チャイルドシートの選び方とは?種類や価格の相場についても解説

赤ちゃんと一緒に車でお出かけをする際に必須なのがチャイルドシートです。さまざまな種類のチャイルドシートが販売されているため、これからパパとママになる人は「どれを選べばよいの?」と迷ってしまうのではないでしょうか。

車の中で快適に過ごすためには、状況に合ったものを選びたいところですよね。今回は、チャイルドシートの選び方のポイントや種類、そして価格相場などについて解説します。

チャイルドシートを使うのはいつからいつまで?

チャイルドシートとは小さい子どもを車の座席に固定させる補助装置のことです。通常の座席だと大きすぎて、シートベルトを装着できません。チャイルドシートを設置することで、安全にシートベルトを着けられるようになるのです。

現在日本では道路交通法によって、6歳未満の子どもへの利用が義務付けられています。また6歳以上であっても体が小さい場合は、継続して使用する方が好ましいです。

病院での出産後、車で自宅まで帰るときはシートを着けておく必要があります。ただし以下に当てはまるケースでは、6歳未満でも装着する必要がありません。

・バスやタクシーなどに乗る場合
・チャイルドシートを装着できない車に乗る場合
・ケガなどの負傷や、肥満などで着用が困難な場合
・緊急搬送する場合

チャイルドシートの種類

一口にチャイルドシートといっても、さまざまな種類があります。主な種類を見ていきましょう。

・シートのタイプによる種類分け
シートには大きく回転式と固定式の2タイプがあります。

回転式はシートを360度回せるのが特徴です。クルッとドア側に向けられるので、赤ちゃんの乗降がラクちんです。

固定式はシートを回せませんが、その分、軽量にできていることが多いです。取り外して持ち運びする機会が多い人にピッタリでしょう。

・取り付け方による種類分け
座席への取り付け方でも種類が分かれます。

ISOFIXタイプはシートに付属しているコネクターを、車の座席にある金具に差し込むだけです。ワンタッチで装着できるのが特徴です。ISOFIXに対応している車のみに限られますが、2012年7月以降に発売された車は対応しているでしょう。

シートベルトタイプは車のシートベルトで固定をするものです。2点式シートベルト以外であれば、ほとんど全ての車に装着できるのが特徴です。

・使用方法による種類分け
最後は使用方法による種類分けです。

車内のみで使えるタイプだけでなく、取り外してそのままベビーキャリーとして使用できるもの、そしてベビーカーに装着できるものもあります。車で眠ってしまった赤ちゃんを起こすことなく、シートごと取り外して外でも活用できるのは助かりますね。

チャイルドシートの選び方

安全に、そして快適に車内で過ごすためには、赤ちゃんに合ったチャイルドシートを選びましょう。選び方のポイントを全部で3つ紹介します。

・年齢に合ったシートを選ぶ
まずは年齢に合ったものを選ぶことです。年齢によって大きくベビーシートとチャイルドシート、そしてジュニアシートの3種類があります。

ベビーシートは生まれてから1歳ごろまで使用できるものです。身長は体重の目安は商品ごとに異なるので、購入前に必ず確認しておきましょう。

チャイルドシートは1歳~4歳ぐらいまで、そしてジュニアシートは4歳~11歳ぐらいまでを対象にしたものです。年齢や身長、体重に合ったシートを選ぶことで、安全に使用できるようになるでしょう。

・Eマーク付きのシートを選ぶ
Eマークが付いたものを選ぶことも重要なポイントです。Eマークとは国土交通省の安全基準をクリアした証拠です。国際基準と同等、もしくはそれ以上の基準をクリアしたものにだけ付けられます。商品を購入する際はEマークが付いているかどうかをチェックしましょう。

・クッション性、通気性に優れたシートを選ぶ
最後はクッション性や通気性に優れたものを選ぶことです。衝撃吸収材が使われたものであれば、まだまだ体が丈夫でない赤ちゃんの体を運転中の衝撃から守ってくれます。

また汗をかきやすいことから、体のあちこちが蒸れることも少なくありません。通気性に優れた商品を選ぶとよいです。メッシュ素材のものもおすすめです。

チャイルドシートの相場はいくら?

最後にチャイルドシートの相場をチェックしていきましょう。

生後1歳ごろまで使用できるタイプのものであれば、2万円~4万円ほどが相場です。ただしISOFIXタイプはシート以外に台座を購入する必要があるため、別途費用がかかることを覚えておきましょう。

もし頻繁に赤ちゃんを車に乗せる機会がない場合、レンタルする方法もあります。必要なときだけレンタルをすれば購入するよりも費用を抑えられ、また片付けたり処分したりする手間もなくなるでしょう。

まとめ

チャイルドシートは生後から6歳未満まで使用しなければいけません。回転式や固定式、ISOFIXタイプやシートベルトタイプなど多種多様な商品があるので、各家庭のニーズに合わせてピッタリなものを選ぶようにしましょう。

クッション性や通気性なども考えると、赤ちゃんも快適に車内で過ごせるようになります。近年はレンタルも可能なので、頻繁に車でお出かけしないのであればお得かもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP PAGETOP PAGE