赤ちゃんに靴下は必要?靴下を履かせる時期や選び方について

大人にとっては当たり前の「靴下」。ですが、赤ちゃんにも必要なものなのか、履かせないほうがいいのかと悩んでいるママパパも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、赤ちゃんにとっての靴下の必要性や履かせる時期、選び方のポイントや注意点についてお伝えします。

赤ちゃんに靴下は必要なの?

赤ちゃんは、温かくしていても手足だけ冷たいことがよくあります。大人からしてみれば寒いのではないかと心配してしまう症状ですが、多くの場合はこれが普通。そもそも赤ちゃんは体温調節が上手ではないのですが、手足で体温調節をするといわれています。

そのため、本当に体が冷えているのか温まっているのかは、背中やおなかの体温で判断してあげましょう。実際に体に触れてみることでわかりますが、多くの場合、実は体が冷えているわけではないケースがほとんど。つまり、基本的には、赤ちゃんに靴下を履かせる必要はないと思って大丈夫です。

とくに快適な温度を保っている室内では、季節に関係なく靴下の必要性はありませんので、裸足のままで過ごさせてあげてください。赤ちゃんが足の裏から得る刺激は、さまざまな感覚を知るための経験にもなりますので、できるだけ素足で生活するようにしましょう。

赤ちゃんに靴下を履かせるのはどんなとき?

基本的に、赤ちゃんには靴下を履かせる必要がないとお伝えしましたが、場合によっては履かせたほうがいいケースもあります。それでは、どのような場面で靴下を履かせるべきなのかを見ていきましょう。

-寒い日の外出時
外出時に、季節や気温、天候に合わせた服装で暑さ・寒さの対策をするのは大人でも同じですが、赤ちゃんの場合、ママパパが気にかけてあげなければなりません。いくら赤ちゃんに靴下は必要ないとはいえ、真冬のお出かけ時に裸足でいるのは寒いですし、乾燥やしもやけの原因にもなりますので、ぜひ靴下を履かせるようにしてください。

その際は、いくら寒くても靴下の重ね履きは避けるのがベスト。衣服での調整に加え、レッグウォーマーやブランケットなどを使って、適度な寒さ対策を行うようにしましょう。

-足の乾燥が気になったら
本来、赤ちゃんの肌はモチモチウルウルしているもの。ですが、季節や体調によっては、体の一部が乾燥気味になることもあります。そんなとき、靴下には赤ちゃんの足を乾燥から守る効果もありますので、ぜひ履かせてあげましょう。足首まですっぽり覆うタイプの靴下で、しっかり乾燥対策をしてくださいね。

-靴を履くようになったら
ある程度赤ちゃんが歩けるようになったら、そろそろファーストシューズの時期です。赤ちゃんにとってはじめての靴は違和感があるでしょうし、靴擦れの心配もあります。そこで、赤ちゃんの感じる不快感を軽減させられるのが靴下。このタイミングでは、ぜひ靴下を履かせてあげるようにしてください。

赤ちゃん用靴下の選び方

次に、赤ちゃん用靴下の選び方を見ていきましょう。デザインだけでなく、履いたときの快適さも意識して選んであげてください。

-靴下のサイズ
靴下のサイズが大きいとすぐに脱げてしまいますし、靴を履いた際にもたつく部分が多いので歩きにくくなります。また、小さすぎると足を圧迫するので窮屈感(きゅうくつかん)が強くなりますし、血流も悪くなります。

参考までに、月齢ごとの適応サイズをご紹介しますが、赤ちゃんの成長はさまざま。できるだけ実際に足のサイズを測って、購入するようにしてくださいね。

【月齢ごとの靴下のサイズ】

月齢 サイズ
0ヶ月 7~9cm
1ヶ月~5ヶ月 8~11cm
6ヶ月~11ヶ月まで 9~12cm
12ヶ月~ 11~13cm

-靴下の締め付け具合
靴下のサイズが合っていても、靴下によって締め付け具合が異なります。締め付けが強いと血行が悪くなりますし、赤ちゃんが窮屈に感じてしまいますので、締め付けが少なく、ゆったりと履ける靴下を選ぶようにしましょう。実際に靴下を履かせてみて、足首にゴムの跡がついてしまうようであれば、締め付けが強いとわかります。

-靴下の素材
靴下の素材は、吸湿性に優れた綿などがよいでしょう。また、季節を問わず履けるシルクの靴下もおすすめ。シルクの靴下は肌触りがなめらかで、吸湿性や放湿性に優れ、適度な弾力性があるので圧迫感を抑えることができます。冬場であれば、保温性と吸湿性、放湿性にも優れたウールの靴下もよいでしょう。

赤ちゃんに靴下を履かせる際の注意点

最後に、赤ちゃんに靴下を履かせる際の注意点を見ていきましょう。

-寝るときには履かせない
赤ちゃんは、体温調節が上手にできません。そのため、靴下を履いたまま寝ると、体内に熱がこもって体温が上昇したり、汗をかきすぎて脱水症状を引き起こしたりなどの危険が伴います。起きているときに靴下を履いていたとしても、赤ちゃんが眠りについたら必ず脱がせてあげてくださいね。

-肌トラブルに注意
素材が赤ちゃんに合っていなかったり、ゴム部分の締め付けがきつかったりすることが原因で、肌トラブルが発生することがあります。また、靴下内の蒸れで、あせもができてしまうことも。放っておくと悪化する場合もあるため、予防はもちろん、トラブルが起きてしまってからのケアも大切です。

Fam’s Baby(ファムズベビー)なら、お風呂上がりに塗るだけでバリア機能が持続。汗をかいても直接肌に触れさせず、赤ちゃんの肌を守ってくれます。肌トラブルの予防にも、トラブル後のケアにも使えるおすすめのスキンケアです。

まとめ

今回は、赤ちゃんにとって靴下は必要なのか、また、履かせる時期や選び方のポイント、注意点についてお伝えしました。

基本的に赤ちゃんには靴下は必要ありませんが、寒い日の外出時や乾燥対策、靴を履くタイミングなどでは、履かせてあげるようにしましょう。ただし、寝るときには必ず脱がすこと!体温調節がうまくできない時期ですので、ママパパが気にしてあげてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE