に繊細です。そのため、入浴剤ひとつとっても、肌に与える影響は強く、肌に合わないものを使用してしまうと、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

赤ちゃんの入浴に使用する入浴剤を選ぶ際には、以下のことを参考に選んであげてください。また、入浴剤使用後に万が一肌トラブルが発生してしまった場合には、すぐに流水で洗い流し、その後の使用は控えるようにしましょう。

-オーガニックな入浴剤を選ぶ
赤ちゃん用の入浴剤を選ぶ際には、安全性の高いオーガニックな商品を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんがお風呂に入っているときに、お風呂のお湯が目や口に入ってしまう場合があります。そのとき、添加物の多い入浴剤を使用していると、赤ちゃんにとって悪い影響を及ぼす恐れも。目や口に入る少しの量であっても、身体が小さく体重も軽い赤ちゃんにとっての影響は大きなものになってしまいます。

そのため、赤ちゃんの身体に入ってしまっても問題のない、オーガニックな入浴剤がおすすめです。

-保湿力の高い入浴剤を選ぶ
お風呂上りは保湿が重要になることから、保湿力の高い入浴剤を使用することで、スキンケアにも役立ちます。肌についた水分が蒸発するときに、同時に皮膚の水分も蒸発させてしまうことから、乾燥肌を引き起こす場合があります。

乾燥肌は痒みの原因にもなるため、保湿力の高い入浴剤を使用し、お風呂上りの乾燥を防いであげましょう。

赤ちゃんに入浴剤を使うメリット

石鹸やベビーソープに不安を感じる方にも使用できる赤ちゃん用入浴剤には、さまざまなメリットがあります。

-保湿、保温によるスキンケアができる
入浴剤を使用することにより、お風呂上りの肌の乾燥を防ぐ保湿効果をもたらしてくれます。また、冬の寒い時期は、保温効果のある入浴剤を使用することにより、湯冷め対策にも。

お風呂上りの乾燥は、肌トラブルの原因になったり、湯冷めは風邪の原因になったりもしてしまいます。入浴剤を使用することにより、それらのリスクを抑えることができるのです。

しかし、保湿効果の高い入浴剤の中には刺激が強い商品もあります。赤ちゃんの肌を守るために、事前に成分の確認を行うようにしましょう。

-水洗いでは落とせない汚れも落とすことができる
赤ちゃんは大人に比べて新陳代謝が激しいため、多くの汗や皮脂を分泌します。そのため、見た目はきれいでも肌も汚れており、水洗いだけでは油分をきれいに洗い流すことはできません。

そこで入浴剤を使用することにより、水洗いだけでは落とせない肌に付着した油分などの汚れもきれいに落とすことができます。

赤ちゃんの肌の汚れをきれいに落とせることから、肌トラブルの予防にもつながるため、適度に入浴剤を使用し、赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげましょう。

-湯船に入れるだけで手軽に効果を得られる
入浴剤は、湯船に入れるだけで、手軽に保湿、保温効果や洗浄効果をもたらしてくれます。湯船に入れるだけでそれらの効果を得られる入浴剤は、パパママにとっても大きなメリットとなることでしょう。

大きな手間をかけずに、大きな効果をもたらしてくれる入浴剤は、育児で忙しいパパママの大きな味方といっても過言ではありません。

赤ちゃんに入浴剤を使う際の注意点

上記のとおり、大きなメリットがある赤ちゃん用の入浴剤ですが、入浴剤を使用する際には、注意すべき点もあります。ここでご紹介する注意事項をしっかりと押さえ、安全な入浴を心がけてください。

-刺激の強い入浴剤に注意する
赤ちゃんの肌は大人の肌に比べて薄いため、非常にデリケートであり、刺激にも敏感に反応してしまいます。そのため、入浴剤を使用する際には、刺激の強い入浴剤は避けるようにしてください。刺激の強い入浴剤は、湿疹などの肌トラブルを招く恐れがあり、口や目に入ってしまうと非常に危険です。

使用する入浴剤は、上記でも解説しているとおり、刺激が少なく、万が一口や目に入ってしまっても問題がないものを使用しましょう。

また、直接的な肌への刺激だけではなく、強い匂いの入浴剤にも注意が必要です。赤ちゃんはさまざまな刺激に対して敏感なため、肌への刺激だけでなく、匂いによる鼻への刺激にも配慮しましょう。

-入浴剤で滑ることに注意する
入浴剤は保湿、保温効果を持たせるために、多少の滑り気が発生します。そのため、何も入れていないお湯と比較すると、滑りやすくなってしまうのです。

お風呂の中では赤ちゃんを抱っこすることから、万が一滑って落としてしまうと大きな事故につながってしまう恐れもあります。

石鹸で赤ちゃんの身体を洗うことと比較すると滑りにくいものの、思わぬ事故を引き起こしてしまう可能性もあるため、十分注意しましょう。

-お風呂上がりには保湿対策をする
お風呂上りは、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。肌の乾燥を予防するために保湿力の高い入浴剤を使用して赤ちゃんを入浴させますが、入浴剤だけでは保湿対策として十分とはいえません。

保湿力の高い入浴剤の使用に加え、お風呂上りにはスキンケアアイテムによる保湿が必要です。

保湿におすすめなのが、Fam’s Baby(ファムズベビー)のスキンケアアイテムです。これを使用することにより、保湿効果はもちろん、赤ちゃんの肌を守るバリアの役割もしてくれます。デリケートな赤ちゃんの肌を守るためにも、万全な保湿を行いましょう。

まとめ

入浴剤は赤ちゃんにも使用でき、使用することで保湿効果や保温効果などのさまざまなメリットが得られます。入浴剤を使用する際には、成分なども調べた上で、安全なものを使用してください。

また、お風呂上りのスキンケアも非常に重要であるため、おすすめの Fam’s Babyをぜひご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE