「見逃し厳禁」皮膚から入るアレルギーの原因

「見逃し厳禁」皮膚から入るアレルギーの原因

アレルゲンが侵入すると聞くと、ウイルスなどと同じように口から侵入するイメージが強いという方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は皮膚から侵入するアレルゲンの方が症状も重く出てしまうことがあるのです。
皮膚とアレルゲンはどのような関係があるのでしょうか?

今回は、膚から入るアレルギーの原因についてお話します。

皮膚から侵入するアレルゲンが危険な理由と原因

アレルゲンとは、アレルギー症状を引き起こす原因となる物質のことを指します。
アレルギー体質と一言に言っても、植物・食べ物・ハウスダストなど発症するものにはさまざまなものがありますよね。
アレルゲンは呼吸で鼻から体内に侵入したり、空気中に舞っているものが肌に付着して発症するケースも多く存在します。

皮膚からアレルゲンが侵入して発症するケースでは、体内の免疫機能の低下と角質層など肌バリアが正常に機能していないことが原因の場合が多いです。
乾燥肌や敏感肌、皮膚表面に傷がある場合はアレルゲンが侵入しやすくアレルギーを発症しやすいので、注意する必要があるでしょう。

例えば傷口があって皮膚組織が再生途中の患部に何かしらのアレルゲンが付着してしまうと、傷口を攻撃する異物だと判断して全身が拒否反応を示すこともあります。

また、アレルゲンと結合すると炎症を引き起こすIgE抗体という物質に変化する物質は、肌から侵入するアレルゲンと結びつきやすい傾向があるのです。
なので、同じ量のアレルゲンを口と皮膚どちらからも吸収した場合、皮膚のほうがより強いアレルギー反応が出る傾向にあります。

アレルギーの発症は年齢も性別も関係ないので、「自分は大人だから大丈夫」と思っているとアレルギーを発症してしまうかもしれません。

アレルゲンをバリアする肌保護方法

アレルゲンをバリアする肌保護方法

アレルギーを発症しやすい肌の特徴は、乾燥肌・敏感肌・バリア機能が低下していることです。
素肌の健康度やバリア機能を上げることで、アレルゲンが付着しても拒否反応を示さない肌を作り出すことができます。
では、アレルゲンの侵入を防ぐにはどのようなケアを行えばいいのでしょうか?

・保湿
入浴後・エアコンを使用する空間・体調が優れない時は特に、肌の保湿を徹底して下さい。
化粧水で乾燥の気になる部位を保湿し、その後全身にクリームを塗りましょう。

・傷口はしっかり保護
小さな切り傷でも、ケガをした際には患部を消毒してガーゼなどで保護しましょう。
アレルゲンは身近な物質で発症してしまうことも多いので、例え小さな傷口でも肌内部への侵入を許すキッカケになるのです。
雑菌が繁殖しないよう、朝と入浴後には必ず消毒を行いましょう。
小さなお子様は特に、傷口からアレルギーを発症することもあるので注意して下さい。

・角質層のバリア
肌の免疫機能において、角質層は肌内部を守るための壁になっています。
この壁が脆く壊れやすい状態では、いくら保湿を行っていても潤いは逃げ、アレルゲンの侵入を許してしまうでしょう。
角質層に侵入して一体化し、バリア機能を高めてくれるムースなどを利用して肌の免疫機能を改善するのもオススメです。
角質層を強化することで乾燥肌・敏感肌・バリア機能の低下というアレルゲンの発症原因を全て断ち切ることができます。
水の刺激にも強くなるので汗をかいても炎症を起こしにくくなり、次第に肌本来の免疫力も向上していくでしょう。

アレルゲンは、皮膚の健康だけでなく体内の健康を脅かします。
アレルギーに悩まされないためにも、ケアを徹底していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加