赤ちゃんにスリーパーを着させるメリットは?スリーパーの選び方や注意点を解説

赤ちゃんの動きが活発になってくると、布団の掛けなおしが大変ですよね。とくに、寒い時期は風邪をひいてしまうのではないかと、何度も起きてお世話を繰り返すママさんパパさんも多いのではないでしょうか。そんなお悩みにオススメなのがスリーパー。もちろん、絶対になければならないアイテムではありませんが、あればとても便利です。そこで今回は、赤ちゃんにスリーパーを着せるメリットや選び方、注意点についてお伝えします。

スリーパーって何?

スリーパーとは、簡単に言うと「着る寝具」のこと。就寝時に着用することで、簡易的な布団の役割を果たします。スリーパーには複数のタイプがありますが、基本的にはファスナーやスナップボタンで閉じるだけで着せられるので、扱いもとても簡単です。サイズさえ合えば大人でも使えますので、ペアで着ても楽しそうですね。

赤ちゃんがスリーパーを着るメリットとは?

それでは、赤ちゃんがスリーパーを着ることのメリットから見ていきましょう。

-動いてもはだけない
スリーパーの最大のメリットは、動いてもはだけないことです。夜中に何度も起きて布団の掛けなおしをしなくてもよいので、お疲れ気味な子育て中のママさんパパさんがぐっすり寝てしまっても安心ですね。どんなに足をバタバタしてもはだける心配がないので、寝冷えや風邪の心配が軽減されます。

-持ち運びが簡単
スリーパーは、本物の布団に比べるとかなりコンパクト。赤ちゃんを寝かせるために布団を持ち歩くことはできませんが、スリーパーなら持ち運びも簡単です。赤ちゃんも、おうちにいるような寝心地で安心できるでしょう。また、ブランケット代わりとしても使えるので、とても便利です。

-赤ちゃんの顔を覆わない
s もし顔に布団がかかったら、赤ちゃんは自力で動かすことができません。そのため、窒息につながる危険な状態でもあります。その点、スリーパーは顔を覆ってしまうような心配がありません。大切な赤ちゃんを窒息事故から守る効果も大きいと言えるでしょう。

赤ちゃんに着させるスリーパーの選び方

次に、スリーパーの選び方をお伝えしていきましょう。スリーパーを選ぶ際のポイントは、サイズ、タイプ、素材の3つです。スリーパーを手作りしようかと考えているママさんパパさんも、この3点を意識すれば、きっと大成功ですよ!

-サイズで選ぶ
まずは、サイズの選び方から。スリーパーは、赤ちゃんはもちろん、ある程度成長しても使うことができるアイテムです。そのため、ぴったりサイズというよりは、少し大きめのものを選ぶとよいでしょう。

実際に、一般的な衣服ほど細かいサイズで販売されているわけではなく、S、M、Lなどのようにざっくりと展開されていることがほとんどです。そのため、肩や胴回りのサイズを確認した上で、ある程度動きにゆとりが持てるものを選んであげれば問題ないでしょう。

-タイプで選ぶ
スリーパーは、着方の違いによって、横開きタイプ、前開きタイプ、2Wayタイプの3つにわけられます。

横開きタイプは、脇の部分で留めるもので、袖を通さなくてよいので寝たまま着せることができ、前開きタイプは前で留めるので、座ったり歩いたりしていても着せられます。また、2Wayタイプは裾の中央部分をボタンなどで留められるようになっているもので、ズボン感覚で着せられるというもの。

それぞれの特徴を踏まえて、赤ちゃんの成長に合わせて選んでみてください。

-素材で選ぶ
スリーパーそのものは1年中使うことができますが、赤ちゃんが快適に過ごすためには、季節に合った素材のものを選んであげましょう。秋冬には軽さと保温性に優れたフリース素材、春夏には通気性と吸湿性に優れたガーゼやタオル素材がオススメです。

ただし、ガーゼ素材の場合、重ねている枚数によっては生地の厚みが増して保温性が高くなりすぎることもありますので、適度な体温を保てるようなスリーパーを選ぶようにしてください。

赤ちゃんにスリーパーを着させる際の注意点

最後に、赤ちゃんにスリーパーを着せる際に気をつけておきたい注意点を見ていきましょう。

-赤ちゃんの好みに合わせる
ママさんパパさんからすれば、スリーパーは便利アイテム。ですが、すべての赤ちゃんが受け入れてくれるとは限りません。スリーパーそのものが苦手な赤ちゃんもいれば、素材やサイズが合わないことでスリーパーを着たがらなくなることもあります。また、中には寝返りが打ちにくいと感じて目が覚めてしまう赤ちゃんもいるようです。「せっかく買ったのに…」と残念に思う気持ちもあるかもしれませんが、このような場合は無理に着せるのはやめるか、ほかのスリーパーを探してみてはいかがでしょうか。

-厚着の上にスリーパーを重ねない
寝ている間に風邪をひかないようにと、厚手のパジャマを着た上にスリーパーを重ねてしまうと、赤ちゃんの体が温まりすぎて、必要以上に汗をかいてしまいます。場合によっては、汗をかきすぎることで脱水症状を引き起こすこともあります。そのため、スリーパーの中に着るものも気をつけてあげなければなりません。少なくとも、大人と同じ感覚で着るものを選ばないよう、注意してあげてください。

また、汗をそのままにしておくと、あせもの原因になります。赤ちゃんの肌はデリケートですので、放っておくと悪化することも考えられます。日頃から保湿をして、しっかり肌をケアしてあげるようにしましょう。

Fam's Baby(ファムズベビー)なら、お風呂上がりに塗るだけで、汗をかいても直接肌に触れさせないバリア機能が長時間持続します。日本人の子どもの肌に合わせて処方されて作られたスキンケア製品なので、新生児からの使用が可能です。大切な赤ちゃんを、肌トラブルから守ってあげてくださいね。

まとめ

今回は、赤ちゃんにスリーパーを着せるメリットや選び方、注意点についてお伝えしました。必須アイテムではないものの、あれば便利なのがスリーパーです。寝冷え防止はもちろん、ママさんパパさんにもメリットがいっぱいです。サイズやタイプ、素材を意識しつつ、赤ちゃんが快適に過ごせるスリーパーを選んであげてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE