赤ちゃんのアレルギー検査は必要?検査の種類や費用、受ける際の注意点を解説

赤ちゃんのアレルギー検査は必要?検査の種類や費用、受ける際の注意点を解説

赤ちゃんが生まれた後、多くのママやパパが気になるのが「アレルギー検査を受けた方が良いのか」ではないでしょうか。卵や小麦、ピーナッツなどの食物アレルギーだけでなく、アトピー性皮膚炎なども気になるところですよね。

今回は、赤ちゃんにアレルギー検査は必要かどうか、検査の種類や費用、そして受ける際の注意点と一緒に解説します。

赤ちゃんが発症しやすいアレルギー

赤ちゃんは体の機能が未発達であることから、大人以上にさまざまなアレルギーが出やすい特徴があります。まずは特に発症しやすいアレルギーの種類について見ていきましょう。

食物アレルギー

1つ目は食物アレルギーです。アレルギーの原因物質が含まれている食べ物を摂取することで、アレルギーが発生します。

特定の物質を腸管が吸収する際に体が「異物が侵入した!」と判断すると、かゆみやじんましん、下痢、嘔吐、呼吸困難などのアレルギー症状が出現します。さらに重症の場合は血圧が下がって、意識障害になる可能性もあるので注意が必要です。卵や牛乳、小麦、エビやカニなどの甲殻類などが、子どもに多いアレルギー原因物質となっています。

アトピー性皮膚炎


2つ目はアトピー性皮膚炎です。皮膚に赤い湿疹が生じ、かゆみをともなうのが特徴となっています。

年齢と一緒に症状は変化していきますが、赤ちゃんのうちは顔や体の発疹、首やわき下のジクジクとした発疹が特徴です。もともとアトピーになりやすい遺伝子を持っていた場合に、さらに前述した食物アレルギーの原因物質などが加わると、発症することが分かっています。




赤ちゃんがアレルギー検査を受けられるのはいつから?そもそも必要?


赤ちゃんがアレルギー検査を受けられるのは、一般的に生後半年ごろからです。ただし医療機関や医師によって判断基準が異なるため、各医療機関に確認をしてください。

基本的にアレルギー検査は、具体的なアレルギーを疑うような症状が見られるようになってから受けると良いでしょう。検査自体が赤ちゃんにとって負担となり、またその日の体調や機嫌によっては検査自体が難しい場合もあるためです。

アレルギー検査の種類


アレルギー検査は小児科や皮膚科のほか、アレルギー治療を専門としているアレルギー科などで受けられます。もしかかりつけの医療機関があれば、受けられるかどうかを聞いてみると良いでしょう。

医療機関で実施している主な検査の種類を紹介します。

血液検査(血中抗原特異的IgE抗体検査)

まずは血液検査です。血中抗原特異的IgE抗体検査とも呼ばれており、卵白や小麦、大豆、ソバなどの食物ごとにIgE抗体量をチェックします。数値が高くなればなるほど、特定の食物でアレルギー反応を起こす可能性が大きくなります。

皮膚テスト(ブリックテスト)

ブリックテストとも呼ばれる皮膚テストは、まずアレルギーの原因と疑われる物質を腕の内側に1滴垂らします。さらに液を垂らした部分を針で傷つけ、赤く腫れるかどうかでアレルギー反応をチェックするものです。

食物経口負荷試験

最後は食物経口負荷試験です。アレルギーの原因として疑われる食べ物を実際に摂取し、症状が出るかどうかを見るものです。

ただしアレルギー治療に精通している医師がいること、さらに入院設備や試験に対応できる設備を持っている施設でのみ行えます。危険なので個人では絶対に行わないでください。

上記で紹介した検査以外に、食物除去検査や吸入誘発検査などもあります。

赤ちゃんのアレルギー検査にかかる費用


赤ちゃんのアレルギー検査にかかる費用は、医療機関や検査方法によって異なります。自費で血液検査を行った場合、20,000円以上かかると考えておきましょう。

保険が適用できる場合がある

医学的に検査の必要性があると医師が判断した場合は、健康保険が適用されます。赤ちゃんの場合は2割負担で済むので助かりますね。

自治体によっては補助金がもらえる

自治体によっては補助金がもらえるのでチェックしておきましょう。どのくらいの補助が出るかは自治体ごとに異なりますが、自治体によっては全額補助してくれるところもあります。

赤ちゃんのアレルギー検査を受ける際の注意点


前述したように、アレルギー検査は赤ちゃんにとって負担となります。血液検査の場合は5ml~10ml以上も小さな体から血液を採取され、付きそっているママやパパも見ているのがつらくなってしまうでしょう。

「アレルギーがあるかどうか心配だから」といった理由で検査を希望するママやパパも少なくありませんが、赤ちゃんの負担を考えると、先回りをした検査はおすすめできません。具体的な症状が現れてから、検査を受けるようにしてください。

アレルギーを予防するためには、新生児からのスキンケアが重要!


アレルギーマーチという言葉を聞いたことがありますか?もともとアレルギー体質を持っている子どもが成長するにともなって、次々と新しいアレルギー症状を引き起こすものです。

アレルギーマーチを予防する効果的な方法の1つが、赤ちゃんのころから肌の保湿をすること。肌をしっかり保湿することでアレルギー原因物質の侵入を防ぎ、その後のアレルギーマーチの予防に効果があるのです。

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームは、赤ちゃんのデリケートな肌にピッタリな商品です。皮膚の保護バリアを作って、保護と保湿を同時に行ってくれます。なめてもOKなので、よだれかぶれが気になる口周りにも安心して使えますよ。

ファムズベビーシリーズのエンジェルフォームをチェック




まとめ

赤ちゃんが発症しやすいアレルギーは、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の2つです。アレルギー検査は一般的に生後半年ごろから受けられますが、赤ちゃんにとっては大きな負担となります。そのため具体的なアレルギー症状が見られるようになってから、検査を受けるのが良いでしょう。