取材・相談してきました!

第一回は子育て環境にとても力を入れている豊島区に取材してきました。

2/2ページ

その他にも豊島区の魅力が沢山あります。

池袋は近年、アニメ・マンガなどのサブカルチャーのメッカとして賑わいを見せています。2019年には「アニメタウンフェスティバル」などを開催し、若年層をはじめ、幅広い層の方が来場しました。

photo

アニメタウンフェスティバル:豊島区提供

かつて豊島区には、「マンガの神様」と呼ばれる手塚治虫や寺田ヒロオ、藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄など有名マンガ家達が住んでいた伝説のアパート「トキワ荘」がありました。当時のトキワ荘を再現し、マンガやアニメ文化を次世代に継承し発信する拠点として「トキワ荘マンガミュージアム」を2020年に開館しました。

photo

トキワ荘外観:豊島区提供

photo

トキワ荘内観:豊島区提供

ご興味のある方はこちらから見ることができます。

豊島区立トキワ壮マンガミュージアム
https://tokiwasomm.jp/

新しい豊島区のシンボルIKEBUS(イケバス)

池袋駅や南池袋公園、IKE・SUNPARK、Hareza池袋など、池袋の主要スポットを繋ぐ「IKEBUS(イケバス)」を運行しています。それぞれ約20分間隔・1周約30~40分程度でゆったりと周遊することができます。(運行ルートはAルート・Bルートがあります)

photo
photo
photo
photo

IKEBUS:すべて豊島区提供

1回乗車:「大人200円」「子ども・高齢者(65歳以上)・障害者100円」
1日券:「大人500円」「子ども・高齢者(65歳以上)・障害者250円」

とてもかわいいIKEBUS、ママもお子さんも楽しめそうですね。
ご興味のある方はこちらから見ることができます。
https://travel.willer.co.jp/ikebus/

としまキッズパークをはじめ整備された公園が充実

「IKEBUKURORED」の赤色に統一された園内に、ミニハウスや展望ブリッジなどが設置され、中央にはミニSL(IKEDEN)が走ります。小学校低学年までの子どもたちや障がいのある子どもたちが一緒に遊べるインクルーシブ公園として親しまれています。

photo
photo
photo
photo

としまキッズパーク:豊島区提供

詳細はコチラから
https://www.city.toshima.lg.jp/toshimanow/new/kidspark.html

【ご注意】「としまキッズパーク」へのご来園は「予約制」となっております。

としまキッズパーク予約サイト
https://www.toshima-kids-park-reservation.jp/

東池袋にあるIKE・SUNPRAK(イケ・サンパーク)は、造幣局跡地に「皆さんの生活につながる場」として設立された公園です。また、交流の場だけでなく「防災公園」としての機能も持ち合わせ、火災の延焼を防ぐシラカシが立ち並び、災害時に備えた備蓄倉庫や、消火用水確保のための深井戸、非常用トイレなどが整備されています。

photo

豊島区で一番広い芝生

photo

IKE SUN PARK(イケ・サンパーク):豊島区提供

イケ・サンパーク|豊島区公式ホームページ
https://www.city.toshima.lg.jp/toshimanow/new/ikesunpark.html

南池袋公園

photo

南池袋公園:豊島区提供

他にも池袋駅東口から近い「南池袋公園」があります。場所は、池袋駅と豊島区役所とのちょうど中間にあります。ユーザー目線で設計されており、整備されたキレイな芝生とカフェが併設されています。テラスもあって、ベビー、ペットOKも嬉しいポイントですね。
「グッドデザイン賞」「日本造園学会賞」などの受賞歴がある公園です。
池袋駅に遊び来た際にちょっとひと息つく休憩場所としてオススメです。

南池袋公園 公園案内PDF
https://www.city.toshima.lg.jp/340/shisetsu/koen/documents/160715_minamiikebukuropark_1.pdf

最後にもうひとつ「としま区民センター」をご紹介いたします。

photo

中池袋公園:豊島区提供

としま区民センターは、2020年に区民の多彩な自己表現の場や文化創造の拠点として生まれ変わりました。多目的ホールやキッチンルーム等の貸出施設、パブリックスペースとして女性にやさしい「トイレ&メイクルーム」、親子で遊べる「パパママ☆すぽっと」など、一度は行ってみたくなる魅力的な施設です。

photo
photo

パパママ☆すぽっと:豊島区提供

パパママ☆すぽっとは、としま区民センター2Fにある小さなお子様連れのお出かけをサポートする木育スポットです。この空間は「東京おもちゃ美術館」監修の木で包まれた優しい空間というコンセプトで作られています。 区民センターなので無料で遊べますが、コロナ禍なので「事前予約、完全入替性」となっているので事前の確認をしてみてくださいね。

としま区民センター パパママ☆すぽっと 事前予約について
https://www.toshima-mirai.or.jp/tabid216.html?pdid1=2373

としま区民センター2F
平日: 午前10時~午後7時
土日祝:午前10時~午後8時
利用料金:無料

おむつ替えスペースや、ベビーカー置き場もあります。

photo

区民センター おむつ替え:豊島区提供

photo

ベビーカー置き場:豊島区提供

トイレも親子トイレという仕様になっていますよ。

photo
photo

区民センター 親子トイレ・洗面所:豊島区提供

また、豊島区の特色として「女性にやさしいまちづくり」を推進するために、日本一きれいな公共トイレを整備しています。一度訪れれば他のトイレもこんな風にしてほしいと思うはずです。使いやすい、嬉しいつくりになっていますよ。

トイレ数が多く、空いていることが多いという点も嬉しいですね。

photo

区民センタートイレ:豊島区提供

また3Fのトイレは、池袋ならではのアニメコスプレ等のイベント時に嬉しいフィッティングコーナーが用意されているのも感激ですね。(男性用もあります)“避けられていた公共トイレが行きたくなる場所に”素敵なまちづくりですね。 これから東京に移住する予定のある方、23区内で引っ越しを考えている方、子育て環境を重視する方に参考になれば幸いです。

photo

区民センタートイレ・フィッティングコーナー:豊島区提供

としま区民センターについてはコチラから
https://toshima-civic-center.jp/public-space/

  • icon
  • 1
  • 2