生理中・生理前に起こりがちな肌荒れ!原因や悪化させない方法をご紹介

生理中・生理前に起こりがちな肌荒れ!原因や悪化させない方法をご紹介

生理中や生理前の女性は、体がだるかったり気持ちが不安定になったりと、不調に悩まされやすくなります。しかも、体や気持ちの不調に加え、肌荒れまで起こりやすくなってしまいます。生理中および生理前のニキビやくすみに悩む方は多いでしょう。

では、なぜ生理中・生理前には肌荒れが起こりやすいのでしょうか。また、予防・対処方法はあるのか気になるものです。そこで今回は、生理中・生理前の肌荒れのメカニズムや予防・対処方法についてご紹介します。

生理中・生理前に肌荒れする原因とは?

生理中や生理前の肌荒れには、ホルモンが関わっています。女性ホルモンは、以下の2種に分けられます。

エストロゲン

卵胞(らんほう)ホルモン。女性らしい体づくりや潤いの保持などを担う。心身の状態に大きく関わる。

プロゲステロン

黄体(おうたい)ホルモン。子宮内膜を整えたり体温を上げたりと、妊娠を掌(つかさど)る。体内の水分保持作用も。

生理前の女性の体では、エストロゲンが減り、プロゲステロンが増加します。プロゲステロンは男性ホルモンに似た働きを持つため、生理前に体内に増えることで自然と皮脂の量が増え、肌が脂っぽくなったり毛穴が詰まったりして肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、生理中にはエストロゲンもプロゲステロンも減少していきます。すると、今度は肌が乾燥しやすく敏感になり、またもや肌荒れを起こしやすくなります。

一方、生理後の体には、エストロゲンが増えていきます。エストロゲンは肌や髪の潤いを保つ効果を持つため、生理後の肌は荒れにくく、きめ細かな状態を保ちやすくなります。

このように、月経に伴うホルモンバランスの動きによって女性の肌は大きく変わり、特に月経前と月経中には不調を起こしやすくなってしまうのです。

生理中・生理前の肌荒れを悪化させない4つの方法

生理中・生理前の肌荒れのしやすさはホルモンの影響であるため、完全にはコントロールできません。しかし、以下のようなことを心がけることで肌荒れの悪化を防ぐことは可能です。

肌に負担をかけないよう優しく洗顔する

間違った洗顔は、肌荒れを引き起こしやすく、状態を悪化させてしまいます。特に気をつけたいのが、摩擦です。洗顔時に顔をゴシゴシと洗ってしまっては、摩擦によって肌のバリア機能が失われたり色素沈着が起こったりしてしまいます。すると、肌は乾燥しやすく敏感になり、暗くくすんだ印象になっていきます。顔の皮膚は、体の皮膚と比べて非常に薄くダメージを受けやすいため、特に注意しましょう。

毎日の洗顔時には、まずきめ細かな泡を作り、泡で顔を洗うように優しく手を動かしましょう。とにかく摩擦による負担をかけないことが大切です。

しっかり保湿する

洗顔後の肌は、一時的に皮脂膜が洗い流されて乾燥しやすい状態にあるため、放っておくとどんどん肌内部の水分が出ていってしまいます。水分が出て乾燥した肌の細胞間には隙間ができ、さらに乾燥しやすくなるだけではなく、異物が内部へ侵入しやすい状態に…。すると、乾燥や菌の侵入により、肌荒れが起こりやすくなります。

乾燥を防ぐため、洗顔後には化粧水でしっかりと水分を肌に補給しましょう。また、化粧水の後には乳液やクリームで肌に油分の膜を作って、肌に入った水分が蒸発しないようにしましょう。

ムダ毛の手入れは控える

生理中および生理前の肌は、荒れやすく敏感です。そのためこの期間には、肌に大きな負担をかけるムダ毛の処理は控えておきましょう。カミソリやテープに肌が負けて肌荒れが起こったり、肌の乾燥がひどくなったりする恐れがあります。

バランスの良い食事を心がける

食事は、肌の状態に影響を与えます。美肌のためには、生理中・生理前に限らず、バランスの良い食事を心がけましょう。肉や野菜、魚、海藻などで栄養素をバランス良く摂取し、貧血になりやすい生理中には鉄分を積極的に摂取してください。

また、エストロゲンの分泌は年齢とともに減少していくため、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンも意識して摂るといいでしょう。

生理中・生理前はメイクも工夫しよう

生理中や生理前には、肌荒れが起きやすいだけでなく、肌全体がくすんだり顔色が悪くなったりしてしまいます。しかし、メイクを工夫すれば、くすみをカバーすることも肌荒れを隠すこともできます。

ここでは、生理中・生理前におすすめしたいメイク方法の例を挙げてみましょう。

くすみをカバーする色を使用する

生理中の肌は、くすんだり血色がなくなったりと、不健康に見えてしまいます。しかし、下地やファンデーションの色をワントーンアップさせたり、コンシーラーやコントロールカラーをうまく使ったりすれば、顔色の悪さはカバーできます。また、チークやアイメイクに明るい色を入れて、顔全体の印象を明るく見せるのも効果的です。

パウダーファンデーションを使用する

肌荒れしていたり敏感になっていたりする肌には、リキッドファンデーションではなく、パウダーファンデーションを使用しましょう。リキッドファンデーションのカバー力は強いですが、その分毛穴に詰まりやすく、特に生理中・生理前の肌にとって負担となりやすいためです。生理中・生理前の肌メイクは、軽めのパウダーファンデーションにしておくか、フェイスパウダーだけにしておくのがおすすめです。

Fam’s Babyのエンジェルフォームは生理中の敏感な肌を守ってくれる

生理中・生理前のデリケートな肌をケアするには、スキンケア用品も優しく、保湿力の高いものを使うようにしてください。しかし、スキンケア用品は数多く販売されており、どれを選べばいいかわからないという方もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームです。エンジェルフォームは、1本で保湿と保護を同時に行えるスキンケアアイテムです。保湿と保護により肌のバリア機能を高めるため、肌荒れしにくい肌を叶えます。

また、泡状で使いやすくベタつかないので、乾燥が気になった時に気軽に使えるほか、安心原料で超敏感肌にも赤ちゃんにも使えます。

さらにうれしいのが、エンジェルフォームは化粧下地にもなること。生理期間の敏感な肌に負担をかけず、下地の役割を果たしてくれます。

エンジェルフォームのメイク下地としての使用方法は、以下の動画でもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

まとめ

ご紹介したように、生理中・生理前には、ホルモンバランスによって肌の状態が変わっていきます。しかし、普段から肌のケアや生活習慣に気をつけ、健康な肌を作っておけば、生理期間の肌荒れを軽減することは可能です。

生理中・生理前はもちろん、それ以外の時にも、肌への負担は避け、入念なケアと規則正しい生活を心がけましょう。