皮膚が赤い? 赤ちゃんの皮膚が赤くなる原因

皮膚が赤い? 赤ちゃんの皮膚が赤くなる原因

赤ちゃんは言葉を発することができないので、自分に起きていることを泣いて知らせることしかできません。
原因不明だけど、赤ちゃんの皮膚が赤くなっている時、あなたならどう対処しますか?

赤ちゃんが発症しやすい症状を知っているだけで、原因に早くたどり着き対処することができます。
今回は、赤ちゃんの肌が赤くなる原因についてお話します。

知っておくべき! 皮膚が赤くなる主な原因4つ

知っておくべき! 皮膚が赤くなる主な原因4つ

赤ちゃんが自分で症状を話せない以上、ママがその変化にいち早く気づかなくてはいけません。
赤ちゃんは免疫力が低く体調の変化に弱いので、症状が悪化してしまう前にきちんと対処する必要があります。
皮膚が赤い場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

・新生児ニキビ
新生児ニキビは、その名の通り新生児に出来るニキビのことを指します。
思春期ニキビと同じような赤いブツブツ頬やおでこに現れ、場合によっては顔全体が赤くなってしまうことも。
生後1週間~1カ月に発症することが多いですが、ケアを徹底して清潔な肌を保てば、生後1、2カ月で自然と完治する場合がほとんどです。

皮脂の分泌が多い新生児は、過剰分泌された皮脂が毛穴に溜まってしまうことがあり、毛穴が炎症を起こしてしまうのが主な原因。
赤ちゃんは敏感肌なので、外部からの刺激や汚れが原因でニキビを発症することもあります。

・乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
乳児脂漏性湿疹は、顔や頭部に黄色がかったかさぶたのようなものができたり、フケのようなものが出てくるのが主な症状です。
赤ちゃん自身はかゆみを感じていないケースが多いですが、皮膚の呼吸を妨げたりして炎症を起こしてしまう場合は肌が赤く腫れあがったり、患部から汁が出てくることもあります。
原因は胎盤に居た時にお母さんからもらったホルモンの影響が残っていて、脂腺を刺激して過剰分泌してしまうこと。
生後4ヶ月までの赤ちゃんに多く見られ、こちらも成長と共に症状が軽くなる場合が多いです。

・あせも
「皮膚が赤い」と聞くと、最初にあせもを思い浮かべる方も多いでしょう。
赤ちゃんは新陳代謝が盛んなので、たくさんの汗をかきます。
首や背中、おしり、ワキなどの皮膚が赤い場合は、あせもを疑ってください。
汗をかきやすい赤ちゃんですが、汗腺が未発達なので汗が汗腺の出口に溜まりやすく、そのまま炎症を起こしてしまうのが主な原因です。
夏場などは特に症状が出やすくなるので、注意すると良いでしょう。

・食べ物などのアレルギー反応
数ある皮膚の赤みの中でも、アレルギー反応の場合は発見が遅れてしまいがちです。
口の周りや顔、全身に赤い発疹が現れたり、呼吸困難、下痢、嘔吐、発熱などの症状が現れます。
特定のものに対するアレルギー体質は、胎児の頃から形成される場合が多く、5歳までに発症するケースがほとんどです。
アレルギーの場合、免疫力の低い赤ちゃんにとっては重大な問題になる場合もあるので、注意して見守るようにしましょう。

また、国立成育医療研究センター「アトピー性皮膚炎について」の会見では、「空気中にあるアレルゲン」について興味深い見解を述べていました。
1つ目は、小麦、卵などの食べ物のアレルゲンは空気中にも浮遊していて、皮膚のバリア機能が低下している際に肌の内部に侵食して、体内で蓄積する恐れがあるということ。

しかし、しっかりと肌の保湿やベビーパウダーなどによるケアを行っていれば皮膚のアレルゲンの数値が下がることが分かっているので、日頃から肌のケアを怠らないことを徹底しましょう。
2つ目は、保湿や保護ケアを始める時期の話です。
生後4ヶ月から肌の保湿ケアを行った場合と、生後2か月からケアを行っていた場合では、アレルギー反応や肌荒れの発症に大きく差が出るそうです。
早期からのケアが未来のアレルギー反応を防止することに繋がるので、ぜひ早期からの保湿・保護ケアをオススメします。

出典元

もしかして?と思ったら

もしかして?と思ったら

部屋が暑いわけでもないのに皮膚が赤く、異常をきたしていると判断した場合は、できるだけ早めに診察を受けるようにして下さい。

特にアレルギーを疑う場合は、すぐに病院に連れて行きましょう。
一時的な症状ですぐに赤みが収まった場合も、赤ちゃんが泣いていた場合は再発する可能性があるので薬を処方してもらうことをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加