なぜ赤ちゃんは突然うなるの?原因と対処法をわかりやすく解説

なぜ赤ちゃんは突然うなるの?原因と対処法をわかりやすく解説

赤ちゃんは、ご機嫌でニコニコしていても突然うなり始めることがあります。原因がわからず困ってしまうママも多くいますが、「何か病気かもしれない…」と心配になる赤ちゃんのうなりには、どのような原因があるのでしょうか。

そこで今回は、突然うなり始めた赤ちゃんの原因と対処法を解説します。

赤ちゃんがうなる原因

赤ちゃんが突然、うなり始める…。ママとしては、ビックリする展開ですが、実は、いきなり赤ちゃんがうなり始めるのは珍しいことではありません。では、なぜ赤ちゃんは、突然うなり始めるのでしょうか。ここでは赤ちゃんがうなる原因を考えてみましょう。

-➀ガスが溜まっている
赤ちゃんは、母乳やミルクを消化するときに微量ですがガスを発生させます。このガスが便秘などによってうまく排出されず腸内に溜まると、苦しくなってうなることがあります。

-②空気が溜まっている
授乳が終わったあとにうなる場合は、ミルクと一緒に飲み込んだ空気をうまくゲップとして外に出せていないことが考えられます。赤ちゃんは、胃に空気が溜まると気持ちが悪くなるので、うなってしまうのでしょう。

-③うんちが出ることを教えている,
うんちが出そうになるとうなって教えてくれる赤ちゃんもいます。顔を真っ赤にしてうなっているときは、うんちを出そうと力んでいることが考えられるので、ママも準備しておきましょう。

-④うんちが出ない
生後2ヶ月頃になると、うんちの回数が減って便秘気味になることもありますが、腹筋の未発達な赤ちゃんは上手にうんちが出ないこともあります。そんなときに赤ちゃんは、うんちを出そうと一生懸命力み、うなってしまいます。

-⑤母乳やミルクの飲みすぎ
生後3ヶ月頃までの赤ちゃんは、満腹中枢がまだ発達していません。そのため、量が多くても母乳やミルクを与えられただけ飲んでしまい、苦しそうにうなり吐くこともあります。この辺は、お腹いっぱいに食べすぎたことで苦しむ大人と同じと考えられるでしょう。

-⑥母乳やミルクがおいしくない
授乳時に赤ちゃんがうなるのは、母乳やミルクがおいしくないと感じているからだという説もあります。ママが食べたものがダイレクトに母乳に反映されるので、赤ちゃんが授乳時にうなって眉間にしわを寄せているような表情をしたときは、前の日に食べたものを考えてみてはいかがでしょうか。

-⑦暑い・寒い
冬など気温が低いときは、赤ちゃんが風邪を引かないようにと厚着をさせてしまうことがあります。しかし、体温調整が苦手な赤ちゃんにとって、温かくすると体温が上昇して不快に感じる場合があります。そんなときは、うなってママに抗議しているのでしょう。逆にお腹が冷えているときもうなって教えてくれる場合があります。

-⑧体調が悪い
風邪を引いた、のどが痛い、熱があるなどの体調不良の場合もうなって知らせてくれることがあります。赤ちゃんが具合の悪そうにうなるときは、体調不良も疑い様子を見てみましょう。必要であれば、病院で診察を受けることをおすすめします。


-⑨成長に伴った反応
自分の声が聞こえてくる生後5ヶ月頃になると、うなってみる、声を出すなどして遊び始める赤ちゃんもいます。また、体を動かそうとして力が入り、うなることもあります。

このように、赤ちゃんがうなるときは、お腹にガスが溜まっている、何か不満がある、便秘などの場合がほとんどです。しかし、中には成長過程でうなっていることもあります。赤ちゃんがうなりながらも上機嫌の場合は、様子を見ながら好きにさせてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんがうなるときの対処法は?

赤ちゃんがうなっても、ほとんどの場合は病気などではないので心配することはありませんが、顔を赤くして「ウンウン」とうなっている姿を見るのは、ママとしてつらいものです。では、赤ちゃんがうなっているときはどのように対処してあげるとよいのでしょうか。

-①丁寧にゲップをさせてあげる
赤ちゃんは、授乳後にゲップが上手にできないと気持ちが悪く、うなることもあります。そのため、銃乳が終わったら赤ちゃんを抱っこしてママの肩に顎が乗るような姿勢を保ち、背中を優しく叩いてゲップを出やすくしてあげることが大切です。

なかなかゲップが出ない場合は、抱っこを続けることがつらくなりますが、そんなときは、硬めのマットレスの上でうつぶせにさせ、背中や腰をトントンしてあげるとよいでしょう。しかし、うつぶせ寝は危険な事故につながることもあるので、十分に注意することが大切です。

授乳後すぐにゲップが出たとしても、まだ空気が残っている場合もあります。まだ空気が残っているかもと思ったときは、しばらくたってから同じように抱っこをしてゲップが出るように促してあげましょう。

また、ゲップが出てもすぐに横にしないで、10分くらいは縦抱きや頭を上げた状態にしておくことを意識しましょう。

-②ミルクの量をチェックする
赤ちゃんは、母乳やミルクを与えすぎても、うなることがあります。そのため、泣いたら母乳やミルクをすぐに飲ませるのではなく、あやしながら様子を見るのもよいでしょう。

哺乳量が適正なのか不安な場合は、保健センターなどがチェックをしてくれるので相談してみることをおすすめします。

-③お腹をマッサージをしてあげる
うなる原因が便秘やガスが溜まることであれば、お腹を優しくマッサージしてあげると効果があります。

赤ちゃんを仰向きに寝かせておへそを中心にママの指の腹で優しく「の」の字を書くようにマッサージをしてあげましょう。それだけで、腸が刺激されてうんちやガスが出やすくなります。

頑固な便秘の場合は、綿棒にオイルをつけて肛門を刺激する綿棒浣腸や、赤ちゃん用の麦茶などを飲ませて水分を多く摂るようにするのも効果的です。

-④体操をする
腸の動きを活発化させるために軽い運動をするのもよいでしょう。

赤ちゃんの足をお腹の方に折り曲げてから膝を開いてグルッと回すような運動や、ファムズベビーを使って行う「あわあわたいそう®」もおすすめです。

あわあわたいそう®は、両足首を持ってバタバタさせたり、足をお腹の方に寄せたりすることで腹圧をかけ、腸の蠕動運動を促し便秘を解消させていきます。

-⑤体温調整をする
風邪などで熱やのどが痛くうなるような場合は、赤ちゃんが快適に過ごせるように着るものや室温、湿度を調整してあげましょう。

また、お腹が冷えているようであれば、ホットタオルなどでお腹を温めてあげるのも効果的です。この場合は、ホットタオルが熱すぎないように注意してください。

赤ちゃんの体温が38度くらいあっても、ご機嫌がよければ少し様子を見るようにしましょう。しかし、機嫌が悪くミルクも飲まない、元気がないなどの症状が現れた場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

赤ちゃんがうなるのはいつまで?

赤ちゃんのうなりは、いつまで続くとはっきりしたことはいえません。母乳やミルクがうまく飲めずにうなる、寝返りをしたことで苦しい姿勢になりうなる、離乳食や母乳、ミルクの飲みすぎで苦しくてうなるなど、赤ちゃんがうなる理由はたくさんあります。

これらは成長に伴ううなりなので、赤ちゃんが成長するにしたがって、少なくなっていきます。

「気づいたらうならなくなっていた」と感じるママも多いですが、4ヶ月検診では、うなりについての相談が少なくなっていることからも、赤ちゃんが頻繁にうなるのは3ヶ月頃までが目安ではないかといわれています。

まとめ

赤ちゃんは、いろいろなことでうなるようになります。それは、便秘やガスが溜まって苦しかったり、母乳がおいしくなかったり、自分の声が聞けて楽しかったりするなど、理由はたくさんあります。

これらは、赤ちゃんの成長過程で出てくるものがほとんどです。うなりは、お話ができない赤ちゃんの意思表示の一つと考えて、ママが一つひとつ対処していくと赤ちゃんも安心します。少し大変ですが、うなりは赤ちゃんのメッセージと捉えて上手にコミュニケーションがとれるようになるとよいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加